GJ

芸能情報ブログ

リーガルV 1話の視聴率とネタバレ感想!スーツの10倍面白かった。

f:id:yuhei2261:20181010191921p:plain

ドラマ

「リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜 」

の1話が10月11日から放送がスタート!

 

同じく10月からフジテレビで始まった

弁護士ドラマ「SUITS / スーツ」も見てるんですが、 

正直、スーツの10倍面白かったです。 

 

この記事では、リーガルV 1話の

ネタバレを含んだあらすじと

視聴率、感想をまとめています。

 

目次

    

スポンサーリンク

 

 

リーガルV 1話の視聴率

初回の視聴率は、

どのドラマも注目されるところ。

 

 

ドクターX」は5シリーズに渡って

人気を集めたということで、

リーガルVの視聴率は、

ドクターXと比べられるところでしょう。

 

ちなみに「ドクターX」の

最新の第5期の1話目視聴率は20.9%と、

近年のドラマではありえないほどの

高視聴率を叩き出していました。

 

すごいなドクターX(驚)

リーガルVは、ドクターXを超えるような

シリーズものとなっていくのでしょうか?

 

1話目の視聴率は、分かり次第すぐに更新します!

 

結果

リーガルV 1話の視聴率は、15.0%でした!

 

今期ドラマの中では、1番の記録でしたが、

ドクターXには及ばない結果となりました。

  

リーガルV 1話のネタバレあらすじ 

私は、ドクターXシリーズを見てこなかったのですが、

その分フラットな気持ちで

リーガルV見られると思うので、楽しみ^^

 

「リーガルV」1話のあらすじを

ネタバレ有りで書いていきます。 

  

弁護士 青島圭太 

新聞に載っている訃報の情報を元に、

葬式を回り、問題がありそうなところを

携帯にメモする小鳥遊翔子(米倉涼子)。

 

そんなとき、敗訴が原因で

依頼人の母親が自ら命を絶つという

最悪の結果となり、落ち込む

弁護士の青島圭太(林遣都)に声をかける。

 

崖から飛び降りるんじゃないかと

勘違いした小鳥遊は、死んじゃダメ

と声をかけるのだった。

 

京極教授

「私と一緒に

 正義の法律事務所を始めてみませんか?」

 

大学教授だった京極雅彦(高橋英樹)

の授業に参加した小鳥遊は、

京極をスカウトする。

 

京極は大学を退職し、

小鳥遊に会うため、もらった名刺の弁護士事務所

「Felix & Temma法律事務所」を訪ねるも、

1年前に辞めていると聞かされ、驚く。

 

弁護士資格を剥奪され、

詐欺なんです!と京極に注意する

大鷹高志(勝村政信)。

 

痴漢の冤罪?

小鳥遊は電車の模型が走る鉄道バーへ

青島を連れていく。

 

声をかけたのは、

スカウトだったと明かし、青島を採用。

 

次の日、青島は電車に乗り職場へ向かっていると

「この人痴漢です!」と叫ぶ女性の声。

 

会社員の安田勉(児嶋一哉)が、

三島麻央(山谷花純)にお尻を触られたと

疑いをかけられるも安田は何もやってないと困惑。

 

その現場にいた青島は、弁護を引き受けることに。

罪を認め、示談をするのが賢明だと話すも、

青島は「やってない!」と声を荒げる。

 

パラリーガル

事務員のパラリーガルの面接をする小鳥遊。

 

1億円を横領して刑務所に入っていたという

元銀行員の伊藤理恵(安達祐実)と

ストーカーで訴えられ、こちらも服役経験のある

馬場雄一(荒川良々)という前科者を雇うことに。

 

駅弁には目がない小鳥遊

君島化学の社長は、安田の痴漢の件を、

Felix & Temma法律事務所の代表弁護士

天馬壮一郎(小日向文世)にお願いする。

 

その後、青島は送検されてしまう。 

青島が、初の仕事を取ってきたと

沸き立つ京極法律事務所のメンバーたちだったが、

痴漢冤罪と言うと、みんな呆れ顔。

 

被害者有利の痴漢冤罪ということで、

弱者を救うための法律事務所だと

青島に語っていた小鳥遊だったが、

儲けも少ないし、

売れない弁護士がやるクズ案件だと

ひどいことを言いだす。

 

買い物があるから〜と、事務所を出ようとしたその時。

青島は、有名駅弁を3つ買ってくると交渉すると、

コロッと態度を変え、協力しだす小鳥遊だった(笑)

  

海崎勇人 

99.9%有罪になるから示談しろと

小鳥遊が説得するも安田は、冤罪主張を変えず。

 

安田が会社で考えた特許技術の見込み利益が

300億円だと知った小鳥遊は目の色を変え、

やる気を入れ直す。

 

Felix & Temmaの弁護士の海崎勇人(向井理)は

安田に戦わないことを勧め、

どうしても裁判をしたいなら、

会社を辞めてくれと話す。

 

どうでもよくなったと無罪主張と取りやめ

示談でいいと話しだす安田に、

 

「却下!

