GJ

芸能情報ブログ

スペシャルドラマ「ストロベリーナイト」のキャストをサーガは超えられない。

f:id:yuhei2261:20190214131615p:plain

ストロベリーナイト」が初めて映像化されたスペシャルドラマを見たのですが、めちゃめちゃ面白いやんけー!と、1人で叫びそうになりました(笑)

 

キャストが最高すぎた!サーガはこれを超えられるのか?

 

ドラマ「ストロベリーナイト」の元祖ともいうべき2010年に放送されたスペシャルドラマの感想を書いてみました。 

  

 

スペシャルドラマ「ストロベリーナイト」を

自分は【フジテレビオンデマンド】で見ました!

ぜひ皆さんもご視聴ください。

 

 

目次

  

スポンサーリンク

 

 

スペシャルドラマ「ストロベリーナイト」のキャストをサーガは超えられない。

それでは、スペシャルドラマ「ストロベリーナイト」のネタバレを含んだあらすじと感想を書いていきます。

 

オープニングから釘付け

f:id:yuhei2261:20190214114638p:plain

謎の男に怪しげな暗い部屋に運ばれ、手足を縛られる男。

 

上裸のお腹の上にガラスを乗せられ、バットで叩き割られるという恐怖映像から物語はスタートするのですが、冒頭5分で心を鷲掴みにしてきます!

 

イチゴのツブツブが人間の目になってるタイトル映像なんて、一生忘れられないトラウマレベルのインパクト。

 

今後、イチゴを見るたびにコレを思い出しちゃったら食えないよ〜(汗)

 

事件の始まり 

f:id:yuhei2261:20190214114506p:plain

ブルーシートに包まれた遺体が見つかり、捜査一課の姫川玲子警部補(竹内結子)が現場に駆けつける。

  

殺害後に腹部を大きく切り裂かれるという残忍な犯行だった。

 

遺体を遺棄現場付近の内溜(池)に沈めるとき、体内のガスで浮き上がってこないよう切り裂いたんじゃないかという姫川の考えは的中し、他の遺体も内溜から発見される。

 

天敵、ガンテツ

f:id:yuhei2261:20190214114743p:plain

「んにゃ〜に、ヒステリー起こしてんだよっ!化粧してる暇があったら走れっ!」

 

捜査員を増員するということで、姫川の天敵、勝俣健作警部補(武田鉄矢)が捜査に加わり、姫川が担当する仕事にも平気で割り込んでくる。

 

パワハラ、セクハラ、裏金、暴行と犯人を捕まえるためなら手段を選ばない鬼刑事。

 

人の情報はどんな手を使ってでも奪いとるが、自分の手の内はとことん隠したまま手柄を独占し、同僚たちからは、通称“ガンテツ”と忌み嫌われている。

 

姫川の過去!真夏の夜の公園

f:id:yuhei2261:20190214123530p:plain

姫川は、真夏の夜の公園で、男に襲われた過去があった。

 

連続婦女暴行事件の被害者になり、あの夜のこと、あの男の存在、そして私自身、全てを忘れてしまいたいと思っていた姫川に、寄り添ってくれた女性刑事の佐田(国仲涼子)。

 

犯人の顔をしっかり見た姫川に、佐田は捜査の協力をお願いするが、姫川は拒絶。そして、佐田はその男に殺され殉職してしまう。

 

あの時、私が捜査に協力して入ればという後悔の念から、刑事になることを決意したのだ。

 

ストロベリーナイトとは

f:id:yuhei2261:20190214123622p:plain

被害者たちに、毎月第2日曜日の夜、どこかに出かけていたという共通点が判明。

 

ストロベリーナイトのサイトに偶然たどり着いた者が「入室する」をクリックし、殺人ショーを生で見たいですか?という質問に「はい」を選択すると、個人情報も何も教えていないにも関わらず、招待状が届く。

 

参加費は10万円で、その日の生贄は参加者の中から無作為に選ばれる。

 

無事に客席に入れたときのあの気持ち、俺は生きてる...

 

参加者は皆、興奮し、狂っていくのだった... 

