GJ

芸能情報ブログ

【クロちゃん】脳動脈瘤で余命3年!カテーテル手術をしないとガチで危ない。

f:id:yuhei2261:20181025124735j:plain

水曜日のダウンタウンで

クロちゃんメインの企画がスタートしたりと

勢いに乗るクロちゃんですが、残念ながら

体、特に脳がヤバいことが判明!

 

この記事では、

クロちゃんが脳動脈瘤で

手術をしないと余命3年という

診断を受けたことについてまとめています。

 

モンスターハウスを知らない人はコチラ。

gj.hatenablog.jp

  

目次

  

スポンサーリンク

 

 

名医のTHE太鼓判!

TBSで放送されてる「名医のTHE太鼓判!」 

 

芸能人の人たちの体を調べ、

健康かどうか、病気とかしていないか

チェックするという番組。

 

芸能人の人は会社員と違い、

自ら人間ドックとか行かないといけない

って人も多いと思うので、

ギャラももらえて健康チェックもしてもらえて、

視聴者は健康情報が知れると

ウィンウィンの関係がエゲツない

最高の番組だなと思っています!

 

そんな名医のTHE太鼓判に、

毎回出演してるクロちゃんは、

2型糖尿病と診断され、

教育入院などもしてきました!

 

それにより、一時は

余命24年、寿命65歳まで回復したのですが...

 

水曜日のダウンタウンを見てる人なら

よく知ってると思いますが、

Twitterにヘルシーな料理を食べたしん!

と嘘ツイートをしたあと、隠れて暴飲暴食をする日々。

 

これが医師たちにバレ、

いつ亡くなってもおかしくないレベルだと

めちゃくちゃ怒られてました(笑)

 

脳動脈瘤で余命3年!

食生活を改善する気のないクロちゃんですから

糖尿病は改善せず、今後悪化して

1型にでもなったら大変だぞ!

と思いながらテレビを見ていると、

やっぱり前回の診断に安心したのか

たった半年で、結果は最悪に。

 

体重

95キロ → 99.7キロ

 

HbA1c(血糖値の平均)

5.5 → 7.5

 

検査入院前の数値に戻ってしまい、

あの時の涙はなんだったのかと

スタジオは最悪の空気。

 

しかし、10月22日の放送回で

糖尿病以上のある疾患が判明!

 

脳動脈瘤

 

余命は3年と診断されました。

 

カテーテル手術しないとガチで危ない

f:id:yuhei2261:20181025132430j:plain

クロちゃんの脳を見ると

直径7ミリの脳動脈瘤があることが分かり、

これが破裂すると、

くも膜下出血という病気になる。

 

くも膜下出血といったら、

多くの人が命を落とす病気で、

3分の1の人が突然死する怖い病気。

 

専門の医師がクロちゃんの脳の画像を見ながら

真剣な顔で、カテーテル手術が必要だと

話してるのが怖かったです。 

 

開頭、つまり頭を開いて、

「コイル治療」あるいは「クリップ治療」

という処置をしないといけないんだとか...

 

それを聞いたクロちゃんは

ノーリアクションで顔面蒼白。

 

「本当に僕の脳ですか?」

と、とぼけるクロちゃんに

「アホちゃうか!」

強めのツッコミを入れるオセロの松嶋さん(笑)

 

5ミリを超えると手術を勧めていて、

7ミリは破裂する確率が飛躍的に上がるから

危険だと話す脳神経外科医の菅原道仁先生。

 

安田大サーカスの相方のHIROさんも

当時かなり太っていて、2017年6月に

左脳室内出血で倒れ、あと数時間

病院に来るのが遅かったら亡くなっていた

ということもありました。

 

身近でこのようなことがあった経験を活かし、

とても怖いでしょうが、

クロちゃんには手術をしてもらいたいです。

 

だって、あなたはバラエティ番組の宝なんですから。

  

スポンサーリンク

 

 

クロちゃんの脳動脈瘤への反応、評判は? 

クロちゃんの脳動脈瘤報道を見て

みなさんがどう思ったのか

Twitterでの評判や反応を見てみました。  

 

 

 

 

 

朗報とか、一瞬笑ってしまったのですが、

クロちゃんのTwitterにかなりの数の

批判的なコメントがたくさん来ていました。

 

もちろん心配する人の声も。

 

本人のTwitterを見てみると...

 

ラーメンで、小盛りだからいいよね。

野菜もりもりだからいいよねと

相変わらず変わっていない様子。

 

プールで運動したり、

2万5千歩歩いたよと

運動してますツイートが増えてましたが、

水曜日のダウンタウンで裏側を知ってる

視聴者には届かないでしょうね。

 

痩せて、手術をするという

形で見せてもらわないと私も信じられません。

 

でも、真面目に改善しようとしないところが

最高に面白いわけですから悩ましいところです。 

  

スポンサーリンク