GJ

芸能情報ブログ

【ドロ刑】原作の煙鴉の本名と閉所恐怖症に隠された過去とは?

f:id:yuhei2261:20180911140738p:plain

ドラマ化が決定した漫画「ドロ刑

 

魅力的で謎だらけのキャラクター

煙鴉(けむりがらす)がカッコよすぎるんです!

 

本名も何も分からない煙鴉がどんな男なのか、

原作からまとめてみました。

  

gj.hatenablog.jp

 

目次

  

スポンサーリンク

 

 

【ドロ刑】原作の斑目勉について

 「ドロ刑」の原作漫画に登場する煙鴉について、

気になったシーンなど感想を書いていきます!

 

※ネタバレ要素もあるので、ご注意ください。

 

煙鴉の本名はハルト?

名前、本名すら分からないという

謎だらけの泥棒、煙鴉。

 

原作漫画で煙鴉本人が名前は“ハルト

だと名乗るシーンはあるが、

それが本名なのかは不明

 

本名だとしても下の名前だけで、

苗字が何なのかはまだ謎に包まれています。

 

圧倒的泥棒スキル

現場には何も証拠を残さず、

唯一残すのはタバコの煙だけという

存在するのかどうかすら分からない

伝説的泥棒の煙鴉。

 

3年前に高級住宅を連続で狙い、

一番高い宝石だけを盗んでいくという事件があり、

その犯人が煙鴉の仕業だと疑われていた。

 

煙鴉がこのおじさんなのかも

まだ確定してるわけじゃないのですが、

手錠を5秒で外したり、

すれ違いざまに一瞬で相手の物を盗んだりと

只者じゃないのはビシビシ伝わってきます。

 

班目との関係性はルパンと銭形

ドロボウだと疑われても決して否定せず、

軽く受け流す余裕すら見せる煙鴉の姿は、

私には、まるで白髪のルパンのように見えました。

 

そしてドロボウだと認識しながら、

仲の良いコンビのように捜査する班目は銭形

 

敵だけど仲間、仲間だけど敵というのを

たまに忘れそうになるような

一瞬が見られる場面が好きです。

 

班目勉の存在を待っていた?

ルパンと銭形に例えましたが、

ドロボウからすると

一番警戒するのは刑事のはずなのに、

お前が煙鴉だろうと班目勉に言われた時に

喜びすら感じている煙鴉が衝撃的でした!

 

ルパンのいない銭形が想像できないように、

煙鴉も自分を追いかけてくれる誰かを

ずっと待ってたんだろうなと思いました。 

 

そして、班目の前になんども現れ、

捜査のアドバイスをして成長を

楽しんでいるようにも見えました。

  

スポンサーリンク

 

 

心のよりどころはオカマバー

班目に出会う前。

 

煙鴉の心の拠りどころ

となっていた場所はオカマバー

 

ゴリゴリマッチョのマスターは、

煙鴉のことをハルさんと呼ぶ。

 

このゴリゴリマッチョは、

シティーハンターでいうとこの海坊主のように

煙鴉の仲間だったりして(笑)

 

ハルさんは宝石好きだと

マスターが班目に話しちゃって、

よりハルトが煙鴉なんじゃないか

と疑いが深まるが果たして。

 

閉所恐怖症に隠された過去とは

前に捕まえた犯人のバックについていた

千家組という組織に班目刑事と一緒に

拉致されてしまう煙鴉。

 

目をさますと狭い牢獄のような場所にいて

閉所恐怖症のようなリアクションを見せる。

 

その後、「ここはあそこじゃない」

自分に言い聞かせながらも、

息苦しさと吐き気を感じ、

パニック発作を起こしてしまう。

 

煙鴉に隠された過去は、

まだ現時点では明かされていません。

 

ドラマ版は遠藤憲一

ドラマで班目勉を演じるのは、遠藤憲一さん!

 

ちょっと白髪混じりな髪型にしてるし、

渋さは原作の煙鴉と同等かそれ以上で

ぴったりのキャストだと思いました。

 

力の抜けた感じが

渡部篤郎さんとかハマりそうだなと思ってたのですが、

遠藤憲一さんも大好きなので楽しみです! 

 

 

原作の煙鴉が気になるという方は

ぜひ「ドロ刑」で確認してみてください。

  

スポンサーリンク