GJ

芸能情報ブログ

監獄のお姫さまの感想!期待しすぎたかな〜。

 

 

スポンサードリンク

 

 

どうも、GJです!

  

暑い日々が続く。それに耐えられないのは人だけじゃなくて、使ってる扇風機が悲鳴をあげた。

 

いつもは弱で使ってるんだけど、弱だと羽根が回らない。中にして、ようやく回るけど、風がすこーし来るレベル。

 

これじゃ夏は越せないということで、家電店にダッシュしてきた。結果、安っすいの買いましたw

  

それじゃ今回は、監獄のお姫さまのネタバレ感想を書いていきます! 

 

 

キャスト

f:id:yuhei2261:20170916151501j:plain

まずは、監獄のお姫様にどんな人が出演するのか、キャスト情報をチェック!

 

馬場カヨ(小泉今日子)

キャリアウーマンで一児の母。不貞行為を働いた年下夫を亡き者に(怖)どん臭い性格で、あだ名を欲しがる。

 

若井ふたば・先生(満島ひかり)

厳格な鬼刑務官で囚人たちの教育係。頭が良い。

 

江戸川しのぶ・姫(夏帆)

「エドミルク」前社長の娘。吾郎に罪をなすりつけられた。 

 

大門洋子・女優(坂井真紀)

若手俳優の追っかけの資金の為に、横領詐欺をした。 

 

足立明美・姉御(森下愛子)

組長の妻で、夫の代わりに出頭。 

 

勝田千夏・財テク(菅野美穂)

所得隠しと脱税をした、カリスマ主婦。 

 

女だらけの豪華なキャストで、この間放送されたドラマ「女囚セブン」を少し思い出した(こっちの方が豪華だけど)

 

キョンキョンといえば、最近スーパーサラリーマン左江内氏で、恐妻を見事に演じてたし、満島ひかりはカルテットで注目を集め、菅野美穂は出産を経て、砂の塔で松嶋菜々子と戦ってたし、主役級ばかりのキャストで、名前を見てるだけでワクワクしてくる。 

 

スポンサードリンク

 

 

おばちゃん版の木更津キャッツアイ

この監獄のお姫様のあらすじは、ざっくり見ると女性刑務官と受刑者たちが意気投合し、ある男に復讐する。

 

って内容みたいだけど、この作品の脚本を書いてるのは、クドカン! どおりでぶっ飛んだ内容だ! 

 

女が勢揃いで、ある男をターゲットに責めるって、男の俺としては、男が可哀想だなーと思うのか、こんな男は懲らしめないと!と思うのか、どんな感情になるのか楽しみ!

 

f:id:yuhei2261:20170902181134p:plain

(出典:http://www.tbs.co.jp/pripri-TBS/)

ちなみに復讐される可哀想?な男、板橋吾郎 役を演じるのは、伊勢谷友介と判明!良いねー、女の復讐をサラっと受け流そうとする姿が目に浮かぶ。

 

イケメン社長役ってことだけど、伊勢谷友介ってリアルでも起業してるってダウンタウンなうで言ってて驚いたな。

 

しのぶに近づき、乳製品メーカーのエドミルクの社長となる!

 

 

f:id:yuhei2261:20170729135805p:plain

出典:http://www.tbs.co.jp/pripri-TBS/

キャストを見てて、森下愛子って名前だけ、あまり見覚えがないなと思ったら、この人か!IWGPのまこちゃん風に言うと、「ババア、また焼きそばかよー」って言いたくなるw妙に色気があるし、綺麗な人だよね。

 

クドカンの作品と聞いたら、池袋ウエストゲートパークからのファンで、どの作品もハズレがないから、それだけで楽しみ!

 

今回の作品についてクドカンは、

結局、おばちゃんのお喋りを書いてる時がいちばん楽しい

 

『木更津キャッツアイ』のテンポ感でドラマを作ろうと思ったら、若者より、おばちゃんの方が俄然しっくり来る

ということで、作られたんだとか。

 

おばちゃん版の木更津キャッツアイ・・・?

クドカンのファンって言ったけど、木更津キャッツアイは見てないw

ここは予習しとく場面なんだろうけど、多分せずに10月を迎えると思う。 

  

 

感想

1話見ました。

クドカン作品という事で、ずーっと楽しみに待ってたんですが、これがいけなかった。

期待が大きすぎた分、ハードルが上がりすぎて、自分の期待を越えてくるような仕上がりではなかったな〜。

 

キャストも全員豪華で、演技力も間違いない人が集まってるんだけど、どこか設定に入っていけない。

社長の息子をドタバタしながらも誘拐し、要求は「爆笑ヨーグルト姫の裁判のやり直し」を求めてた。

 

うーん、なんか池袋ウエストゲートパークを見てたときのようなドキドキ感がなかった。

他のドラマに比べたら、おもしろいのはおもしろいんだけど、自分の中でクドカンに求めるレベルが高いんだろうな。