GJ

芸能情報ブログ

【中学聖日記】原作の末永聖は違う意味でイライラする!

f:id:yuhei2261:20181003151038p:plain

中学聖日記の原作漫画を読みましたが、

原作の末永聖先生を見てると

“違う”意味でイライラしてしまう私。

 

この違うというのは、

黒岩晶が抱くイライラとは

違うという意味。

 

この記事では、【中学聖日記】原作漫画の

末永聖がどんなキャラクターなのか紹介しています。 

 

【中学聖日記】キャストと最終回ネタバレ!原作では末永先生と黒岩が結ばれる?

  

目次

  

スポンサーリンク

 

 

 「あなたのことはそれほど」原作での末永聖

それでは、原作の末永聖を見ていきましょう!

 

※原作の情報がドラマのネタバレに

繋がる可能性もあるので、ご注意ください。

 

末永聖はぶりっ子だからイジメられる?

子星中学校に赴任してきた

国語教師の末永聖(すえながひじり)。

 

1年前に隕石が落ちてきて

亡くなったという校務員のために、

1分間の黙祷をする末永聖先生だったが、

そんな末永先生を生徒たちは小馬鹿にする。

 

末永聖のメイクや、

すぐにコケるドジなところなど

仕草全てが、ぶりっ子に見え、

一部の女子生徒たちから嫌われてしまう。 

 

末永先生が学生のころも、

陰口を言われたりとイジメられるも

気にしないようにしてきた過去も。

 

内向的なお嬢様

生徒の黒岩晶にビンタされるも、

他の先生や彼氏にも

誰にも相談しない内向的な性格の末永聖。

 

婚約者の勝太郎にも、

会いたいと素直に言えなかったりと、

自分の思ったことを抑えてしまう性格。

 

お嬢様だったと

原作で書かれている部分は無いのですが、

個人的には、優しい両親に

温室で育てられたようなお嬢様タイプじゃないかな

と想像しています。

 

勝太郎との馴れ初めが切ない

大学時代のこと。

気さくに声をかけてくる

勝太郎に不意にキスをされる聖。

 

勝太郎のことが特別好きだったわけじゃないけど、

自分のことを嫌わず一緒にいてくれる人

という安心感だけで付き合うことに。

 

その後も交際は続き、

結婚するという流れになるも、

心の中で「私でいいのかな?」と

ずっと疑問に思っている。

 

先生になりたかった理由

漫画を読み進めていくと分かってくるのですが、

末永先生には自分の意思というものが

感じられない人物です。

 

小さい頃から先生になりたいと

ずっと目標にして生きてきた末永先生ですが、

なんで先生になりたかったのだろう?と

改めて振り返ってみると、

 

小学3年生のときに周りの生徒が

「学校の先生になりたい」

という子がたくさんいたから、

「じゃあ私も」という理由だけだった。

  

黒岩くんに乱され続ける 

偶然に外で黒岩くんと遭遇しまくる末永先生は、

黒岩くんが自分のことを好きだ

という気持ちを知りながら、

自分はずっと答えが出せず、

勝太郎と黒岩の間で心が揺れ続けるのです。 

 

末永先生は、勝太郎と黒岩どちらと結ばれるのか?

続きは、原作漫画の「中学聖日記」でどうぞ!

 

原作の末永聖への感想!違う意味でイライラする

「勝太郎さんには私よりもっとふさわしい人がいる」

なんて思ってる時点で、勝太郎を愛してないし、

なんとなく一緒になった感が

ヒシヒシと伝わってきて、

私の末永聖へのイライラが

止まらなくなりそうです(笑)

 

この中学聖日記は、

末永聖の気持ち次第で

どうとでも転がっていく物語となっていて、

末永先生がどっちの男が好きなのか決断するだけで

最終回を迎えられると思うのですが、

優柔不断なのかずっとグダグダする女なんですよね〜。

  

聖ちゃんの同級生がイジメたくなる気持ちも

分かる気がしてくるから怖い

(私は学生時代イジメなんかしてきてないですからね笑)

 

ずっとお花畑の住人のような末永先生のことは、

若干どうでもよくなってきていて、

興味は、勝太郎と律に移っていってる私。

 

スポンサーリンク

 

 

末永聖先生と有村架純への感想

末永聖を有村架純さんが演じるということを

みんなどう思ってるのか

気になったので、少し見てます!  

 

 

 

 

 

原作の末永先生と比べて

有村架純さんはどう、

というツイートは見つからなかったのですが、

ただ思い知らされたのは、

有村架純さんは可愛いということ。

 

原作ではイライラしちゃった私ですが、

有村架純さんを見ちゃったら、

全てを許しちゃう

自分が出てきそうで怖いです(笑)

 

私の感情がどう変化するのかは、

ドラマが始まるのをお待ちください!

 

gj.hatenablog.jp

 

スポンサーリンク