GJ

芸能情報ブログ

リーガルV 2話!斉藤由貴の悪女の演技に絶賛の声も不倫スキャンダルがちらつく。

f:id:yuhei2261:20181010191921p:plain

「リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜 」

の2話が10月18日に放送。

 

斉藤由貴さんの悪女っぷりが

最高の回となりました!

  

この記事では、リーガルV 2話の

ネタバレを含んだあらすじと

感想をまとめています。

 

目次

    

スポンサーリンク

 

 

リーガルV 2話のネタバレあらすじ 

林遣都くんが可愛いと思う今日この頃...

 

それでは「リーガルV」2話の

あらすじをネタバレ有りで書いていきます。 

  

女神なのかダニなのか

「やっぱりSLは格別よね〜」 

と、鉄道マニアっぷりを見せる

小鳥遊(米倉涼子)は、

大好きな駅弁を食べて幸せいっぱい。

 

一方、京極法律事務所では、 

過去は法曹界の女神と呼ばれたこともあるほど、

優秀な弁護士だった小鳥遊だが、その後、

ヤクザとの癒着などと週刊誌に書かれたことで、

今では法曹界のダニだと

ヤメ検(勝村政信)が話していた。

 

パワハラで不当解雇

今月100万円無いと事務所を追い出されてしまうと

金欠で困っていた京極法律事務所に、

弁護依頼の電話がかかってきた! 

 

依頼人は、

太陽製紙の元取締役の永島美鈴(斉藤由貴)。

 

3件ものパワハラがあったとして不当解雇され、

損害賠償請求の裁判を起こすも

担当弁護士が降りてしまい、

京極法律事務所に来ることに。

 

おしとやかで可愛らしい永島を見て、

「ああいう女に限って、

 裏じゃ鬼みたいに豹変するのよ

 だいたい弁護士が途中で降りたってことは

 勝ち目が無いってことでしょ」

  

と疑う小鳥遊だったが、

3億2000万円という高額の損害賠償額を聞き

目の色を変え、引き受けることに。

 

パワハラの音声データ

太陽製紙は「Felix & Temma法律事務所」

と顧問契約していて、

またしても戦う相手は同じだった。

 

Felix & Temma法律事務所に訪れると、

被告代理人の白鳥美奈子(菜々緒)に

「200%負けますよ」と言われ、

ある音声データを渡される。

 

「だったら今すぐ飛び降りろ」

など、永島が部下の松尾係長に

パワハラしているやりとりが録音されていた!

 

決定的証拠に勝ち目はないと諦めようとする

京極法律事務所のメンバーたちだったが、

小鳥遊は途中で投げ出しちゃダメだと喝を入れる。

 

依頼人を試す

同僚などから話を聞き、情報を集める

茅野明(三浦翔平)と馬場雄一(荒川良々)。

 

ポチ(林遣都)は、美鈴と一番親しい

生産事業部長の城野優(平山浩行)と話し、

法廷で証言してくれないかとお願いする。

 

永島に音声データのこと聞くため、

高級レストランで話を聞くことに。

 

音声データについて聞くと、

他の仕事で忙しかったので覚えていない

と話す永島。

 

そのレストランで、料理に虫が入ってるわ、

飲み物を店員にこぼされ服が汚れるわ、

店側の確認不足で、席の移動をさせられるも

何一つ文句を言わず神対応を続ける永島。

 

それは全て、小鳥遊が店に頼み仕組んでいたことで、

カッとなってパワハラするような人間なのか

依頼人の永島を試していたのだ。

 

裁判

二次会は、鉄道BAR。

城野が証人になってくれたと伝えると、

出世の道を閉ざしてしまうから断わってくれ

と話す永島に、勝つ気あるの?

