GJ

芸能情報ブログ

【メンヘラテクノロジー】社長のらんらんがアウトデラックスで彼氏を公開!

f:id:yuhei2261:20190301000021j:plain

彼氏を束縛するために社長になった女子大生として登場した、高桑蘭佳こと“らんらん” 

 

株式会社メンヘラテクノロジー社長のらんらんCEOが2月28日放送の「アウトデラックス」に出演された回について書いてみました。

 

目次

  

スポンサーリンク

 

 

彼氏を束縛するために社長になった女子大生

f:id:yuhei2261:20190228233410j:plain

彼氏の向山口冬威(32歳)が会社経営をしていて、その会社に干渉したくて、役員にしてくれないかとお願いしていたらんらん。
 

しかし、東京工業大学大学院生の彼女を役員にするわけにはいかないと彼氏は断るも、

 

「会社を立ち上げて、事業をリリースできるぐらいの実績があればいいよ」 

 

という彼氏の言葉を聞き、すぐに株式会社メンヘラテクノロジーという会社を立ち上げるらんらんさん。

 

行動力がハンパない!

 

メンヘラならんらん 

LINEスタンプのこの連打から、かなりのメンヘラ度が伺える。

 

弊彼氏って呼び方が面白いw

 

f:id:yuhei2261:20190228234124j:plain

特製のUSBを作ったらしく、そのUSBはパソコンに差すとエンドレスに「好き」と入力されるというもので、スタッフからも「うわっ」と分かりやすく引くような声が漏れ聞こえてました(笑)

 

そもそもメンヘラって何?ざっくりとしたイメージだと、ヤベー女ってと思ってたんですが改めて調べてみたら「メンヘラとは、メンタルヘルスが語源となっており、精神的に不安定な状態の人や、心に病を抱えた人のこと」ということで、遠からずでした。

 

最近は、メンヘラを題材にした漫画も人気になるほどなので、日常で使われる言葉になってますよね。

 

彼氏に100%愛してほしいという気持ちが強すぎるため、精神が不安定なのかもしれませんね。 

 

f:id:yuhei2261:20190228234844j:plain

着信履歴が70件入ってたというエピソードを話す彼氏。

 

しかし、そんならんらんと付き合い続けてる彼氏の方がやばい気がするというマツコデラックス。

 

確かに、普通ならその時点で別れるけど、それが愛おしく思えるって感覚は異常ですよね。

 

彼氏は、そんなマツコさんの問いに対して「依存性のものはうつってくる」と回答。

 

もうそれが日常になり、むしろ束縛がなかったら物足りなくなる。うーん、かなり深い。

 

メンヘラテクノロジーって、どんな会社?

勝手にらんらんさん1人の会社だと思ってたら、意外にもメンバーが複数いてビックリ。

 

ちなみに全員メンヘラだと書いてました。面接でメンヘラテストでもやるのだろうか?

 

メンヘラテクノロジーは、恋人依存の女の子に向けて、様々なサービスを提供する会社で、

 

ちょっとだけのぞいてみたら、就活の情報収集をしたい女子学生と社会人の食事会をセッティングする「MM」(ミリ)というサービスをされてました。

 

学生は料金がタダということで、新手の合コンか?なんて思っちゃいそうなんですが、登録段階で社会人側に名刺と個人情報を要求するなど安全対策はしっかりしてるらしいです。

 

ちゃんとしすぎてて、どこがメンヘラなんだろう?って疑問でした。

 

今までにないOB訪問サービスということなんだろうけど、アウトデラックスではその辺の詳しい事業内容までは触れられず。

 

スポンサーリンク

 

 

メンヘラアプリ 

「愛してるの言葉じゃ足りないくらいに君が好きなので歩く」というメンヘラなアプリが3月末から公開されるそうです。

 

気持ちを伝えるために、らんらんさんは20km歩いたそうですが、された方の彼氏はどんな気持ちになるんだろう...

 

自分ならそんな時間があるなら一緒にいてほしいし、あれなら一緒に歩いてみてはどうだろうって思っちゃうタイプですけど、愛の形も千差万別ですからね。

 

気持ちを形にするという点は、非常に面白い!

 

メンヘラテクノロジーというパワーワード爆誕! 

アウトデラックスのらんらんを見てみなさんがどう思ったのか、Twitterでの評判や反応を見てみました。  

 

 

 

 

メンヘラテクノロジーという会社名がパワーワードすぎる!とネットで話題になってました。

 

ミラクルひかると新人の宇多田ヒカルものまね論争が長くて、時間にして10分ぐらいしかなかったのですが、もっとメンヘラテクノロジーを深堀りしてほしかったな〜。

 

続きは、マツコ会議でよろしくお願いします! 

 

スポンサーリンク