GJ

芸能情報ブログ

【グッドワイフシーズン1】1話のネタバレあらすじ!携帯の着信音の曲は何?

f:id:yuhei2261:20181114171252j:plain

出典:グッドワイフ1話

日本でのドラマ化も決まった「グッドワイフ」

 

夫に尽くしてきた妻だったが、

汚職とスキャンダルで、夫がまさかの逮捕!

 

妻は、13年ぶりに弁護士に復帰するが...

  

この記事では、アメリカの原作

「グッドワイフシーズン1」1話の

ネタバレを含んだあらすじと

感想を書いています。

 

グッドワイフの動画は、U-NEXTでどうぞ。

(本ページの情報は2018年11月時点のものです

 最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。)

 

gj.hatenablog.jp

 

目次

  

スポンサーリンク

 

 

「グッドワイフシーズン1」1話のネタバレあらすじ! 

※日本版向けに名前は、

  日本キャストに変えて書いている部分があります。

 

旦那が汚職で逮捕

蓮見杏子(常盤貴子)の夫のピーターが

立場を利用して、金銭的、性的に

見返りを受けたと告発される。

 

東京地検特捜部長を辞任することになり、

さらには、逮捕されてしまう!

 

裏切られた思いの蓮見は、

夫を思いっきりビンタする!

 

弁護士として復帰

それから半年後。

 

蓮見は学生時代からの友人の

多田征大(小泉孝太郎)の弁護士事務所

「神山多田法律事務所」で弁護士として

雇ってもらえることになる。

 

まずは神山佳恵(賀来千香子)が担当していた

プロボノ(公益弁護)を任される。

 

偽装殺人事件?

蓮見が任されたプロボノは、

小学校教師のジェニファールイスが、

元夫を殺したとして検察から懲役45年を

求刑されていた事件。

 

事件現場付近で頻発しているカージャック犯の

仕業に見せかけようとした

偽装殺人の疑いがルイスにかけられていた。

 

ルイスの主張

ルイスが蓮見に事件当日のことを話す。

 

元夫のマイケルと車に乗っていると、

突然タイヤがパンク。

 

マイケルが車を降りて確認していると

赤いトラックが後ろに止まり、

目出し帽を被った男が近づいてきた。

 

ルイスがマイケルを助けようと割って入ると、

マイケルが撃たれてしまったというのだ。

 

それが証明できれば、

ルイスの無実を証明することができるのだが、

防犯カメラに赤いトラックは映っておらず、

ルイスから硝煙反応が出たとして、

警察はルイスを容疑者としてすぐに逮捕していた。

 

証拠を外す

その事件は、何か隠されていると

噂になっていたことを知っていたピーターは

そのことを面会に来た蓮見に話す。

 

それがなんなのか調べるると

鑑識報告書にホッチキスがされているのに

1枚しかないことに違和感を感じる蓮見。

 

警察が真犯人に繋がる証拠を隠したのか?

 

蓮見は13年ぶりの法廷で、ピーターの元部下の

佐々木達也(滝藤賢一)と対決。

 

不利な状況の中、蓮見がついに反撃。

証人の刑事に、証拠が事件と無関係だと

判断した時に使う警察用語

“証拠を外す”という意味を質問し、状況は一変する。

 

鑑識報告書を隠したと裁判長に指摘され、

提出を求められた佐々木は焦りまくる。

  

犬の毛

円香みちる(水原希子)が鑑識の知り合いに頼んで

隠されてた証拠を見てくると、マイケルの服に

グレイハウンドの犬の毛ついていたことが分かる。

 

警察はマイケルの犬の毛と判断し、

証拠から外したが、グレイハウンドは

マイケルもルイスも飼っていなかった。

 

その犬の毛から、アルコエクトリンという

関節炎のときに使う物質が検出される。

 

防犯カメラの謎

あとは防犯カメラに

なぜトラックが映ってなかったのか?

