GJ

芸能情報ブログ

【グッドワイフ】不倫相手の悪女役がどハマりの相武紗季!

f:id:yuhei2261:20190224215658j:plain

「グッドワイフ」7話。

  

不倫相手の悪女役がこんなに似合う女優は相武紗季以外にいないでしょ!

 

この記事では「グッドワイフ」7話のネタバレを含んだあらすじと感想をまとめています。

   

見逃した人、もう一度見たい方は「Paravi」アメリカ版ならU-NEXTで配信中。

(本ページの情報は2018年2月時点のものです 最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。)

  

gj.hatenablog.jp

 

目次

  

スポンサーリンク

 

 

「グッドワイフ」7話のネタバレあらすじ   

夫の壮一郎(唐沢寿明)を弁護することにした蓮見(常盤貴子)。

 

そして、蓮見に告白する多田(小泉孝太郎)のメッセージを聞いてしまった壮一郎は、勝手にメッセージを削除する。

 

大物政治家の南原(三遊亭円楽)がイーデンスというIT企業から莫大な裏金をもらい、経済特区への内定を決めたという情報を掴み、南原が壮一郎に汚職の罪をかけたと考える佐々木(滝藤賢一)。

 

匿名の情報提供者が南原の不正の証拠となる文書を持っていて、受け取る予定だったが、直前で壮一郎は逮捕されてしまったのだった。

 

カリスマIT社長の剣持(浜野謙太)の案件を多田、蓮見、朝飛(北村匠海)の3人で担当することになる。

 

剣持をモデルにした主人公がやりたい放題やる映画が公開されたことで、SNSが大炎上し、企業のイメージがダウン。その火消し役として、依頼されたのだった。

 

名誉毀損で訴えることにした剣持だが、賠償金は請求せず、映画の上映中止と謝罪の動画を流すことを要求していた。

 

映画プロデューサー(田中要次)は、全面否定。剣持をモデルにしたことを証明できるのか...

 

裁判が始まるも、のらりくらりと質問をかわしていく映画のプロデューサーは、むしろ裁判を映画の宣伝に使っていく。

 

映画で使われたグッズは、剣持がモデルだから作ったという店員。脱税してることを突き止めた多田は、強引に裁判で証言させることする。

 

情報提供者は内閣府の職員で、壮一郎が接触しようとするが、脇坂(吉田鋼太郎)に止められてしまう。

 

映画問題は、正式に和解が成立し、プロデューサーは映画の公開中止と謝罪動画をSNSに公開。剣持側は、賠償請求しないことで落ち着く。

 

遠山(相武紗季)は、壮一郎とのことがある前に、大きな事件を取材していたんじゃないかと直接会って話を聞きに行く蓮見。

 

そんな蓮見に対して「夫の不倫相手の前で、随分冷静なんですね」と不敵に笑ってみせる遠山だった。

    

スポンサーリンク

 

 

「グッドワイフ」7話の感想!不倫相手の悪女役がどハマりの相武紗季!

小泉孝太郎の想いが、常盤貴子に届かなかったのが、もどかしかった〜。

 

メッセージを聞いてたら、常盤貴子はどうしたんだろう...と妄想が止まらない(笑) 

 

そして、不倫相手と向き合う妻というラストの女の対決は痺れた〜。

 

あの悪女の役がこんなにしっくりくる女優さんは相武紗季にいないんじゃないかと思えるぐらいの存在感でした。

 

そして、大人になっていくにつれ、綺麗になっていってる気がする。

 

グッドワイフは常盤貴子もそうだけど、キレイな大人美女が見られるので、目の保養になりまくる最高のドラマですね!

 

f:id:yuhei2261:20190224203953j:plain

あと、5話で小泉孝太郎が着てた「BALR.プルオーバーパーカー」ですが、欲しいなー欲しいなーと思ってたら買っちゃってました!

 

これで俺も小泉さんみたいにモテモテだぁー(笑)

 

Twitterの反応、評判は? 

「グッドワイフ」7話を見て、みなさんがどう思ったのかTwitterでの評判や反応を見てみました。  

 

 

 

 

相武紗季さんの不倫相手の悪女っぷりを絶賛する声が多かったです。

 

今週はまだ1分ほどの出演だったのにこの反応なので、次週はもっと盛り上がること間違いなしですね!

 

常盤貴子が大人の女性って役どころだけど、不倫相手なんだから、もっと憎しみ感情を全面に押し出すシーンも見てみたい。

 

gj.hatenablog.jp