GJ

芸能情報ブログ

 はじこい1話の感想と原作比較!主題歌と雅志にやられた泣

f:id:yuhei2261:20190115231640j:plain 

はじこい(初めて恋をした日に読む話)1話、皆さんも見られたでしょうか。

 

どうでしたか?

 

自分は、原作漫画を全部読んでからドラマに挑んだのですが、主題歌と雅志の組み合わせが可哀想でやられちゃいました(泣)

   

この記事では【はじこい】1話の感想と原作との違いなどを比較して書いています。

 

目次

  

スポンサーリンク

 

 

 【はじこい】1話の感想と原作比較!

原作との違いなどを比較しながら、ストーリーを振り返ってみます。

 

「ジューンコちゃ〜ん、ワカレテくれないかなー?」

 

オープニングの安田さん演じる麒麟の川島の声に鳥肌立って笑ってしまったw

ちょっといつもより声を誇張してたよね?w

 

f:id:yuhei2261:20190115220914p:plain

出典:「初めて恋をした日に読む話」1巻

不良高校生たちが深キョンに対しても「おばさん」って言わないでよ〜って思ってたけど、そこは原作どうりおばさん言ってしまってた。あの憧れのマト深キョンだよ!小僧、ナメんな(怒)

 

原作だと、ナンパしようとしたときに由利匡平(横浜流星)がカバンを落として、それを春見順子(深田恭子)が拾うってシーンがあるんだけど、ドラマにはそれが無かった。

 

カバンのお礼として、ずぶ濡れになった順子に由利が服をあげるのに、ドラマでは普通に「やる」ってなってた。

 

もっと順子先生はヤンキーだから、カバンの流れはカットされたんだろうな〜。

gj.hatenablog.jp

 

 

f:id:yuhei2261:20190115231836j:plain 

「無敵ピンク、良い色」には惚れてまうやろ〜〜〜でした。

こんな場面は原作漫画には出てこなかったですが、基本的には原作に忠実に作られていたように思います。

 

f:id:yuhei2261:20190115232019j:plain

自分が一番印象に残ったのは、深キョンでも無敵ピンクでもなく、なんと雅志!

 

由利に勉強を教えるために、雅志の食事の誘いをドタキャンするシーンは、原作ではそんなに何も感じなかったのですが、ドラマ版は見ていて泣きそうなぐらい切なく感じてしまった。

 

高級レストランの食事の約束をドタキャンされたのに「俺もまだ会社だから」って、なんて優しい嘘をつくんだ、この男と結婚すれば間違いなく幸せになれるだろうなと思った瞬間でした。

 

そして、そんな寂しい雅志のシーンで流れるback numberの「HAPPY BIRTHDAY」が、また寂しさを煽ってくるくる!

 

原作漫画に無くて、ドラマの優位性あるのは曲が使えることなんだなと改めて感じる回となりました。

 

ドラマの雅志の方が優男で、3人の男の中で誰が順子とくっついてほしいか論争が必ず巻き起こると思うけど、私は雅志に一票を投じたい。

  

f:id:yuhei2261:20190115222745p:plain

出典:「初めて恋をした日に読む話」1巻

あと、漫画の方はコミカルなところが大好きなのですが、ここまでの表情は深キョンには出せませんでしたね。

 

クソババアって言われたとき、原作漫画の順子は気絶しちゃってますから(笑)

 

行きつけのお好み焼き屋「ハングリージャングル」ってお店が出てきたけど、原作にそういう行きつけのお店は出てこない。

 

あと、山下一真(中村倫也)が出てくるのが超早い。

漫画は2巻まで全く出てこないから、ドラマも3話ぐらいまで焦らして焦らして中村倫也を登場させてほしかったな〜。

 

 

はじこいの原作はこちら。由利匡平のピンクの髪が似合ってるのが分かります。

 

 

はじこいの漫画を自分は

【フジテレビオンデマンド】 [AD]で読んでます!

俺もハイテクになったもんだ。

オススメなのでみなさんもぜひ!

 

 

原作漫画の感想はこちら。 

gj.hatenablog.jp

  

gj.hatenablog.jp

 

ツイッター、フェイスブックなどで拡散していただけると、モチベーション向上に繋がり、非常に喜びます!よろしくお願いします^^