GJ

芸能情報ブログ

【グッドワイフ】2話!小泉孝太郎が良い人すぎて逆に怖い!

f:id:yuhei2261:20190121002253j:plain 

「グッドワイフ」2話!

 

小泉孝太郎が良い人すぎて逆に怖い!

 

この記事では「グッドワイフ」2話のネタバレを含んだあらすじと感想をまとめています。

   

見逃した人、もう一度見たい方は「Paravi」アメリカ版ならU-NEXTで配信中。

(本ページの情報は2018年1月時点のものです 最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。)

  

gj.hatenablog.jp

 

目次

  

スポンサーリンク

 

 

「グッドワイフ」2話のネタバレあらすじ   

 

事務所の名誉顧問の神山佳恵(賀来千香子)の父、神山大輔(橋爪功)がクルーズ旅行から帰り、事務所を尋ねてくる。

 

大輔はなんと酒酔い運転で事故を起こし、さらに警官に抵抗し公務執行妨害を起こした罪で起訴されたいた。

 

大輔は罪を認めないので、裁判が明日行われることになっていて、杏子(常盤貴子)が弁護を指名される。

 

俺が飲んでないと言ったら飲んでないんだよ!そう弁護しろ!

 

公判で事故のときの映像が流され、大輔が明らかに酔っ払っている様子が映し出され有罪は濃厚。

 

そんな中、杏子は違法逮捕を訴え、この映像に証拠能力が無いと主張し、公務執行妨害は無かったということになるが次は酒酔い運転について。

 

大輔は認知症の薬を飲んでいたことに気づいた杏子。薬の副作用で、意識が朦朧とすることがあり、認知症だと分かると弁護士として生きていけないとを思った大輔はそれを隠すため飲酒していたのだ!

 

杏子にこのことは誰にも話すなと口止めし、杏子も守秘義務だからと言わないが、神山が圧力をかけてくる。

 

神山から大輔が妻を殺したと聞いていたが、事件を起こした日、亡くなった奥さんが大輔と行きたかった和菓子屋に行っていた。

 

たい焼きを買い、車でたい焼きを食べていて気分が悪くなったときに警察官が職務質問し、飲酒検査をするも数値は0だったことが明らかになり、大輔の疑いが晴れる!杏子の勝利!

 

杏子は、賄賂の代わりに高価な宝飾品を受け取ってなかったか?と壮一郎(唐沢寿明)に尋ねると、富岡製鋼から受け取ったことがあるが、すぐに返したと話すも、信じられない杏子。

 

そして、脇坂(吉田鋼太郎)が、賄賂を受け取ったという証拠を壮一郎に突きつけるのだった...

   

スポンサーリンク

 

 

「グッドワイフ」2話の感想!小泉孝太郎が良い人すぎて逆に怖い!

「忘れられない女」がいたって小泉孝太郎が言われてたけど、間違いなく常盤貴子のこと間違いなく好きだったよね?

 

いや、現在進行形で好きだと予想。

 

働く場所が無いところを職場を紹介したり、常に優しく接する小泉孝太郎を見てると良い人すぎて、逆に怖くなってきたw

 

こういう人の裏の顔が見えたときっていうのが一番怖い。

 

今後、唐沢寿明を嵌めて、常盤貴子を奪おうとしていたという恐怖展開にならなければいいけど...

 

あと、どうしても一つ言いたいのが常盤貴子の子供たち。

 

素直でお母さん想いの子供たちが、絵に描いたような良い子過ぎて、なんか気持ち悪い。

 

あの年頃の子供とかだったら普通「うるせぇクソババア、何離婚してんだよ!」とか、もしくは親に呆れてガン無視するのが思春期の正常な状態な気がする。

 

多分、あの子たち、ろくな大人にならないぞ(笑)

 

Twitterの反応、評判は? 

「グッドワイフ」2話を見て、みなさんがどう思ったのかTwitterでの評判や反応を見てみました。  

 

 

    

 

 

小泉孝太郎さんが「カッコイイ」「キュンキュンする」という声が多くありました!

 

確かにカッコイイ。オーラがある。

 

お父さんは元内閣総理大臣で、弟の進次郎は政界でバリバリやってるし、小泉家の凄さを改めて感じました。

 

gj.hatenablog.jp

  

スポンサーリンク