 自分で自分の人生、

 汚したくなかったんじゃないの?」

 

 と、喝を入れる小鳥遊。

 

裁判

目撃者がいないかとビラ配りをしたり、

被害女性の身辺調査をする。

 

検察官の調書を確認すると、

痴漢されていたと思われる時間、

安田は特許出願についてメールをしていたのだ。

 

裁判が始まり、証人尋問がおこなわれる。

 

被害女性の三島は、被害を受けたあと、

外出すら怖くなり家に引きこもるようになった

と話していたが、実際はキャバクラで

元気に働いているのを小鳥遊は知っていた。

 

反対尋問で、メールをしていたと主張するも

片手で痴漢をすることは可能だと言われてしまい、

裁判官と検事がズブズブの関係だと見抜いた

小鳥遊はやられっぱなしのポチ(青島)にイライラ。

 

鉄道の専門家として

法廷の場に入った小鳥遊は、

あらゆる角度から攻める。

 

窓に反射して犯人の安田の顔を確認した

という話は、ポスターが貼られているので、

反射することはありえないという

小鳥遊の話で勝負あり!

 

「ごめんなさい、許してください!」

被害女性の三島は、涙を流して謝るのだった。

 

三島は被害届を取り下げられ、安田は無罪となる!

 

真相

ここからが本番よ!と、小鳥遊は

君島化学に損害賠償請求をする。

 

そして、安田を嵌めようとしたのは、

なんと安田が一番信頼していた

同僚の冨樫だったのだ!

 

冨樫がキャバクラで知り合った三島に50万円を渡して

安田に痴漢されたと言うよう頼んでいたのだ!

 

動機は、お前さえいなければ俺が一番だったのに

という安田への嫉妬だった。

 

特許をめぐる君島化学の内紛を

告発する会見を開くと通達。

 

100億円の損害賠償請求を払わなければ

全てバラすというこれは脅迫で、

落とし所は3億円。

うちの取り分は6000万円と計算して、

完全勝利に喜ぶ小鳥遊だった。

   

スポンサーリンク

 

 

リーガルVの感想!スーツの10倍面白かった

米倉涼子さんのドラマは、シリーズものが多く、

途中参戦するのも難しいかなと思ってたので、

これまで見てこなかったのですが、新しい

リーガルVを初めから見られて本当によかったです。

ドクターXが視聴率が良いのも納得の内容でした。

 

初めにも少し書きましたが、

フジテレビの「スーツ」というドラマも同じく

弁護士扱ったドラマで、始まったばかりなんですが、

私の中では、完全にリーガルVの方が面白かったです!

 

「スーツ」は海外ドラマのリメイクで、

原作のドラマは、私は好きで見ていたのですが、

日本版のカッコ悪さに衝撃を受けたところだったので、

余計、リーガルVが面白く感じたのかもしれません。

 

日本には日本の犯罪や弁護の仕方があるので、

やっぱり海外の法律モノを日本に持ってくるのは

無理があったんでしょうね。

 

リーガルVは、脇役の存在感もgood!

林遣都さんの可愛らしい感じも

ポチと呼んでうまく表現されていたし、

 

敵役の向井理もクールな演技が上手い俳優さんだし、

その部下役が菜々緒というのもハマり役。

 

今回だけだけど、芸人の児島さんの演技も自然だった。

大島さんですか?って、もう聞いちゃいけないぐらい

しっかり俳優されていました。

 

安達祐実さんや三浦翔平さんもいたりと、

かなり豪華なんですが、

高橋秀樹さんの存在感が凄かった!

 

「異議あり!」

って言うシーンの声のデカいこと(笑)

それと貫禄のある顔が理由で、

スカウトされたってのも分かるわぁ〜。

 

人間なんて、なんとなくの印象で

流される生き物ですから、

顔の説得力って重要で、高橋秀樹さんなんて

信頼の塊みたいな顔をされてますもんね!

 

それなのに、役はペーパー弁護士。

最高ですね^^

 

Twitterの反応、評判は? 

「リーガルV」1話を見て、

みなさんがどう思ったのか

Twitterでの評判や反応を見てみました。  

 

 

 

 

 

米倉涼子さんのドラマは面白いという

前評判通り、良かったという声が多くありました。

 

米倉ドラマデビュー作がリーガルVの私ですが、

これからシーズン2、3と続いていくと思うので、

しっかり米倉姉やんについていこうと思います!

 

gj.hatenablog.jp

 

スポンサーリンク