GJ

芸能情報ブログ

高嶺の花8話!ぷーさんの正体は何者だ?とスゴさに驚く兵馬様

f:id:yuhei2261:20180829231205j:plain

「高嶺の花」第8話。

 

全てを見通す兵馬様と肩を並べるぷーさんの正体とは一体なんなんだ!と気になる回となりました。

 

見逃した人はHuluでどうぞ。

 

gj.hatenablog.jp

 

スポンサーリンク

 

 

目次

  

【高嶺の花】8話のネタバレあらすじ

もも(石原さとみ)は兵馬(大貫勇輔)の生け花を見て、あまりの凄さに驚く。

 

「命あるものは生きるために欲望に忠実だ。花も人間同様に醜いのです」

 

と兵馬はうつせみのももを見抜いて語るのだった。

 

高嶺の花のように孤独になる覚悟を持てば、華道家としての自分を取り戻すことができると兵馬にアドバイスをもらうもも。

 

一方、直人(峯田和伸)は、千秋(香里奈)とランチデートをし、幼馴染たちも2人がお似合いだとくっつけようとする。

 

ももとなな(芳根京子)は次の家元を決めるため対決する。

 

ななを勝たせるように根回しをしていたルリ子(戸田菜穂)の策略を知ってか、市松(小日向文世)はどちらが生けた花か分からないようにして、6人の師範と自分が投票するシステムを取る。

 

そのころぷーさんは、ももの苦しんでいる理由のヒントぐらい見つけてあげられないかなと、生け花入門の本を読んでいた。

 

ももはぷーさんなど色々な雑念に迷いが出ていたが、突如目を光らせ花を生け始める。

 

出来上がった花は、斬新なデザインのものと、王道の生け花で対照的なものが仕上がる。 

 

どちらがももで、ななのものか判断できない師範たちの票は割り、責任逃れ。

 

最後に投票する家元が決めることに。

 

結果は...

 

選ばれたのは、ななの花だった!

 

しかし、ななは自分の作品より姉の作品の方がよかったと話す。

 

家元は、ななの作品からは内から滲み出る憤りに引き込まれたと褒め、ももにはおごりを感じ、衰退したと話す。

 

「もう一度チャンスをください」と頭を下げるももだったが、家元は去ってしまう。

 

「ママ、ごめんなさい、ごめんなさい」と母親の墓の前で謝り、高井(升毅)がなだめるも、ももは取り乱すのだった。

 

ももは狂ったように花を生ける。

 

恋愛感情の無い兵馬様に抱かれて全てをリセットしようとしているももを心配し、ぷーさんに助けを求めるなな。

 

ぷーさんが訪ねて行くと、関係は未遂に終わり、ももは気絶していた。 

 

そんなももをぷーさんはお姫様抱っこして、「ももさんを騙すのは辞めてください。次の機会は無ぇーよ」と兵馬に吐き捨てると、「君は何者だ?」と驚く。

 

ももは目を覚まし、プーさんに泣きながらも笑顔を見せるのだった。

 

スポンサーリンク

 

 

みんなの感想!ぷーさんがカッコイイ

高嶺の花8話を見て、みなさんがどう思ったのかTwitterを見てみました。 

  

「高嶺の花の「次はねぇよ」がカッコよすぎた」 

 

「全ての女は芸術家・・・かぁ。やっぱり野島伸司の感性すげー」

 

「高嶺の花、展開が読めなくて面白い」

 

「『高嶺の花』上品さの中に下品さがあって、美しさの中に汚れがあって、まさに「たゆたう光と陰」やな。」

ぷーさんの「次はねぇよ」がカッコイイという声が多くありました! 

 

【高嶺の花】8話の感想

どちらが生けた花なのか分からない方法を取った家元を見て、華道にだけは嘘のない人なんだなと安心しました。

 

そして選ばれたのは、なな。 

 

選ばれるとそれまでの闇が嘘かのように良い子に戻るなな。

 

それとは反対にどんどん闇に落ちていくももを救い出すぷーさん。

 

兵馬様なら、なんて思ってた自分もいました(笑)

 

そのあとのぷーさんとのやり取りがシビれたー。

 

ぷーさんのすごさに気づいたような兵馬様のリアクションを見て、ますますぷーさんが何者なのか分からなくなってきました。

 

将棋も天才的に強いし、読書家だし、ただの自転車屋さんだとは思えなくなってくる。

 

ぷーさんの正体は一体・・・。

 

あと、ドラマには全く関係ないけど、頭文字Dを書いた作者の作品にドラマタイトルと同じ「高嶺の花」という作品が気になってます!

 

可愛いかな?w

 

【高嶺の花】見逃し無料動画を見る方法は?

 

 

高嶺の花8話を見逃した方もいたのですが、大丈夫! 

 

【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中なので、「高嶺の花」を見られてない人はぜひご覧ください^^ 

 

スポンサーリンク