GJ

芸能情報ブログ

ごめん愛してるの韓国版が泣ける!最終回、日本の律と凜華はどうなる?

 

 

スポンサードリンク

 

 

どうも、GJです!

 

もうクーラー無しでは

生活できなくなってきた今日このごろ。

クーラー以外にもっと経済的で、

画期的なアイテムはないものかねー?

扇風機じゃ、生ぬる〜い風が来るだけだし。

 

アツイと言えば、

韓国で大ヒットしたドラマ

 

「ごめん、愛してる」

ついに日本に上陸ということで書いていきます!

 

 

ごめん、愛してるの韓国版が泣ける

原作は韓国版「ごめん、愛してる」

泣けると話題の作品!

  

主人公のムヒョクって男を最初見た印象は、

チャラ男だなーと思ったけど、

もう最終回を見たら悲しくて涙が出た。 

 

日本でも社会現象になった、

冬のソナタを超える視聴率

韓国で記録したということで、

また韓流ドラマブームがやって来るに違いない! 

 

 

あらすじは、こちら。 

幼いころ母親に捨てられ不遇な環境で

過ごしてきた岡崎律(長瀬智也)。

 

底辺で生きる彼の居場所は

もはや裏社会にしかなかった。

 

そんな暗澹とした日々を送っていた律は、

ひょんなことから一人の女性・

三田凛華(吉岡里帆)を助ける。

 

後に、これが二人にとって

運命を変える出会いとなる…。

 

事件に巻き込まれ怪我をし、

余命宣告されてしまう律。

 

岡崎律を怪物に例えるのは、いき過ぎかもだけど、

一人の女性との出会いをキッカケに

大きく変わっていく姿が、

今やってるフランケンシュタインの恋

と重なりました。

 

 

キャスト

それでは、日本版のキャストを

見てみたいと思います。

 

岡崎律(長瀬智也)

韓国版のムヒョクのワイルドな感じを見てると、

池袋ウエストゲートパークの

マコトを演じた長瀬くんを思い出す!

 

IWGP時代のストリートな感じの

長瀬くんが大好きだったから、

少しでもマコちゃんを思い出せるかもと思ったら、

それだけでワクワクが止まらない😍

愛に飢え、母親への復讐心に燃える男。

 

 

三田凛華(吉岡里帆)

三田凛華って、

最初なんて読むのかなと思ったら、

“みたりんか” 

 

なかなかイントネーションが難しい名前だな。

サトルが好きだけど、

律の優しさにも惹かれていく。

 

罪な女よのぉ〜w

吉岡里帆さんは、清純派だけど、

お笑い番組とか出るとノリも良いし、

字も超キレイだし、

好きな女優さんだから、楽しみ♡ 

 

 

日向サトル(坂口健太郎)

何も知らず、すくすくと育ってきた

ピアニストのサトル! 

 

坂口健太郎さんを見ると、

東京タラレバ娘のKEYを思い出すけど、

このドラマでイメージを更新したい。 

 

 

 ぺクラン(イ・スヒョク)

韓国の闇組織の跡取り息子。

ペクランは律を慕う。

日韓合作になるとは心強い。

韓国期待の若手俳優さんなんだとか! 

 

 

日向麗子(大竹しのぶ) 

律の母であり、サトルの母!

 

大竹しのぶさんを見ると、

さんまさんのモノマネする姿が思い浮かんで、

笑っちゃうのは俺だけかな?w 

  

でも、ドラマになると、

演技力がハンパないんだよね。

 

 

河合若菜(池脇千鶴)

幼いころの事故で、高次脳機能障害になり、

知能が7歳で止まってる。

でも、8歳の息子がいるというミラクルな役。

 

 

古沢塔子(大西礼芳)

大西礼芳さんって、

フランケンシュタインの恋で、

玉名さんを演じてた人じゃん!

 

フランケンで初めて見て注目してたけど、

もう次のドラマってことは、

一流の女優さんになること間違いなしだね。 

 

しかもサックスが得意だから、

もちろんドラマでも生演奏されます! 

