GJ

芸能情報ブログ

漫画「テセウスの船」6巻!加藤みきおと木村さつき先生!

漫画「テセウスの船」6巻!

  

加藤みきおと木村さつき先生が... まさかの...

 

この記事では漫画「テセウスの船」6巻のネタバレと感想を書いています。

  

漫画を読みたい人はU-NEXTでどうぞ!

 

gj.hatenablog.jp

 

目次

  

スポンサーリンク

 

 

漫画「テセウスの船」6巻のネタバレ!

それでは早速、漫画「テセウスの船」6巻のあらすじをネタバレしていきます。

 

※ドラマのネタバレに繋がる情報も結構出てくると思いますので、ドラマを純粋に楽しみたいという人はご注意ください!

 

 

「テセウスの船」の漫画を自分は

U-NEXT」で読みました!

原作を読んでみたい人は、ぜひ。

 

 

心が一家心中で助かった理由

お母さんと慎吾お兄ちゃんのお墓参りに行き、鈴お姉ちゃんから当時の話を聞く心。

 

犯人扱いされたお姉ちゃんはリストカットをするなど苦しんでいた。

 

そして限界が来たとき、お母さんがお風呂場で練炭を使って一家心中をする。

 

そのとき、鈴はお父さんの夢を見て死んじゃダメだと思い、心を抱いて逃げたという。

 

加藤みきお

お父さんのことを隠して生きていかないと夫とは暮らしていけないからと鈴は今日限りで心ともお父さんとも会わないと決める。

 

佐々木紀子が、自分が工場から青酸カリを持ち出したと証言してくれたから、冤罪を証明できるかもしれないと希望を持つお父さん。

 

面会後、心は鈴の旦那、木村みきおに軽く挨拶をしたあと帰ろうとするも、どこかで会ったような気がすると引き止められてしまう。

 

木村みきおは、なんと音臼小の生徒だった加藤みきおで、事件の被害者だったのだ!

 

介護の仕事をしているときに木村みきおに再会したお姉ちゃんは、加害者家族として償うべきなんじゃないかと一緒になっていた。

 

加藤みきおのお義母さんにバレる 

音臼事件の慰霊祭に参加し、父の弁護団と会うことになっている心は、由紀に力を借りようとする。

 

ただ、そのときの会話を加藤のお義母さんに聞かれてしまう...

 

佐野鈴だということがお母さんにバレてしまった鈴は、加藤に黙っておくから代わりに、佐々木紀子から何を証言するのか聞き出せと命令される。

 

佐々木紀子は事件が起こるのを事前に知っていたと鈴に話し出す...

  

スポンサーリンク

 

 

「テセウスの船」6巻の感想!加藤みきおと木村さつき先生

加藤みきおが、木村さつき先生の養子になってると現代の運命が変わってることにも驚きましたが、あのキレイだった木村さつき先生があんな意地悪そうなババアになってる方が衝撃的でした(笑)

 

さつき先生とあのお義母さんがイコールでは結べなかった。

 

きっと運命が変わって、心はさつき先生と結婚しちゃったという未来もあるんじゃないか?なんて期待してたけど、それは叶いませんでした。

 

それとお姉ちゃん、絶対みきおのことなんか好きじゃないじゃん、早く別れた方がいいよって声をかけたくなりました。

 

同情で一緒にいられるのは、みきおも嬉しくないだろうし、誰も幸せじゃない状況。

 

それとなぜ佐野文吾が冤罪だったら困るのか、そこに隠された理由が、これからのストーリーを大きく左右するように感じました。

 

漫画を読みたい人はU-NEXTでどうぞ!

(本ページの情報は2019年11月時点のものです 最新の配信状況はU-NEXTにてご確認ください。)