 

スポンサーリンク

 

 

スペシャルドラマ「ストロベリーナイト」を見終えた感想 

ストロベリーナイトの実態を掴み、ここから意外な黒幕の存在が明らかになったりとラストに向けて物語は急展開を迎えるのですが、ぜひ皆さんに見てほしいと思ったので、最後の結末はネタバレしないことにしました。

 

ネタバレ情報を知りたいと思ったらどこにでも載ってますから僕が言わなくても知りたい人は、簡単に知ることができるはず。

 

ストロベリーナイトを見終わって、最初にも書きましたが、マジで面白い!こんな面白い作品をなぜ見てなかったんだと、猛烈に後悔すると同時に、今回この作品に出会えて良かった〜という喜びも感じる。

  

武田鉄矢演じるガンテツがまた良いんだよ!

 

犯人を捕まえたいという正義は、姫川と同じで、思いが強すぎるのか逆に犯罪者なんじゃないか?と心配になる部分も多々あったけど、武田鉄矢の声の厚みというか重みが半端ないから、グイグイ引き込まれる。

 

それと、ジャッキーチェンもビックリ!この世の最強武器は、コンビニで買う週刊誌だということが見れば分かってもらえるはずw

 

西島秀俊の若くて少し初々しい感じが最高に可愛いし、カッコイイし、林遣都もそれに負けてない。

 

周りを固める役者の配置も完璧で、姫川の部下を見事に演じる桐谷健太に、刑事の上司役にピッタリの髙嶋政宏に、渡辺いっけい。遠藤憲一が渋い声で姫川を励ますシーンなんか痺れまくった。

 

そして、何より女性警部補を見事に演じきる竹内結子の演技力の高さ!

 

全てが適材適所で、こんなにキャストがハマってるドラマを、僕はこれ以外知りません。

 

この元祖ストロベリーナイトのキャストが最高だっただけに、2019年4月からスタートする今作のリメイク「ストロベリーナイト サーガ」のキャストが心配でならない。

 

現時点では「ストロベリーナイト サーガ」の放送が始まってないので、二階堂ふみと亀梨和也のこれまでの出演作などで予想することしかできませんが、竹内結子と西島秀俊の姫川、菊田コンビを超えることはできないと思っています。

 

 

 

サーガのキャストに対して、世間の評判もかなり悪く、キャストが違うならリメイクは見ないと言い切る人も続出。 

 

武田鉄矢のガンテツを江口洋介が超えられるとも、とても思えない。江口洋介はイケメンすぎるから、悪役は似合わない。ガンテツは悪ではないかw

 

死に直面することで、生を実感する

 

とても怖い話でしたが、世の中には知らず知らずに、この現象に陥ってる部分もあるのかもしれない。

 

ただ、1つだけキャストに違和感を感じたのは、Fという役を演じた女優さん。

 

自分のイメージでは、ガリガリに痩せこけてて、狂気に満ちた、見たことないような女優さんに演じてほしかったな〜。

 

そして、感情を表に出してほしくなかった。心が病んでるんだったら、もっと無機質なリアクションだったら最高だったのに、、、あの子は可愛すぎる。

 

あんな子がストロベリーナイトを実行できるとは到底思えず、その部分だけは少し萎えた。

 

人間の生き死にを決めるのはおめぇの仕事じゃねぇ。神様の仕事だ!この野郎!!

 

水泳の池江璃花子選手が白血病になったニュースを見た直後で、神様なんて本当にいるんだろうか?と疑ってたあとにこの作品を見たので、ガンテツのこのセリフだけは入ってこなかった。

 

なんで、何も悪いことをしてない人に悲しい出来事が起こってしまうんだろう。ストロベリーナイトなんかに参加するバカな大人たちが身代わりになればいいのにとイライラが止まらない。

 

話が逸れましたが、ストロベリーナイトサーガを頭ごなしに否定するのも良くないと思うので、ぜひこの作品を超えるようなドラマに仕上げてほしいなと期待してます。

  

スペシャルドラマ「ストロベリーナイト」は【フジテレビオンデマンド】 [AD]で見られるので、ぜひご覧ください!

 

(本ページの情報は2019年4月時点のものです 最新の配信状況はフジテレビオンデマンドサイトにてご確認ください。)

 

 

ドラマ版の感想はこちら。

gj.hatenablog.jp

 

記事内画像出典

・スペシャルドラマ「ストロベリーナイト