 

 

加賀美修平(六角精児)

律の秘密を知るゴシップ記者。

今やってるリバースの武田鉄矢みたいな

不気味な演技が期待できそう。

 

 

三田恒夫(中村梅雀)

凜華の父。 

 

スポンサードリンク

 

 

 

感想 

1話

舞台は、韓国

カジノのボディーガードをするリュウ(長瀬)

 

カバンを盗まれ売られそうになった凛華を助け、

パーティーで撃たれそうになるランも助ける律。

 

命かけて守ったのに、

頭に玉が残ってる状態で、

余命数ヶ月の体になってしまう。

 

組織からも見放されてしまい、

残りの時間を日本に帰り、

母親を探しを奇跡的に再会するも、

サトル(坂口)と暮らす母親から、

拒絶されてしまう。  

 

オープニングから、長瀬くんの声で、

「しっかりしろ、ボケちん」

 

最初はなんのことだか分からなかったけど、

1話見終わって、録画してたのを見返したら、

オープニングから号泣

 

だって、長瀬くんいなくなったあとからの

スタートとか悲しすぎるでしょ。

これから、律がいなくなるまでの過程を

見せられるとか胸が苦しい。

 

そして、このドラマはとにかくイケメン祭り!

いつもオールバックなのに髪を下ろした

長瀬くんも新鮮だったし、

可愛い顔してるのに腹筋バッキバキの

ギャップがすごいラン(スヒョク)の色気に、

体は細いけど絞れてるサトルの裸と、

男から見ても目の保養になるレベル。

 

サトルがピアノを弾くシーンがあるけど、

あれ、ガチで弾いてるってフレンドパーク言ってた!

 

幼稚園とか小さい頃にやってたって言ってたけど、

あんなに普通できないでしょ

ピアニスト目指してたら絶対なれただろうな。

 

「外で寝たら全員ホームレスか?

 黙って寝ろ」

 

シングルのオンボロマットレスに

あんな美女と寝て、何もないって

宝くじ当てるぐらいの奇跡でしょ!

 

そして起きたら、荷物を取り返してくれてて

携帯のムービーで、

「しっかりしろ、ボケちん!」

男だけど、完全に惚れた❤︎ 

あのオンボロマットレスで、

めちゃくちゃにされたいw

 

池脇千鶴、ポッチャリしてたけど、

「りっくん」

って、慕ってくる姿の若菜可愛すぎ!

  

母ちゃんと感動の再会を予想してたのに、

会ってみたら、出て行けーと罵倒される。

でも、これは律が悪いよ。

 

「母ちゃん!」 

って、自分が息子だってことも伝えず、

家に乱入してきたら不審者だって。

  

そして、主題歌が宇多田ヒカルっていうね!

韓国版の雪の華が良いと思ってたけど、

宇多田の曲なら納得だわ!

Forevermore」って曲だけど、

意味調べたら、「永遠に」

これもまた切なさを増させる(泣)

 

 

2話

律は、自分は母ちゃんと不倫相手の子で、

捨てられた事実を知るも、

毎日、日向家の前に通う律。

 

凛華に、サトルの運転手にならないか

と誘われる律だったが・・・

  

「ホットドックは売っても自分は売るな」 

そうだよ、若菜そんなこと絶対するな!

魚〜、じゃねーぞ。

そんなところを魚が見たら終わりだぞ!

てか、ウシジマくんの江崎(やべきょうすけ)

じゃねーかよw

 

履歴書やばかったw

「漢字は嫌ぇーなんだよ」 

って、それでもヒドイ。

 

律が大事に持ってた指輪は、

麗子(大竹しのぶ)が持ってたことが判明。

ということは、間違いなく母ちゃんだ!

 

塔子がなぜか川に飛び込むシーンは、

お前らCM撮影中に何やってんだ!って、

CM作ってるスタッフ目線で見てたら、

イライラしたw

塔子、頭おかしいだろ。

 

サトルは心臓が悪いから冷たい水で

発作を起こすも、命の恩人となり、

運転手になれたリュウ(長瀬) 

 

若菜にコウノトリの例え話をし、

自分がどうしたらいいのか、

探ろうとするシーンは良かった。

 

「妹は助かったんでしょ

 良かったねと思う」

 

これは、母ちゃんを憎む律を

支えてくれる言葉になるだろうな。

 

そして、ラストはマーキングする

チャン(長瀬)とボケちんのところに、

やってくる凛華のお父さん!