冷やかしなら辞めてくれと話す小鳥遊。

 

音声データを鑑定してもらうと、

永島本人の声だと判明。

 

裁判が始まる。

パワハラをされたと証言する部下に、

なんでそんなことを言うのと、取り乱す永島。

 

証人として城野を呼んでいたが、

出廷しておらず、慌てるポチ。

これからクズと呼ぶよと、

イライラが止まらない小鳥遊。

 

大丈夫、弁護士資格無いから

ポチは、城野を訪ねるも

会ってもらえず、電話も出ない。

 

パワハラ3件が同じ週に起こっていることを

小鳥遊は怪しんでいた。

 

そんなときポチから、

パワハラを受けた3人全員が昇進してると聞き

クズからポチに昇進する青島(笑)

 

京極教授が、太陽製紙に切られた

下請け会社の社長という証人を確保。

したはずだったが、またもや証人が出廷せず。

京極教授は証人に日付を間違えて伝えていたのだ。

 

ポチが全てペラペラ喋ってしまい、

手の内を見せてしまい、小鳥遊は激怒。

 

城野は会社側の証人を引き受け、

下請け会社の社長も証人を拒否。

 

「やられたらやり返す!」

手詰まりになってしまうが、

相手の証人を奪い返そうと考えた小鳥遊は、

パワハラの音声を録音した松尾係長を

馬場に尾行させ、弱みを握ろうとさせる。

 

弱みを握って脅すことは、

弁護士資格を失うことになりますよと

ポチに注意されるも

「大丈夫、私、すでに無いから」

とケロっと言ってのける小鳥遊。

 

決着

城野は会社側の証人になっていたが、証言台で、

「永島さんはパワハラをしていない」

「専務から会社の為に証言してくれと頼まれた」

と、思いもよらない証言する!

 

そして、女性と歩いてるところの写真を撮り、

弱みを握った松尾係長を証言台に立たせ、

音声データの全てを公開する。

 

そこには、松尾係長が永島を侮辱し、

パワハラをさせるよう誘導していたことが判明し、

勝負アリ!

 

悪女

永島と一緒にSLに乗る小鳥遊。

 

会社から正式な謝罪をしてもらい、

新しい一歩が踏み出せると話す永島。

 

しかし、録音データには続きがあった。

 

永島は、中山あかねという女性社員に

しつこく嫌がらせメールを送ったり、

会議室で罵倒していて、

中山あかねを退社に追い込んでいたのだ!

 

これが公になることを恐れていたんじゃないか

と永島に話した小鳥遊は、

永島を中山あかねと会わせる。

 

永島が一番可愛がってきた部下の中山が、

城野を奪ったことに腹を立てて

パワハラをしてしまっていたのだ。

 

中山「謝ってください」

 

小鳥遊「感謝しなきゃね。

    過去を償うチャンスをもらえたんだから」

 

永島「私、謝らない。お金で解決させてもらうわ」 

 

永島は謝らず、去っていった。 

 

    

スポンサーリンク

 

 

リーガルV 2話の感想!斉藤由貴の悪女が最高だったけど、不倫スキャンダルがちらつく

パワハラされたと言われ不当解雇されるも

本当は別件でパワハラをしてたという

闇のあるオチが最高でした。

 

斉藤由貴さんが平山浩行さんのことを

ただ片思いとして好きだったのか、

付き合ってて、グラサン女に略奪されたのか

ちょっと分かりづらかったです。

 

それ次第では、斉藤由貴さんに

同情するかもしれないし、

グラサン女め〜!と怒りを感じるかも。

 

だた、グラサン女が略奪愛しそうにも

見えなかったので、 多分、

斉藤由貴さんの片思いかな?

 

上目遣いで、

猫なで声で甘え上手と

女の武器を使いまくってる感じの役が

斉藤由貴さんにハマり役な気がして、

めちゃくちゃ感情移入して見られました。

 

さすがの貫禄の演技。

ですが、斉藤由貴さんを見ると、

どうしても思い出しちゃうのが不倫スキャンダル。 

 

思い出そうと調べてみたら、

週刊文春が斉藤由貴さんとお医者さんが

キスしてる写真を報じて、不倫が発覚。

 

その後、謝罪会見をしたという流れでした。

 

NHK大河ドラマの西郷どんに斉藤由貴さんが

出演するということで楽しみにしてたけど、

不倫スキャンダルがきっかけで降板して

ショックだったのを思い出しました。

  

斉藤由貴さんが可愛いのが罪なんでしょうね。 

 

Twitterの反応、評判は? 

「リーガルV」2話を見て、

みなさんがどう思ったのか

Twitterでの評判や反応を見てみました。  

 

 

 

 

 

みなさん、斉藤由貴さんの悪女っぷりに

高評価の人が多かったです。

 

不倫スキャンダルがあっても、

それを芸の肥やしにステップアップするとは

女優とはすごい職業ですね。 

 

スポンサーリンク