 

防犯カメラの映像を2台のパソコンで

見比べているとあることに気づく蓮見。

 

法廷で14日、15日(事件当日)、16日

の防犯カメラの映像を並べる。

 

すると、3日とも同じ時間、同じ場所に

スーパーのビニール袋が舞う姿が映っていた。

 

なんと警備員は、見回りをサボる癖があり、

サボったときは前日の映像をコピーしていたのだ!

 

つまり、事件当日の映像が

存在していなかったことが証明され、

検察側の重要証人の警備員を撃退することに成功する。

 

犯人は誰

事件の時、赤いトラックに乗り、

マイケルを撃った犯人は誰なのか?

 

マイケルの再婚相手のシンディのお兄さん

ダニーは、事件当時ドックレース場で働いていて、

雇い主からトラックを借りていた。

 

そして、ダニーの職場で同じ犬の毛が見つかり、

公訴は取り下げられ、ジェニファーは無罪!

代わりにシンディの兄が起訴されることになる。

 

蓮見の夫は無実?

蓮見の夫のピーターの控訴が受理され、

弁護士は勝てると言ってるんだ!

という留守電を聞く蓮見。

 

蓮見の夫は無実で、

幸せな家庭に戻ることはできるのか...

という場面で1話が終了。

  

スポンサーリンク

 

 

「グッドワイフシーズン1」1話の感想!携帯の着信音の曲は何?

最近、「SUITS」や「ウォーキングデッド」

韓国ドラマの「シグナル」など、

海外ドラマにハマってよく見るんですが、

やっぱり海外ドラマは面白い!

 

なにが日本と違うんだろう?

  

オープニングから、常盤貴子さんが演じる

アリシアが旦那にビンタするシーンがあるんですが、

これが、まぁ強烈で、

あまりの強烈さに吹いちゃいました(笑)

 

私だったらボブサップ戦で倒れる曙さんみたいに

その場にぶっ倒れてると思いますw

 

ここが日本ドラマとの違いなのかも!

日本のドラマでもビンタするシーンがありますが、

ペチンと優しいというか弱いんですよね〜。

 

遠慮なく全力で役に入り込んでるからこそ、

海外ドラマはリアルに感じて面白いんだろうな〜。

 

あとドラマ「SUITS」でも

裁判長が私情を挟んで判決シーンがあるのですが、

グッドワイフでも同じような裁判長がいて、

アメリカの司法制度は公平ではないのでは?

と疑問に思ってしまう。

 

裁判長が、ちょいちょい裁判中に

ユーモアのある話し方をするんですが、

こんな厳正な裁判のときにその発言いります?

と思ってしまうのは日本人的感覚なんだろうか。

 

裁判中のユーモアは疑問ですが、

その他のやりとりはカッコイイ。

 

元夫を殺した罪に問われ、

娘の親権も失いボロボロになったルイスを

アリシアが励ますシーン。

 

ルイス「私は何をすればいい?」

 

アリシア「今できることを。

     ホテルへ行ってお風呂に入って休む

     気が向かなくても着替えて化粧するの

     裁判じゃなくて自分のために

     まずは外見をきちっとしましょう」

 

ルイス「それで楽になれる?」

 

アリシア「いいえ。でも強くなれる」

 

この最後の「いいえ」と言った後に

間をたっぷりとってからの「でも強くなれる」

はシビれました〜。

 

こういうひねりのある返し方は、

海外ドラマの真骨頂。

私もこんな粋な返し方を盗んでいきたい。

 

あと笑いも忘れてません。

蓮見は姑とあまりうまくいっておらず、

姑からの電話だけ着信音を変えてるんですが、

その着信音がウケて、

あの携帯の着信音の曲は何?

あとで調べちゃいましたからね(笑)

 

ティリティリティリティリ〜♫

と誰もが一度は聞いたことあると思うのですが、

分かりました。

 

1959年にアメリカで放送された

ドラマ「The Twilight Zone」の曲でした。

 

この作品は見たことないのですが、

見てなくても姑からの電話が嫌なのが

伝わってくる。

 

世界共通で、感情が伝わってくるなんて

音楽の力を感じさせます。

 

私も嫌な人からの着信音は、

アピールする為にもこれに変えてみようかな?w

 

スポンサーリンク