あれは、いろんな意味で驚きだったわw

てか、マーキングすなw

 

3話

ボディーガード兼 運転手となった律。 

サトルは塔子に

プロポーズしようとするも・・・

   

律と一緒だったことに凛華のお父さん

超動揺してたけど、あんな態度したら、

娘も何かあるんだろうなって勘付くから、

逆効果だろ。

バカな親父だなw

 

自分が亡くなった後に、

すぐに忘れられるのはちょっと寂しい

って、呟く長瀬くんを見て、早くも涙が出る。

俺も生きてたぞ!って証を残せるよう、

続けられるだけブログを書いていくぞ。

  

風船に指輪を入れるっていうので、

落ちた指輪をハメちゃうところが、

女心ってやつか。

また高そうな指輪だな!

 

好きな人が、自分のことを見てくれない

ことほど、悲しいことはないよね。 

 

苦しいだけだから、そんなところ

離れてしまえばいいのにと思ってたら、

ちょうど辞めると言い出す。

 

ひざ枕をして、子守唄を歌ってくれ

と愛に飢えてる律を見てると、

また泣けてくるなんて思ってたら、

ボケちんとキスってズルいわー❤︎ 

 

 

4話 

サトルのマネージャーを辞めて、

アメリカに行こうとする凛華だったが、

サトルと抱き合ったとこをスキャンダルとして

取り上げられてしまう。

 

元気なことから、医者の誤診だと

思い始める律だったが、余命3ヶ月だと知る。 

 

サトルの女、いきなり律にチューとか

何考えてるんだ!とイラっとしたら、

「バカか、お前は」

って言う長瀬くんカッコよすぎだから。

 

「私にそばにいてほしいわけ?」

「そうだよ。

 お前がいなくなると、俺は寂しい」

 

素直に自分を伝える律に男として憧れる。

 

「プーーーーーーー」

ハンドルに倒れこむ律は見てられなかったな。

やっぱり、体を蝕んでたんだな。

 

そして、最後に律が鼻血

ヤバいよ、誰か助けてあげてー!

 

 

5話

第二章がスタート!

「一日一回はいいことをする」 

そうやって一日を大切に生きていく。

そして自分の命が短さを悟った律。

一方、サトルは塔子と結婚する流れに。 

 

若菜、ホットドックまた売ってる!

祭りじゃないんだし、また江崎が来るぞ

と思ったら、やっぱりきた。

 

勝手に出店出してたら、怖い人が出てくる

ってことなのか?

でも、働けないからやってたんだよな。

 

ボケちんの紹介で、サトルの家でバイト始めた

若菜から、律の正体がボロボロ漏れてしまう。

しかも、ルビーの指輪を盗んだと疑いをかけられ、

服を脱がされそうになったりと

ボケちんの優しさがアダになってしまう。

 

そして、ルビーは普通に床に落ちてるっていう。

謝りに来んかーい(怒)

このドラマ見てると、大竹しのぶが嫌いになっていく。

 

そして、最後、律と凛華がアツい抱

意外と甘えん坊な律と母性溢れる凛華。

そんな二人を目撃しちゃうサトル。

嫉妬からの結婚無しパターンもあるか?  

 

 

6話

30年前の不倫、隠し子報道をされ、

マスコミに追われる麗子は、

記者会見をする。

 

マスコミから守るためとはいえ、

お母さんを抱きしめた律に、

早速、目頭が熱くなった。

 

記者会見で、不倫相手との子は、

亡くなったと嘘をついてたけど、

ジャーナリストの加賀美がいる。

六角精児の粘着な姿が良い味出してる!

