GJ

芸能情報ブログ

【第一章】リバースの原作のネタバレ感想!最初とラストが怖い!

f:id:yuhei2261:20170311130517j:plain

4月からスタートする新ドラマ「リバース」 

昨日の「下剋上受験」の放送終了後にリバースの予告が少し流れてましたが、ワクワクが抑えきれなくて本屋にダッシュしてきました💨

どんな作品なのか原作をネタバレも入れながら感想を書いてみたいと思います!

 

目次

 

スポンサードリンク

 

  

リバースの原作のネタバレ感想

全部で六章に分かれてるので、まずは第一章の特に気になった部分を中心にネタバレ感想を書いていきます! 

 

本の表紙

内容に入る前にまず気になったのが本の表紙!

白に黒い丸が点々と描かれてるのを見て、

 

 

f:id:yuhei2261:20170311131718j:plain

ドラゴンヘッドに出てくるノブオを思い出しました❗

今思い出すとものすごいキャラクターで現実にこんなやつがいたらゾッとするなと思ったり😱

 

 

f:id:yuhei2261:20170311132120j:plain

よく見ると一部、丸が割れてるのがありますが本を読んでくとこれがコーヒー豆を表してることに気づきました。 

 

 

最初の一行

本を開いて最初の一行目のインパクトにぐぐっと心を奪われます!

深瀬和久が人の命を奪ったということが書かれていて、なんでなの?って気になるに決まってます😳

作者の湊かなえさん、ずるいっすよ~(笑) 

 

 

人物の紹介が上手い

書かないけど、自分がもし小説を書くって想像したときに、自分の空想の中で作り上げた人をいかに読者に分かるように説明すればいいのかって最初のところで挫折するくらい難しいはず!

自分だったら横着して、登場人物1人1人のプロフィールを冒頭にペタペタっと貼っちゃうかもしれませんが、湊かなえさんの作品は登場人物の紹介が上手いから、普段読書しない自分でもスッと物語に入る事ができました👍

 

その人がどういう人なのかを紹介するだけじゃなく、その人と関わりのある人との人間関係の距離感の表現が絶妙で、深瀬と浅見は大学のゼミで一緒だったけど、友達と呼んでいいのか?という線引きの難しさを表現してる部分が好きでした😆

大人になると友達ってだけじゃなく、仕事を通じてつながってるって部分もよくありますもんね😅

 

 

人間の価値

浅見のお父さんが亡くなったときのことを語るシーンはこの物語の核となる部分になるんじゃないかなと感じました!

“どれだけの人たちに、出会えてよかったと思ってもらえるかで、この世に生まれてきた意味も価値も決まるんじゃないかって”

 

教師をしていた浅見の親父は、家族をほったらかしにしていたということで浅見は嫌っていたのに、お葬式のとき沢山の教え子が親父を慕っていたというのを見て考え方が変わる!

これを見て立派な人とは葬式で悲しんでくれる人がたくさんいることなの?ってへそ曲がりな考え方をし始めちゃうんだけど、でも実際に自分が死んだらそんな人は全然いないなと少し切なくなってる自分がいました😭

 

そのあと深瀬が、“自分の友達を1人挙げろと言われてその中に自分が入ることはできていない”というような悲しいことを言う場面があるのですが、誰かに必要とされたいって気持ちをみんな持ってるんですよね。

インスタでいいねがもらえたら嬉しいって思っちゃうけど、人間一人だと寂しいもん😂

 

スポンサードリンク

 

 

深瀬の普通な人感がいい

主人公がハチャメチャじゃなく、深瀬のどこにでもいるような普通さが、多くの普通な人が共感できるからいい👍

良い大学出たのに、こんな会社で働いてるとか仕事に誇りを持ってない感じがリアルで、もっとこうだったらとタラレバを言ってしまうところは、分かるーって応援したくなっちゃいます!

 

それと会社で深瀬に求められてるのは美味しいコーヒーを淹れることってのがウケました😂

簡単なこと言うなよ!って言われるかもだけど、こういう人は小さなコーヒー屋をオープンするのが一番幸せなはずなのに、なんでやりたくもないことに大事な時間を使わなきゃいけないんだろうって社会に対する愚痴が飛び出しそうになる😤

 

 

クローバー・コーヒー

コーヒー屋やればいいのに!って思った矢先にクローバー・コーヒーというお店と出会う深瀬☕

美味しいコーヒー屋で、深瀬は普段砂糖とミルクを入れる派なのに、お店では入れないって気持ちが分かりすぎて深瀬と同化しそうになりましたw

 

自分もたまに飲みに行くコーヒー屋さんがあるんですが、そこで頼むブラジルってコーヒーはブラックでも砂糖を入れたぐらい甘くて美味しいんですよね~☕

いきつけのお店を持つことで、生活に張りが出た深瀬でしたが、自分も毎日行けて、お店の人と顔なじみになれるようなお店が欲しいって強く思いました(外食費がかかるからまずはお金を稼がないといけないね💦)

 

 

最初とラストが怖い

深瀬はコーヒー屋の世話好きな奥さんの計らいもあり、越智美穂子と付き合うようになるのですが、深瀬の普通の幸せに暗雲が立ちこめる!

美穂子の働いてるパン屋のグリムパンに一枚の封筒が届く。

そこに入ってる1枚の紙には、深瀬が人の命を奪ったという本の最初に書かれてたのと同じ言葉😱

 

これをかなり真に受けて問い詰めてくる美穂子が怖かったけど、普通ならそんなバカなイタズラしたやつは誰だよ!ってキレそうなところを深瀬は「話さなければならないことがあるんだ、でも、すごく長くなると思う」って意味深な返しの方が怖かったです( ゚д゚)

 

第一章のラストにこんな気になる展開をされたらもう止まりません❗

深瀬はとんでもない秘密を隠しているのか・・・?🙄

 

 

【第二章】リバースの原作のネタバレ感想

第二章リバースの感想

 

 

オススメ記事

gj.hatenablog.jp

 

gj.hatenablog.jp

 

gj.hatenablog.jp