GJ

芸能情報ブログ

【メゾン・ド・ポリス】1話!小久保寿人という犯人役の演技がエグイ!

f:id:yuhei2261:20190111232349j:plain

「メゾン・ド・ポリス」1話。

 

小久保寿人という犯人役を演じた俳優さん、絶対これから有名になる!

 

この記事では「メゾン・ド・ポリス」1話のネタバレを含んだあらすじと感想をまとめています。

   

目次

  

スポンサーリンク

 

 

「メゾン・ド・ポリス」1話のネタバレあらすじ   

 

お願いだ、助けてくれ! 

 

柳町北署の所轄内で天ぷら店、店主の薗田という男性が焼殺され、その様子を動画投稿サイトにアップするという事件が発生。

 

5年前の「デスダンス事件」と同じ手口での犯行ということで、当時事件を担当していた元刑事の夏目惣一郎(西島秀俊)から話を聞くため、洋館へと訪ねてきた牧野ひより(高畑充希)だったが、人違いだと言われてしまう。

 

帰ろうとしたとき、元警察庁のキャリアの伊達有嗣(近藤正臣)に、お茶でもしないかと引きとめられ、洋館の中へ。

 

洋館は、元警察官のおじさんばかりが共同生活を送るシェアハウスだった!

 

ひよりのことを“ひよこ”と可愛がり、事件だと聞いたおじさまたちは暇つぶしにちょうどいいと盛り上がる。

 

ようこそ、メゾンドポリスへ!

 

正式にひよりを客人と迎えるため、おじさまたちは頭を下げ、改めて迎え入れてくれ、おじさまたちの捜査会議が始まる。

 

1セントコインはありましたか?

 

伊達が質問するとうなずくひより。全てを話せとひよりをヤジる迫田保(角野卓造)。

 

1セントコインを持っていたという情報は、マスコミに伏せられてた情報なのに、今回の事件でも1セントコインを持っていたことから、警察関係者の疑いも...

 

おじさんたちに、犯人じゃないか?と疑われだした夏目は、先輩たちに言われ、ひよりと一緒に捜査をすることに。

 

犯行の手口なんて知りません。僕はやってないんですから...

 

5年前の犯人の本間に、手口を誰に話したのか聞きに行くが、未だに無実を主張する本間。

 

自供したのは、夏目という酷い刑事に強引に言わされたという本間。人間が変わったように脅迫まがいの詰め寄り方をする夏目に驚くひより。

 

本当に本間弘喜が犯人なんでしょうか?

 

保険金目的で、息子が父親の薗田政二を殺したんじゃないか?と考える巡査長の原田(木村了)だったが、捜査会議で意見するも叱られてしまうひより。

 

これまた別人のように優しく薗田の奥さんに接し、一芝居打って情報を引き出す夏目。

 

薗田の息子の政義が犯人なら、5年前と同じ今日も犯行をするのでは?と考えたひよりは、政義を追いかけると襲われ気絶!

 

犯人に捕まったと夏目に電話するひより。危険な状況だと知ったおじさんたちは、各々動き始める。

 

政義は確保されるが、ひよりのことは何も知らないと話す。

 

弘喜を救うには、こうするしかなかった。ラストダンス、さぁ踊りましょう

 

本間の母親が息子を助けるため、夏目を後悔させるため、自分が犯人だと遺書を書き、火をつけようとしたそのとき、夏目が駆けつける。

 

全部あなたのせいじゃない!

 

過去の償いからか、包丁を持って襲いかかってくる母親を避けようとしない夏目だったが、間一髪のところで迫田が助けにくる。

 

本間の母親は逮捕される。

 

あなたがやらせたんでしょう?

 

被害者が1セントコインを持ってることを本間弘喜に教えていなかったのに、母親に1セントコインのことを話した弘喜が犯人だった。

 

まんまと信じやがって、お前も燃やしてやろうか?と乱暴な言葉をかけられ、自分が間違っていたと気づいたひよりは、夏目に頭を下げる。

 

今回の捜査が評価され、今後はひよりをボスに、才能あるおじさまたちを捜査に活用することになるのだった。 

  

スポンサーリンク

 

 

「メゾン・ド・ポリス」1話の感想!小久保寿人という犯人役の演技がエグイ! 

高畑充希を見ると、過保護のカホコを思い出して「カホコー!」と、ついつい読んじゃいそうになっちゃう。 

 

gj.hatenablog.jp

 

やっぱり、高畑充希を見てると癒されるわ〜。

 

おじさまたちの緩さと、やるときはやるギャップにやられるし、西島さんのダンディーさは健在!あんなカッコイイ大人になっていきたいって憧れる。

 

だけど、メゾンドポリスを見て、一番の収穫だったのは、犯人役の俳優さん。

 

本間弘喜は本当は無実なんだろうな〜なんてまんまと私も騙されちゃったのですが、あの演技力の高さなんなの!

 

高畑充希にちょいちょいっと近づかせようとしたあと、ガラスを思いっきりパンチしてたけど、骨折したんじゃないか?と心配になるぐらいの迫真の演技!

 

調べたら、小久保寿人という俳優さんで、ドラマや映画に舞台と幅広く活動されてる方だったのですが、知らなかった〜。

 

ガンツの敵役で、恐ろしいほどのオーラを放ってた綾野剛を初めて見たときぐらいの衝撃を受けました。

 

小久保寿人、絶対売れる!というか、たくさんドラマで演技を見ていきたい。

 

あと「メゾン・ド・ポリス 退職刑事のシェアハウス」という小説が原作になっててビックリ。原作あったんだね。

 

Twitterの反応、評判は? 

「メゾン・ド・ポリス」1話を見て、みなさんがどう思ったのかTwitterでの評判や反応を見てみました。  

 

 

 

 

 

犯人役の人の演技の高さに驚いた人、演技が凄すぎて、気分が悪くなった人までいました。

 

ただ、それは犯人役としては最高の賞賛。小久保寿人、恐るべし。

 

メゾンドポリスの次の動画はこちら。

gj.hatenablog.jp