 

海を見に行って、砂浜に文字を書く二人。

まるでカップルみたいで微笑ましかった❤︎

でも、綺麗な夕日もう見れないんだろうな、

みたいな遠い目で見ないで律(泣)

 

そして番組ラストに、律が体悪くなるの、

心臓に悪いから辞めて〜(涙)

それと、サトルが事故

薬飲んでないのに車乗っちゃダメだよ〜。

病院に運ばれ、心停止で、心臓マッサージ。

サトルぅーーーーーーー泣

 

 

7話

なんとか一命は取り留めたサトルだったが、

心臓移植が必要と診断される。

 

サトルの事故までも律のせいにするなんて 

大竹しのぶの暴れん坊ぶりが止まらないw

 

律が魚に通帳渡す。ということは、

日本で受けた検査でも、余命が短いってことか。

コードブルーの山P呼んできたら

絶対なんとかなるって!

 

任天堂スイッチを魚に買ってあげてたけど、

どこにも売ってないから欲しいと思ってしまった

ゲスな俺をお許しくださいw

 

「どこにも行かないでよ」 

って、泣きながら言う魚は見てられなかったな。

律もずっとここにいたいだよ。 

 

サトル、心臓移植が必要だと・・・

これで最終回までの道筋が見えた気がした。 

 

「飯を食うか、俺とキスするか」

 これは長瀬くんの名言集に刻まれたな。

世の女性が全員カツ丼を食わずにキスと叫んだだろうな。

あれだけカッコよかったらそうなるって。

 

サトル、意識戻って凛華がやっぱ好きって、

塔子にゾッコンだったくせに、よく言えるなと思った。

もう遅ぇーからな(怒)

 

でも遅かったのは凛華もだった。

サトルの看病とかしてる間に、

律の心も離れてしまっていた。

 

残りの時間をどう使うか悩む律。

凛華と過ごすか若菜と魚と過ごすか。

個人的には、律は、若菜と魚といる時が

一番幸せそうに見えるけどな。

 

あと、長瀬くんの意識飛んでぶっ倒れる演技が

リアルすぎて怖いぐらい上手かった。

 

 

8話

韓国のランが撃たれたという

知らせを受け、韓国へ帰ろうとする律。

名医による手術で、治るかもという

希望が見えたのだが・・・。 

 

ボケチンを好きじゃないって、

律は、自分の命は短いから、

ぼけちんとサトルが一緒になった方が

幸せなんだって思っての発言だったんだろうな。

 

韓国のランが撃たれたから、

戻ってきてくれって、律も時間が無い・・・。

でも、ランがアメリカの名医を探し、

律の手術が出来るという希望の光が!

 

やべー、生きられるって思うだけで、

涙が出てきそうだったのに、

全て嘘だったなんて、あのやろー(怒)

律の心をもてあそぶんじゃ無いよ!

って、初回で律が亡くなるのは、

ネタバレしてたから覚悟はできてるけどね。

 

ガチャの豚さんとパンダをお互い

あんなに大事に持ってるなんて、

なんて清い恋なんだ。

豊かな今の日本で、バックや宝石以外で

こんなに喜ぶ子なんていないでしょ。

 

最後、韓国に飛ぼうとする律を止めるボケチン。

そして、倒れるサトル。

「俺が心臓をやって、あいつを助けてやる」

やっぱ、そのパターンになるよなー。

 

このままじゃ、誰も幸せになれない結末になりそう。

それを回避するためには、

やっぱり律に生きてもらわないと!

 

  

9話

加賀美が大竹しのぶに

粘着する理由が明らかに!

 

そして、律の余命少ないことを

知った凛華は・・・。 

  

「俺は弟に心臓をやることを決めた」 

って、世界一悲しい自撮りをする律。

不公平だろって気持ちも言ってたけど、

俺が女なら、抱きしめてあげたい。

 

心臓もらえると知ってから、

最新家電などを若菜の家に送ってくる

大竹しのぶ。それが逆にムカつくわ(怒)

 

加賀美が大竹しのぶを嫌う理由は、

大竹しのぶの不倫相手が、加賀美の姉と結婚してて、

不倫に悩んで、精神的に苦しみ悲惨な人生を

歩んだから、その復讐をしようとしていた。

だけど、律の言葉に泣き崩れる。

 

「僕の方が、リュウさんより長生きする

 リュウさんなんかより、

 凛華を幸せにできる!」

 

「凛華は、お前に任せる」

 

サトルは律の本心を引き出そうと煽ってたけど、

これが律の本心なんだろうな。

ボケちんを愛してるからこその決意。

 

律を追っかけてきた凛華だったけど、

「ごめんなボケチン」という

置き手紙を残し、出て行く律。

 

次が最終回かー。

律が息子だってことを未だに知らないのは、

大竹しのぶだけになったな。  

 

 

最終回

どんどん体の調子が悪くなってくる律。

律は最後をどう生きるのか? 

