GJ

芸能情報ブログ

【正義のセ】相原事務官を淡々と演じる安田顕が良い!

f:id:yuhei2261:20180411232029j:plain

安田顕さんが良い味、出し過ぎ^^ 

【正義のセ】の1話の感想を書いてみます!

 

見逃した人、もう一度見たい人はHulu で配信中です。

 

スポンサーリンク

 

 

【正義のセ】1話の感想

「久々すぎてドキドキする」 

彼氏の中牟田優希(大野拓朗)と3ヶ月ぶりのデートを楽しみにしている竹村凜々子(吉高由里子)

吉高由里子さんは笑顔が可愛いな〜♡なんてデレてたら、カバンをひったくられてしまう凜々子!

 

「女かよ〜!ツイてねぇ〜な〜、しつけぇ〜んだよな、女は!」

横浜地方検察庁港南支部に赴任してきた2年目の凜々子。

早速、担当事務官の相原勉(安田顕)と一緒に取り調べに挑むが、チンピラの被疑者にキレそうになったりと被疑者に感情移入しすぎてしまい、相原に注意されてしまう。

  

傷害事件で、パワハラ上司の恩田(石黒賢)に暴行を受け階段から落ちたという向井(浅利陽介)だったが、恩田はやっていないと否認。

どっちが正しいのか?を取り調べで探し出すのが検事の仕事って、検事のやってることって人の人生を左右するような仕事なんだなと感じました。

 

恩田の話を聞くと、向井を注意したら逆ギレして殴られそうになったと話す。

石黒賢の落ち着いた口調は説得力があるから、信頼しそうになってしまう。

 

「生意気なんだよ、下っ端のくせに」

次は、病院にいる向井から事情聴取。

上司の恩田に仕事のことで助言したことをキッカケに、イジメが始まったと話す向井。

 

「告発します!」

事件のとき、グラスを投げられ頭にケガを負いついに告発すると言ったことで暴行を受けたという。

 

うーん、自分が検事だとしたら、どっちが嘘をついてるのか全く分からない。

話し合いじゃなく、確たる証拠がないと...。

 

「私は信じます!」 

向井が嘘をついてないと思った凜々子は、軽々しく信じますなんて言っちゃってビックリ( ゚д゚)

案の定、相原事務官に怒られるという(笑) 

現場にいた、もう1人の田中から話を聞こうとするが、恩田がシャットアウトしてくる。

 

「お前はただ被害者の証言を信じてるだけだ。そんなの検事でもできる」 

恩田が絶対やったと思い込む凜々子に、現実を突きつける大塚仁志(三浦翔平)。 

確実に有罪って言えないと起訴って出来ないんだよね。

 

「じゃあ、正義ってなんなんですか?」 

と涙をためる凜々子を優しく諭す梅宮譲(寺脇康文)

梅宮の役が大杉漣さんだったと思うとなんか泣けてきていかん。

 

被害届を取り下げたら、今まで通り会社にいさせてやるという恩田に圧力を受け、向井は被害届を取り下げようとしていた。

いやいや、もし勝ち目がなかったとしても、そんな会社に戻るって選択肢は絶対無しでしょって思っちゃった。

 

先輩検事たちに頭を下げ、1日捜査する時間を与えてもらった凜々子は、警察や病院を駆け回るも証拠は見つからず諦めかけてたその時、タクシーのドライブレコーダーに映る恩田の姿を見つけ、裏金をもらったことも大塚のおかげで分かり、起訴することに成功する! 

 

「(口笛)ねぇ〜ねぇ〜♪」 

福山雅治さんの失敗学が流れて、1話が終了。

 

原作には無い話だったけど、痛快で面白かったです^^ 

出過ぎないけどリアリティたっぷりな相原事務官の安田顕さんの演技が痺れたぁ〜!

  

スポンサーリンク

 

 

相原事務官を演じた安田顕への感想

 

 

 

みなさん、安田顕さんの演技を絶賛されてました。

インタビューでも出過ぎない演技をしたいって言われてたけど、視聴者は見逃しませんよ〜!

これから、どんどん凜々子と良いコンビになっていくことを楽しみにしてます^^

  

 

正義のセ ユウズウキカンチンで何が悪い!

原作の小説が出てます!

 

原作読んだけど、面白いです。

ネタバレもあるけど、感想書いたのでぜひ^^ 

gj.hatenablog.jp

  

スポンサーリンク