GJ

芸能情報ブログ

【グランメゾン東京】2話!融資の裏に平古祥平(玉森裕太)あり!

「グランメゾン東京」2話!

 

ウェブレシピの貴公子ミッチー、そしてラストの平古祥平(玉森裕太)にキュンキュンな回でした。

 

この記事ではドラマ「グランメゾン東京」2話のネタバレを含んだあらすじと感想をまとめています。

 

動画を見たい人はParaviへ。

 

目次

   

スポンサーリンク

 

 

「グランメゾン東京」2話のネタバレあらすじ   

京野(沢村一樹)を引き抜き、「グランメゾン東京」のオープンに向けて準備を始める早見(鈴木京香)と尾花(木村拓哉)。 

 

開店資金は、5000万円が必要!

 

京野が銀行にお金を借りようとするが、高級フレンチのお店には有名なシェフがいないとダメだと断られてしまう。

 

そこで、ウェブレシピの貴公子として絶大なる人気の相沢瓶人(及川光博)に声をかけに行く。 

 

毎日子供の送り迎えがあるから無理だと断る相沢だったが、娘のアメリーの気持ちは掴む尾花。

 

コンサルティング料を払うから、名前だけ貸してくれないか?と京野と早見が頭を下げている中、アシスタントとして俺雇ってほしい!と言い出す尾花。

 

料理教室で、尾花の提案で始まった5分間で作る即興おつまみ対決!

 

尾花は高級食材のトリュフを使った料理を作るが、生徒たちには不評で、相沢の圧勝だった。

 

京野は「gaku」に事前に了承を取ったあと、城西信用金庫の融資担当・汐瀬(春風亭昇太)に相談する。

 

原価率を下げるよう言われるが、尾花は絶対に下げないと首を縦には振らず、日本人に合った料理を相沢のキッチンを使って考え始める。

 

gakuの江藤から、尾花が関係してることを聞いた汐瀬は、融資はできないと言うも、料理を食べてから判断してほしいとお願いする尾花。

 

原価率を抑えた食材として、尾花は“ナス”を使うことにする!

 

試行錯誤をするも苦戦する中「チョコレートを合わした方がいい」と相沢にアイデアをもらい、料理「ナスのプレッセ」が完成。

 

料理は美味しいが、数字しか信じられないという汐瀬に、早見は家を担保に出す。

 

家の価値は4500万円。残りの500万円は、汐瀬さんがなんとかしてくれることになり、お店と契約することができた!

 

料理を食べて融資するよう、平古祥平(玉森裕太)は政治家の彼女のお父さんにお願いしていたのだった...

 

【グランメゾン東京】2話!融資の裏に平古祥平(玉森裕太)あり!

じわじわとグランメゾン東京のオープンに向けて前に進んでいってワクワクしてる自分がいます。

 

ナスは嫌いなんですが、ナスのプレッセ、、、食べてみたい。

 

こんなに料理が美味しそうに見えるドラマは、初めてかも。

 

ナスのプレッセ、ウェブレシピの貴公子ことミッチーが、ウェブでレシピを公開してくれないだろうか?って思っちゃう。

 

教えてもらっても、作れないか笑 

 

それと、最後の平古祥平(玉森裕太)は何!?

 

尾花のソースは大事にしてたし、融資を受けられるよう動いてたなんて。ツンデレに完全にやられてしまった♡

 

ただ、この感じだと、彼女とは別れないといけない展開になりそうな気が...

 

スポンサーリンク

 

 

「グランメゾン東京」への反応、評判は?

「グランメゾン東京」の2話を見て、みなさんがどう思ったのかTwitterでの評判や反応を見てみました。 

  

 

 

 

面白いという感想がほとんどでした。

 

それと、最後の平古シェフのツンデレにやられる人多数でした。 

 

その気持ち、超わかる。 

 

もう一度見たい人はParaviでどうぞ。 

(本ページの情報は2019年10月時点のものです。 最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。)