GJ

芸能情報ブログ

【はじこい】原作の由利匡平は東大に合格し順子と結ばれた?

f:id:yuhei2261:20181229103935p:plain

初めて恋をした日に読む話(はじこい)の原作漫画を読みましたが、原作の由利匡平のクールな視線にキュン死しそう(笑)

   

この記事では【はじこい】原作漫画の由利匡平がどんなキャラクターなのかや、東大に合格し順子と結ばれたのかを紹介しています。 

 

gj.hatenablog.jp

 

目次

  

スポンサーリンク

 

 

 「はじこい」原作での由利匡平とは?

それでは、はじこい原作の由利匡平を紹介していきます!

 

ここからはドラマ『はじこい』のネタバレに繋がる内容も書いてると思うので、まだストーリーを知りたくない人はご注意ください。

 

 

はじこいの漫画を自分は

【フジテレビオンデマンド】 [AD]で読んでます!

俺もハイテクになったもんだ。

オススメなのでみなさんもぜひ!

 

 

一目惚れ?

f:id:yuhei2261:20181228134543p:plain

出典:「初めて恋をした日に読む話」1巻

仲間のマイヤンたちが夜道を歩く順子に「おねーさん!」と声をかけるも、色目を使わず一人全く興味ないよとミステリアスな雰囲気を醸し出す少年、それが由利匡平(ゆりきょうへい)。

 

こういう男の子を見ると女子は「なんか気になる・・・トクン!」ってなるんだよな〜。こういう男が一番モテるんだよ(嫉妬)

 

順子も由利と目があって「やばい」ってなっちゃう。

 

マイヤンの1人が「どっちかというおばさん」って順子に言うシーンがあるんだけど、ドラマだと順子を演じるのはあの深キョンだよ。あんな絶世の美女に向かって同じセリフが吐けるのか?

 

漫画の順子も美人だけど、ドラマでそこの演出をどうするのかは注目してる!深キョンをおばさん呼ばわりするのはあまりにも現実的じゃないから、できたら変えてほしいな〜。

 

東大を目指す

f:id:yuhei2261:20181228140229p:plain

出典:「初めて恋をした日に読む話」1巻 

親父に無理やり塾に連れていかれる由利匡平。

 

クズな息子だけど、それでも自分の息子だからせめて大学だけでも出させねばと話すお父さんに対してブチ切れる順子。

 

「逃げなさい!好きなだけ暴れなさい!私みたいなつまんない大人に絶対なるなー!!」

 

初めて本気で向き合い、自分を肯定してくれる大人に出会った由利匡平は、翌日「俺を東大に入れてくんない?」と塾にやってくる。

 

本人は不良って思ってないけど、ピンクの頭して世間からは不良の扱いを受けてきただろうし、こんな大人に出会ったのは初めてだったんだろうな〜。順子もちょっとヤンキーちっくなところがあるし合うのかも(笑)

 

この入れてくれない?じゃなくて“くんない”って言い回しがカッコよくて好き。 

 

いちお、東大に行って親父を見返したいというのが最初の表向き理由だったけど、のちに自分の意思で東大を目指したい!と変化していく。

 

恋愛感情

f:id:yuhei2261:20181228142653p:plain

出典:「初めて恋をした日に読む話」2巻 

気になる存在から、好きに変わったと確信する由利。 しかしそこに立ちはだかるのは、年齢の壁。

 

17歳の高校生と付き合うなんて犯罪だよ〜って順子が言ったり周りから言われたりするシーンがちょいちょい登場。

 

男の先生が女子高生と付き合うってなると犯罪だ!と思うけど、逆だとそんな犯罪なのか?って疑問に思ってしまうのは何故だろう。

 

魔女の条件」「中学聖日記」が影響してる?

 

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

 

調べてみたら、肉体関係があるかないかと都道府県ごとの条例なども関わってきたりと思ったより複雑で途中で理解するのを諦めてしまった(笑)

 

ご褒美ください

f:id:yuhei2261:20181228145010p:plain

出典:「初めて恋をした日に読む話」3巻 

恋愛の師匠 美和に相談し「18歳になるまで耐えろ」と忠告された由利は、年齢の壁に苦しみながらも18歳になったら告白すると決め、勉強に打ち込む。
 

塾の勉強合宿で、雨の日、山で足を挫いた順子を介抱するため倉庫へ。 

「ご褒美をください」と恋のライバル雅志が順子に着せた服を脱がし、18歳になる日を覚えておいてと言うシーンは、はじこい史上一番キュンキュンしました!

 

ここから由利の順子に対する行動が、先生と生徒の枠を超え、どんどん男へとエスカレートしていく姿がたまらないんですよね〜!

 

由利が唯一笑ったシーン 

f:id:yuhei2261:20181228142339p:plain

出典:「初めて恋をした日に読む話」2巻 

女子高生の可愛い女の子が好き♡ってベタベタすり寄ってきても、1ミリも口角をあげずニコリともしないクールな男、由利匡平。

 

そんな由利が唯一笑うこのカットが好き。マジ貴重です!このカットだけ別人みたいで最終回はまだ描かれてないけど、これが最終回のカットでもいいぐらい。

 

お父さんの浮気

中学まで成績優秀でお母さんを喜ばせていた由利だったが、中学の時にお母さんが他界。

 

その時、遺品整理をしていると、お父さんが知らない女と写ってる写真を見つけてしまう!それが勉強をしなくなり不良となるキッカケとなってしまった。

 

そして、未だその女と浮気を続けているお父さんを高校生になった由利は目撃してしまう!

 

その話を由利から聞いた順子が思わず背中を貸して、由利が後ろから抱きつくシーンは泣けたな〜。自分の親父がずっと知らない女と浮気してたと思うと吐き気がしてくる。

 

文科省局長で働く官僚という偉い立場でありながら、やることはまさにゲスの極み。

 

国を動かすような仕事に就く人は、去勢するぐらいの覚悟がないと就かせちゃいけないことにしないか?その方が、日本が良い方向に進むと思うのだが...

  

スポンサーリンク

 

 

原作の由利匡平は東大に合格し順子と結ばれた?

由利のことが分かってきたところで、このストーリーの本題。由利は東大に合格して、順子と結ばれたのか?

 

最新7巻まで読みましたが、現時点では、由利は東大の試験は受けておらず合格不合格という段階には来てない。

 

そして、順子とはまだ結ばれてない、、、ただ「男として見てくれる?」という由利の質問に対してついに「はい」と順子が答えて、良い感じにはなってます! 

  

ドラマの由利匡平、横浜流星が演じることについて

由利匡平をドラマでは誰が演じるのか楽しみにしてたのですが、横浜流星さんが演じられます!

 

カッコイイし、クールな目線もハマりそうな気がするのですが、ピンク頭にどうも違和感を感じてしまう。

 

漫画ではピンクの髪型に違和感はないけど、現実でピンクの髪した男なんていないから、そこは金髪とかに変更してもよかったんじゃないかなと思ったり。

 

そこまで原作に寄せるってことは、内容もきっと原作に忠実なのかも。原作では結末はまだ描かれてませんが、ドラマではどういう結末になるのかを楽しみに待ちたいと思います!

 

gj.hatenablog.jp

 

gj.hatenablog.jp