GJ

芸能情報ブログ

【グランメゾン東京】面白いか面白くないか感想まとめ!

「グランメゾン東京」1話!

 

グランメゾン東京は、面白い?面白くない?

 

この記事ではドラマ「グランメゾン東京」1話のネタバレを含んだあらすじと感想をまとめています。

 

動画を見たい人はParaviへ。

 

目次

   

スポンサーリンク

 

 

「グランメゾン東京」1話のネタバレあらすじ   

フランスのパリにあるの三つ星レストラン「ランブロワジー」で腕を振るっていた尾花夏樹(木村拓哉)

 

首脳会談で料理を振る舞うが、その中の1人がアレルギー食材を食べて倒れてしまう...

 

3年後「ランブロワジー」で面接を受ける早見倫子(鈴木京香)

 

倫子が“実技テスト”で前菜を作ろうとしているところ、もう一度雇ってほしいと借金取りから逃げてきた尾花が飛び込んで来るが相手にされず。

 

諦められない尾花は、必ず採用されるからと、倫子の代わりに前菜を作り、去っていく...

 

倫子は尾花の料理は使わず、自分の料理で勝負し、落ちてしまう。

 

その後、尾花とカフェで再会した倫子は「料理を食べさせてよ」リクエスト。

 

尾花が作った料理のあまりの美味しさに驚き、自分の実力の無さに泣き出す倫子。

 

倫子のこれまでの生い立ちを聞いた尾花は、「もったいねーなー!レストランやらない俺と一緒に」と声をかける!

 

日本に帰り、日本人シェフのフレンチのお店で一番ミシュランに近いと言われるレストラン「gaku」に尾花を連れていく倫子。

 

するとミシュランの調査員がいることに気づく尾花は、同じ料理を注文する。

 

gakuもミシュランの調査員に気づき、シェフの丹後学(尾上菊之助)はミシュランの星を取るための料理を作って勝負をかける。

 

2人だけじゃミシュランの星は狙えないから、かつての仲間だった京野陸太郎(沢村一樹)、相沢瓶人(及川光博)、平古祥平(玉森裕太)に「一緒にやらないか?」と声を掛ける。

 

gakuは、ミシュラン2つ星を獲得する!

 

そんなgakuに、倫子は京野の借金だと1000万円を持って、京野を引き抜きに行く...

 

【グランメゾン東京】1話!面白いか面白くないか個人的感想

キムタクのドラマを見るとき、最初はいつものキムタク感満載のドラマなんでしょ〜と少し斜めに身構えながら見始めるんですが、見ていくとドンドン惹かれていっちゃうから不思議。

 

料理系のドラマってあんまり好きじゃない。

 

料理が美味しそうという楽しみ方はあるけど、ストーリーが単調なことが多い。

 

グランメゾン東京も、正直ストーリーは「ミシュランの星を取りたい」というだけのシンプルなものですが、俳優陣の演技力が高すぎるから、悔しいけど面白い!

 

予想だけど、アレルギーシェフの汚名を誰かに着せられてるのに言わないキムタク、やっぱりカッコいいんだよな〜。

 

丹後(尾上菊之助)が、なんか怪しい... 

 

スポンサーリンク

 

 

「グランメゾン東京」への反応、評判は?

「グランメゾン東京」の1話を見て、みなさんがどう思ったのかTwitterでの評判や反応を見てみました。 

  

 

 

 

面白いという声が大多数で、面白くないというツイートを見つけることができないぐらい好評でした。

 

グランメゾン東京、視聴率もスゴイことになりそうだな。 

 

もう一度見たい人はParaviでどうぞ。 

(本ページの情報は2019年10月時点のものです。 最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。)