GJ

芸能情報ブログ

dele/ディーリー7話の真犯人は誰?菅田将暉の妹の死の理由とは。

f:id:yuhei2261:20180908002742j:plain

 dele/ディーリー7話見ました。

 

賛否分かれる胸糞悪いエンディング。

 

真犯人は誰だったのか?

 

「dele/ディーリー」第7話のネタバレを含めたあらすじと感想を書いてみました!

 

スポンサーリンク

 

 

目次

  

【dele/ディーリー】7話のネタバレあらすじ

笹本隆(西ヶ谷帆澄)の死亡確認を取ってきた祐太郎(菅田将暉)。

 

名前を聞いて首を傾げる坂上舞(麻生久美子)。

 

笹本隆は、8年前に埼玉で起きた毒物混入事件で死刑判決を受けた笹本清一(塚本晋也)の息子だったのだ。

 

消そうとしているデータの中に事件に関わる何かが隠されてるかもしれないと圭(山田孝之)にファイルを開かせる舞。

 

動画を開くと、笹本ではない別の男がウォータークーラーに毒物を入れる姿が映っていた!

 

この動画があれば判決が変わるかもしれないからと持って行こうとするが、それは契約違反だと止め、姉弟喧嘩を始める。

 

まずは調べてみようと祐太郎が提案し、調査を始める。

 

祐太郎はビストロプルミエという飲食店に入り、動画に映っていた男の画像を見せ、上野兼人(Mummy-D)からその男が市会議員の宮川新次郎(千葉哲也)だと特定する。

 

商店で認知症のおばあちゃんを助けた祐太郎。おばあちゃんはビストロプルミエの上野のお母さんだった。

 

祐太郎をさっちゃんと呼んでいたが、さっちゃんは8年前の毒物事件で亡くなった上野の妹で、お母さんはそのことを受け入れられずにいたのだ。

 

上野から、宮川が土木会社の中山という男から強請られてるところを見たという証言を得る。その中山という男は毒物事件で亡くなっていた。

 

圭は宮川の元を訪ね、あなたがウォータークーラーに何かを入れたという証拠があると率直に話す。

 

ジュースの粉末を入れただけだと話す宮川。

 

動画には宮川は粉末の匂いを嗅ぐ姿が映っていて、青酸カリだと分かっていたらそんなことはしないはずだから、別に犯人がいると圭は考えていた。

 

宮川の娘は、8年前宮川が事件で亡くなった女の子の母親と浮気しているのを目撃し、信用できなくなっていた。

 

圭は上野の携帯の情報を盗み見ると、そこには宮川が不倫している画像が見つかる。

 

宮川は市議会議員選で不正をやって当選した可能性があると話す舞。

 

隆が撮影した動画には、出て行けと住人から罵倒される映像と、隆が毒を持っていたというのが分かる動画が見つかるが、毒ではなく持病の薬だと証言する笹本清一。 

 

何人もの住人に動機と犯行が可能だったことが分かってきて、犯人候補がたくさん出てくる。

 

そんなとき笹本隆の死刑が執行されてしまう。

 

事件を暴いたところで笹本は生き返らない。

 

街は平穏を取り戻し、圭はこれ以上調べることは辞め、データを削除する。

  

スポンサーリンク

 

 

dele/ディーリー7話の感想!真犯人は誰?

犯罪者の親を持つ子供の苦悩と、誰にでも隠したいことがあるし、動機があるという怖い話でした。

 

和歌山毒物カレー事件をモデルにしてるようなストーリーで、あの事件は今も無実を主張してるけど、真相はどうなのか?というところが今回のdeleと被る。

 

真犯人は結局誰だったのか?

 

f:id:yuhei2261:20180908002800j:plain

この少女がよそから来た人に飲んだら死んじゃうよと言われたという。

 

よそから?

 

住人じゃない違うところから来た誰かが真犯人?

 

この女の子に異常にジュースを進めるおばさんも怪しい。

 

菅田将暉くんが最後「すっげー気持ち悪い」って言ってたけど、本当に犯人が分からないという胸糞展開でした。

 

ただ、こういう色々考えさせられる終わり方が大好きです!

 

真犯人が誰なのかは残念ながらたどり着けなかったのですが、誰もが犯人になりかねないというのを伝えたかったのかもしれませんね。

 

それと祐太郎の妹が気になる。

 

最終回に妹の死の理由が明らかになるのかという次回予告だったけど、、、え!8話で最終回なの!

 

こんな面白いドラマなんだから、せめて10話までやってほしかった。

 

スポンサーリンク

 

  

みんなの感想!

dele7話を見てみなさんがどう思ったのかTwitterを見てみました。 

 

「dele 怖かった。間違える怖さ。 誰もが犯人かもしれない怖さ。 外の人、誰だったんだよ:(´◦ω◦`): 解決できない、力が及ばないことがあること。その気持ち悪さと怖さ。」

 

「すごく面白かった…犯人は結局あの人なんだろうけど、うわべだけ見れば平和な人達がそれぞれ暗い側面を抱えてる構図そのものはとても身近 だからこそ気味の悪さを生々しく感じた」

 

「今までで一番気持ち悪い回だった。犯人は疑わしいとされる全員かもしれないし、最後のジュースをすすめる女性かもしれない。あの女の子が飲んでないことを信じるしかない、「よそから来たひと」おそらくタカシに言われたことを守って。こんなにはっきりしない回は初めてかもね。気持ち悪い。」

 

「うあー、すごい気持ち悪い!! ぞくぞくする。 だれが犯人かどうかトリックを暴くとこでなく、闇を描いてる闇と共に生きてる街を描きたかった? 昔、芝居仲間が、「わからないけど、おもしろかったからもう一度見たい」と言われる作品つくりたいと言ってて、それ、まさにこれ!」

 

みなさんも犯人が分からなくて気持ち悪いと言われてました。

 

それを面白いという人もいれば、本当に気持ち悪いだけで終わってたりと賛否分かれる感じでした。

 

でも、ドラマを見終わった後に何か気になる、引っかかる部分がないドラマって面白くないと思います。 

 

dele、最高だ。