GJ

芸能情報ブログ

まんぷく12話!立花さんに赤紙かと思ったらまさかの逮捕!犯人はあの人でしょ。

朝ドラ「まんぷく」12話。 

 

立花さんにも赤紙か!と思ったら

逮捕というまさかのラスト! 

 

この記事では、まんぷく12話の

ネタバレを含んだあらすじと

感想をまとめています。

 

見逃した人は、U-NEXTでどうぞ。 

(本ページの情報は2018年10月時点のものです。

最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。)

  

まんぷく(朝ドラ)の最終回結末をネタバレ!NHKは安藤サクラを諦め次のなつぞら広瀬すずに注力?

 

目次

 

スポンサーリンク

 

 

まんぷく12話のネタバレあらすじ  

「まんぷく」12話のあらすじを

ネタバレ有りで書いていきます。 

  

咲姉ちゃんがいなくなった喪失感

昭和17年夏。

海外との戦争は勝利してると報じられていたが、

市民の生活は苦しくなっていた。 

 

福子(安藤サクラ)は

咲姉ちゃん(内田有紀)を亡くしたあとも

笑顔で働いていた...

 

お母さんの鈴(松坂慶子)は、咲の夢を見る。

咲は、向こうでお父さんの世話をしていて、

その話を聞いた福子は咲姉ちゃんらしいと笑うが、

見えないところでは、悲しさのあまり涙していた。

 

蘭丸が離脱

牧善之介(浜野謙太)の馬の蘭丸は、

兵役に取られてしまっていた。

 

「おめでとうございます」と声をかけられるが、

寂しそうな背中をして歩く牧善之介。

 

「恵さん!私はあなたに結婚を申し込みます!

 日本の勝利を2人でお祝いしましょう」

 

牧善之介は、保科恵(橋本マナミ)に、

こう声をかけて去っていく。

 

それを目の当たりにした

野呂(藤山扇治郎)は焦るのだった。

 

真一に赤紙 

福子は、咲姉がいなくなった

真一(大谷亮平)のことが心配になり訪問する。

 

赤紙が届いていた真一は、咲の遺影写真を持って

戦場に行ってくると話したあと、

福子の好きな人の話になり、

 

「大事な人がいるなら、

 生きてそこにいるなら、

 簡単に手放してはいけない」

 

と福子に声をかける。

 

立花さんが逮捕

真一の言葉に突き動かされ、

福子はその足で、

立花萬平(長谷川博己)の元を訪ねる。

 

姉と母の世話と仕事で、

手いっぱいになっていたと話したあと、

「やっぱり私は、私は、、、」 

 

その時、憲兵たちが乗り込んでくる。

 

「立花萬平はお前か!軍事物資横領の容疑で逮捕する」

 

「お前が横流ししてるのは分かってるんだ」

 

「何のこと言ってるですか?横流しって」 

 

「口答えするな!(立花を殴る憲兵)」

 

「福子さん、これは何かの間違いです!」

 

萬平は、憲兵に連れていかれるのだった...

  

スポンサーリンク

 

 

まんぷく12話の感想!立花さん逮捕!犯人は?

赤紙、赤紙って、

序盤からずっと振ってたから、

最後、憲兵さんが乗り込んできたとき、

立花さんも出兵するの?と口を手で覆ってたら、

まさかの逮捕にビビった〜。

 

戦争に行かされるよりは良かったのか?

と一瞬思いながらも、やっぱり逮捕もやばい。

 

軍事物資横領の容疑って言ってて、

前回の世良(桐谷健太)が

そんなことを言ってたことを思い出しました。

 

多分、犯人は加地谷(片岡愛之助)なんだろうな

と予想されてる人も多いはず。

 

社長なんだぞ!と偉そうだし、

裏でコソコソ人と会ってた風だったし、

多分犯人でしょう。

 

立花さんに罪をかぶせるつもりなのか?

でも、立花さんがいないと新製品はできないけど、

根菜切断機一本でいくつもりなのか?

 

ラブリンは好きなのですが、

良い感じに悪者役を演じてるので、

立花さんファンの私としては

今は、憎き相手となってます(笑)

 

それと、真一さんに赤紙が届いてたのが悲しかった。

咲姉ちゃんの写真を持っていくって悲しすぎるでしょ。

大切な人を失ったからこそ、

“大事な人が生きてそこにいるなら”

という真一さんの言葉が刺さりました。

  

Twitterの反応、評判は? 

まんぷく12話を見て、

みなさんがどう思ったのか

Twitterでの評判や反応を見てみました。  

 

 

 

 

 

立花さんが逮捕されたことに驚く声が多くありました。

 

そして、立花さんのモデルになってる安藤百福さんも

同じことで逮捕され、拷問を受けたという

実話だと知り、衝撃でした。 

 

ものすごい時代です。

今も今で、色々大変な世の中ですがね。 

 

明日へ続く。

 

gj.hatenablog.jp

  

スポンサーリンク