 

ボケちんの律がいなくなった後のことを

話すシーンは切なかったな〜。

 

「あなたがいなくなったら一ヶ月は泣く

 三ヶ月ぐらいは辛くて、眠れないかも

 でも、半年もしたら、

 テレビのお笑い番組見て笑ったり

 美味しいもの食べて美味しいな〜って思ったり

 そういういつものボケちんに戻るから」

 

でも、それがボケちんらしいし、

安心して律も逝けると思った。

 

人間どんなに辛いことがあっても、

お腹は減るんだなってシーンを

いろんなドラマで見てきた気がする。

 

あと驚いたのが、

サトルは大竹しのぶの息子じゃなく

養子だったということ!

そして、大竹しのぶは死産だったと思い、

律の存在を認知してなかったということ!

 

「なんで今更そんなこと言うんだよ!

 もっと生きたくなんじゃねーかよ」 

 

律の心境を思うと、泣けてしょうがない場面だった。

最後、律は大竹しのぶに料理を作ってくれと

頼むシーンは、韓国版に比べたら愛があって

ホッとした。

 

大竹しのぶがピアノを弾き、

ものすごく穏やかに笑いながら

聞く律を見ると涙が止まらなかった。

 

「しっかりしろ!

 ボケちん!」

 

そして、ラスト、韓国版とは違い、

前を向いて生きていこうとするボケちんだった。

 

いやー、律が亡くなる前提で進んでいく

ストーリーを見ていくのは辛かったけど、

良いドラマだったな〜。

 

 

最終回、律と凛華はどうなる?

※かなりネタバレしてるから注意。

 

 

すぐ気になっちゃうのが最終回!

ドラマの醍醐味を無視して、

気持ちが高ぶりすぎて、

韓国ドラマのセレクト動画を見てしまった。 

 

キャストを日本版にすり替えて書くと、

律(長瀬)の余命が短いのを知り、

泣きながら愛を叫ぶ凛華(吉岡)。

 

サランへー

サランへーーー!!!

 

日本語で言うと愛してる!と

連呼しまくるシーンは

言葉の壁があっても

伝わってくるものがあった(泣)

 

もう凛華には会わない約束をし、

街を去る決意をする律。

でもその前に、お母さん(大竹しのぶ)

に会いにいくんだけど、

対応が、まあヒドイ。

 

最後にお母さんの手料理が食べたいと

ご飯を作ってもらうんだけど、

くそマズそうなインスタントラーメン。

 

麺も唇で切れそうなくらい伸び伸びなのを

涙を流しながら食べる姿は

見てられないよ(号泣)

 

復讐をしようと思ってたのに、

最後は、母親に感謝するとか

律、お前ってやつは、良いやつだな。

 

そして、律はその後

バイクで事故り、天国に旅立つ(うっう泣)

 

もっと悲しいのが、律がいなくなって1年後。

律のお墓を訪ね、側で寝る凛華。

そばにいたいよねと思ったら、、、

薬みたいなビンが転がってて、

救急車が駆けつけるって、

 

凛華ー!

お前も逝ってんじゃないよー(泣)

 

悲しい結末になってしまったけど、

見方を変えれば、

天国で仲良くしてる2人の姿が目に浮かぶ

というラストでした。 

 

それと、主題歌が重要! 

韓国版は、中島美嘉の「雪の華」を

韓国語でカバーした曲が流れるんだけど、

これがまたいいんだ♪

 

 

パクヒョシンって方が歌ってるんだけど、

日本のドラマでも、絶対に雪の華にした方がいい!

これだけは、ドラマ制作の人にお願いしたい!