GJ

芸能情報ブログ

ドロ刑1話!原作とは違う仕上がりもケンティー可愛いと評判は上々?

f:id:yuhei2261:20180911140738p:plain

ドラマ「ドロ刑」が

2018年10月13日からスタートしました!

 

原作とは違う仕上がりも

ケンティー可愛いと評判は上々?

  

この記事では、ドロ刑1話の

ネタバレを含んだあらすじと

感想をまとめています。

 

gj.hatenablog.jp

 

目次

  

スポンサーリンク

 

 

ドロ刑1話のネタバレあらすじ  

「ドロ刑」1話のあらすじを

ネタバレ有りで書いていきます。 

 

煙鴉

「僕はここだよ」

 

厳重なセキュリティーの家の

カギを壊すことなく侵入し、

金庫から現金200万円を盗み出した犯人。

 

残されたのは、

微かに残った嗅いだこともない良い匂いだけ...

 

捜査三課の刑事・皇子山隆俊(中村倫也)は、

誰も見たことない伝説の泥棒、

煙鴉(遠藤憲一)の犯行と確信する。

 

班目勉

電車で、スリに遭遇した班目勉(中島健人)。

音楽に夢中になり、

財布を盗まれたことに気づかず、

市民が捕まえてしまう。

 

「ここ警察来ます?」

ふらりとバーに入り、偶然いた客の煙鴉に

今追ってる“キツツキのマサ”などを

ペラペラ喋っちゃう班目。

 

警察なのに、

今時の若者と変わらない班目に

呆れながら帰ろうとする煙鴉に、

「お疲れっす、煙鴉さん」と言う班目。

 

現場に残ってた匂いと同じ匂いがしたと

話したあと、

「証拠を残さないから逮捕できないじゃん

 オフなんで、また何かありましたら」

と、飄々と話してのけるのだった。

 

キツツキのマサ

大物の空き巣泥棒“キツツキのマサ”こと

瀬戸正次郎(高橋克実)を宝塚瑤子(江口のりこ)

と張り込む班目。

 

外に出る瀬戸を追いかけるも、

一瞬で警察だとバレてしまった班目は、

キツく怒られることに。

 

バーで落ち込む班目を見て、

いてもたっても居られなくなった煙鴉は、

「俺が捕まえさせてやる」と班目を連れ出す。

 

瀬戸を捕まえる班目だったが、

瀬戸はまだ犯行前だったことで、

捜査員たちのこれまでの捜査が台無しに。

 

ケムさんを逮捕?

煙鴉に特訓してもらった班目が、

瀬戸の取り調べをする。

 

一流の泥棒だと自信満々の瀬戸に、

上には上がいると煙鴉の話をする。

 

取り調べ終盤、

瀬戸のことを聞いてるフリしたり、

落ち込むような演技をして、

ケムさんの音声を全て録音し、

ケムさんを逮捕する...

 

瀬戸にはもう用がないと話すと、

俺を舐めるなと、

犯行方法を披露してしまった瀬戸は、

言い逃れできない状況になるのだった。

 

スポンサーリンク

 

 

ドロ刑1話の感想!原作とは違う仕上がり

原作漫画を読んでるので、

どうしても比べながら見ちゃったのですが、

原作よりだいぶコミカルになってる印象でした。

 

渋いはずの煙鴉がケムさんと呼ばれちゃうし、

班目は、かなりチャラい。

 

どうしても原作と違うんだよな〜と

引っかかってしまいました。 

 

 

原作漫画の「ドロ刑」は、コチラ。

気になった方はぜひ。 

 

原作の煙鴉と班目についての感想も

書いてみたので、ぜひ^^ 

gj.hatenablog.jp

 

gj.hatenablog.jp

  

Twitterの反応、評判は「ケンティー可愛い」 

ドロ刑1話を見て、

みなさんがどう思ったのか

Twitterでの評判や反応を見てみました。  

 

 

 

 

 

 

ケンティーが可愛いという声が溢れ、

評判は上々のようです!

 

一方、原作を読んでる人からは、

全く違うと違和感を感じる方もいて、

私も同じ気持ちでした。

 

原作を読んでなかったら、

もっと素直に楽しめたのかなー? 

 

明日の視聴率を見て、

ドロ刑の評判を見極めようと思います。

 

スポンサーリンク