GJ

芸能情報ブログ

漫画「ネメシスの杖」のネタバレ感想!シャーガス病とは?

漫画「ネメシスの杖」が、めちゃくちゃ面白い!

 

1巻だけで、こんなに濃密に楽しめる漫画は珍しい。

 

ドラマ「インハンド」の原作になってる「インハンド 紐倉博士とまじめな右腕」の始まりとも言える内容で、紐倉博士もこの作品に登場してます!

 

インハンドの1巻とも言える作品なので、まだ読んでない人はぜひ!!

 

※ドラマのネタバレに繋がる情報も結構出てくると思うので、ドラマを純粋に楽しみたいという人はご注意ください!

 

 

漫画「ネメシスの杖」を自分は

【フジテレビオンデマンド】で読みました!

原作を読んでみたい人はぜひ。

 

 

ドラマ「インハンド」についてはこちら。

gj.hatenablog.jp

 

目次

  

スポンサーリンク

 

 

漫画「ネメシスの杖」のネタバレ感想!シャーガス病とは?

それでは、漫画「ネメシスの杖」のネタバレを含んだあらすじと感想を書いていきます。

 

「シャーガス病」匿名の告発

f:id:yuhei2261:20190206054530p:plain

南米の寄生虫が原因の「シャーガス病」という感染症に罹ってる患者がいることを知りながら隠している病院があった。

 

匿名の告発が入り、調査を始めるPSC(患者安全委員会調査官)の阿里玲(あさとれい)。
 

台田総合病院に行ってみるが、先生たちは休みだと情報を隠そうとする病院側。

 

シャーガス病とは?

f:id:yuhei2261:20190206083819p:plain

シャーガス病とは、トリパノソーマに寄生されているサシガメに血を吸われ、サシガメの糞が傷口などから体内に入ることで感染する。

 

症状は、急性期には心筋炎で死亡する場合もあり、慢性期に入ると十数年かけてゆっくりと臓器を蝕み、心肥大や巨大結腸となり、治療法は見つかっていない。

 

寄生虫の専門家、紐倉先生

f:id:yuhei2261:20190206055855p:plain

そこで阿里は、寄生虫の専門家の紐倉先生の元を訪ねる。

紐倉は右腕を失って以来、屋敷に引きこもっていて、医療事故の調査には関わりたくないと一度は断る。

 

しかし、シャーガス病のことが気になっていた紐倉は、調査に協力してくれることに。

 

娘を失ったお父さん

f:id:yuhei2261:20190206062017p:plain

16年前に桶矢食品が販売していたチチクチジュースを飲んで、シャーガス病に感染してしまった江里口の娘は、自宅から飛び降りて亡くなってしまう。

 

マスコミや警察、官僚などにこのジュースの危険性や娘のことを訴えかけるも認めてもらえず、誰も何もしてくれないと、諦めた表情を見せていた父親の江里口。

 

お父さんの復讐劇

f:id:yuhei2261:20190206064005p:plain

しかし、お父さんは諦めてなどいなかった。

 

悪いことをした奴らが罰せられないのはおかしい。という正義の元、娘のための復讐劇を開始するのだった...

 

ネメシスの杖を読み終えた感想 

アトピーで苦しむ娘を少しでも良くしてやりたいという親心で、怪しい健康食品に嵌ってしまう。

 

実際、病気に苦しみ藁にもすがりたい状況の人が、対して効果の無さそうな怪しい水を高額で購入したり、これに近いことは現実でもよくあることだと思う。

 

ただ、不運なことに、江里口が購入したジュースの中にとんでもない感染症を引き起こすものが入っていたということ。

 

悪者が大した罰も受けずのうのうと生きてることが許せない!というお父さんの正義は間違ってないと思うし、娘と同じ目に合わせてやりたいと思うのは自然な感情だと思う。

 

日本の法律は、犯罪者に対して優しすぎる。個人的には万引きでも、ずっと牢屋へ入れても良いぐらい厳しくすればいいと考えてます。

 

そうすれば犯罪をしようなんて気が起きないでしょ。

 

f:id:yuhei2261:20190206075517p:plain

一方、阿里玲も間違ったことが許せない正義感溢れる性格の女性。

 

人間なんだから間違えはある。それなら問題が起きたときにどうすればその問題が起きないようにできるか?という阿里の合理的な考え方と若さ溢れる猪突猛進な感じが好きでした。

 

ただ、お父さんの正義に触れたことで、一体正義とは何なのか分からなくなってしまう阿里。

 

タクシーの中で、お互いの正義が真っ向からぶつかり合うシーンは痺れたな〜。そして、迷いが生まれた阿里の背中を優しく押してあげる紐倉がまたカッコイイんですよね。

 

個人的には、お父さんの肩を持ちたい。お父さんのようなやり場のない怒りを抱えてしまった人には、江戸時代にあった敵討制度を適用してあげたい。

 

そんなことを言うと「憎しみは憎しみを生むだけだ!」なんて綺麗ごとを言う人が出てきそうだけど、それなら阿里の考え方のように、そんな人が生まれないシステムを作るべきだと思う。

 

本当に面白い漫画だったので、最後までネタバレはせず、結末はご自身の目で確認してもらいたい!!

 

朱戸アオの作品は、深い。考えさせられる...

 

漫画「ネメシスの杖」は【フジテレビオンデマンド】 [AD]で、ぜひ読んでみてください!

 

記事内画像出典

・漫画「ネメシスの杖」1巻