GJ

芸能情報ブログ

【最終章】リバースの原作のネタバレ感想!蕎麦アレルギーって怖い

f:id:yuhei2261:20170311130517j:plain 

いよいよラスト!最後のどんでん返しに読んだ人はみんな驚いたはず!

 

「リバース」第五章の感想

 

目次

 

スポンサードリンク

 

  

リバースの原作のネタバレ感想

全部で六章に分かれていて、ついに最終章❗

特に気になった部分を中心にネタバレ感想を書いていきます! 

 

※この本でも1番のオチの部分を書いてるので、まだ知りたくないという人は時が来たら見てください!

 

最後にどんでん返し! 

5章の濃密な話からしたら、最後の終章はページ数も少なく、美穂子が犯人だと分かり大きな謎は解けた状態でリラックスしながら深瀬と美穂子はクローバー・コーヒーでマスターの淹れたコーヒーを飲む☕

やっと平穏な日々に戻れると思いながらスゥーっと読んでたら最後にとんでもないどんでん返しが待ってました😱

 

「広沢由樹はカモミールティーが苦手」と深瀬のノートに書き込んでいく美穂子📕

広沢って良い奴だったよなというように穏やかに終わるのかと思ったら違いました!

 

「広沢由樹は蕎麦が食べられない」

広沢は蕎麦アレルギーだったことを美穂子から聞く!

それを聞いた時は深瀬はそんなに深くは思わなかったんだけど、マスターの出したハチミツが蕎麦のハチミツだと聞き、何か引っかかる深瀬🙄

自分もここで背筋がゾワっとしました😱

広沢が村井を迎えに行くときに、深瀬が道の駅で買った蜂蜜入りのコーヒーを渡して送り出したシーンを思い出す😳

 

あの夜の光景を逆戻りさせた。というところを見て、タイトルのリバースというのはこの逆戻りという意味から取ったんだろうなって思いました。

そして最後の一行。

 

 

広沢の命を奪ったのは、俺だったのか。

 

 

つまり、良かれと思って渡した蕎麦のハチミツ入りコーヒーを飲んだ広沢は、アレルギー反応が出てしまい正常な運転ができず谷底に落ちてしまったということでしょう。

これを読んだとき、深瀬がこのあとどれだけの罪悪感を背負って生きていかないといけないのかと想像するだけで絶望しそうになりました。

 

最悪、命を絶たないかな?とかこのあと美穂子に事実を話したのかな?とか疑問が尽きません。

続編が無いのか調べましたが、まだ出ていませんでした😂

 

 

蕎麦アレルギーって怖い

f:id:yuhei2261:20170312180826j:plain

普通に蕎麦は美味しくてどん兵衛のそばとかよく食べてます!

色んなアレルギーがあるのは最近よく言われるようになって、自分は食品じゃないけど、アレルギー性鼻炎です👃

 

でも、アレルギーの検査をしたら何かしらのアレルギーをみんな持ってるってテレビでやってました。

なんとも思ってなかったけど、牛乳と卵のアレルギー度が高いんだーとかタレントさんがやってていつかは自分も検査してみたいなって思ってます💉

 

蕎麦アレルギーはアレルギーの中でもキツイ部類というイメージがあるけど、広沢が運転ができなくなるぐらいの症状が出るものなのか、詳しく知らないので調べてみました👀

 

そばアレルギーはすぐにアレルギー反応が出る「即時型アレルギー」になり 症状がひどくなると死にいたる「劇症型アレルギー」でもあり、そばがアレルギーだとわかった場合は食べないように注意しなければなりません。

 

かなり危険なようです❌

症状としては、10分くらいで腫れやしびれなどが出て、20分後になると、嘔吐や下痢など本格的な症状が出始めるという。

 

この情報だと、コーヒーに蜂蜜と蕎麦を直接食べたわけじゃないから平沢は事故するまでいかないんじゃないかって思っちゃうけど、アレルギーには個人差があるし、あの悪条件の中で車を運転するのは普通でも難しいのにアレルギーの症状が出始めてたとなると判断力が鈍って事故する可能性は十分ありえる! 

 

これはアレルギーだということを知っていたら事件だけど、深瀬は知らなかったわけだから悪くないとはいえないけど、事故扱いですよね。 

 

スポンサードリンク

 

 

リバースを読み終わっての感想

広沢由樹という青年が命を失い、初めて広沢という男が自分にどれだけ大切な存在だったのかということに気付く深瀬。

彼女とか親とか大切な人と別れると、これまでの日常がどれだけ尊いものだったかに気付くような感覚を読み終わったときに感じました。

 

すっかり深瀬目線で読み進めて、広沢という男が死んだということを自分も同じくらい悲しんでいたし、広沢って人間をものすごく好きになってる自分がいました。

いちお主人公は深瀬なんだろうけど、それと同じくらい広沢というキャラクターも重要な作品だったなー。

 

そして人は何かしら秘密や悲しい過去があり、その罪悪感を背負って生きてるんだよと言われてるような気にもなりました。

広沢のような誰にも嫌われてない人なんて現実にはそうそういないだろうから、広沢のモデルは湊かなえさんが理想に思う人間を描いたんじゃないかな。

 

完全なる透明もいけないと思うけど、自分の色をハッキリと持って強く生きていきたい!

続編が書かれないのなら、ドラマで少しだけでもいいからその後を描いてくれたらなって期待しながら待ちたいと思います👍

ものすごく読みやすくサクッと読めちゃう小説なので、興味のある方はぜひ読んでみてください!

最後まで見ていただきありがとうございました。 

  

 

リバースの次の新ドラマ

 

gj.hatenablog.jp