GJ

芸能情報ブログ

大恋愛1話のネタバレ感想!侑市(松岡)がアルツハイマーを治す?

戸田恵梨香さん、ムロツヨシさん主演の

ドラマ「大恋愛〜僕を忘れる君と」の1話が

10月12日からスタートしました!

 

もし恋人が若年性アルツハイマーにおかされたら

自分はどうするんだろうと

考えさせられる作品に仕上がっていました。

 

若年性アルツハイマーが疑われる尚を

侑市(松岡)が治す? 

  

この記事では、大恋愛1話の

ネタバレを含んだあらすじと

感想をまとめています。

 

目次

 

スポンサーリンク

 

 

大恋愛1話のネタバレあらすじ  

「大恋愛」1話のあらすじを

ネタバレ有りで書いていきます。 

  

尚の婚約者 井原侑市

2013年5月。 

KITAレディースクリニックで働く

北澤尚(戸田恵梨香)34歳。

 

彼女はいつも走っていた。

 

尚は、ワシントン中央医科大学の

アルツハイマー病トランスレーショナル研究室

で働く年上の医師、井原侑市(松岡昌宏)と

お見合いをし、6月の結婚に向けて、

ウエディングドレスを着たりと準備を進めていた。

 

「砂にまみれたアンジェリカ」

結婚に向けて、引っ越しをする尚。

 

そこにいた引越し屋でアルバイトをする

間宮真司(ムロツヨシ)は元小説家で、

自分が書いた「砂にまみれたアンジェリカ」が

荷物の中にあり、驚く。

 

尚は、その本が大好きだったのだ。

 

運命的出会い

尚が好きな黒酢はちみつドリンクが、

新居と実家に届き、不思議に思う尚。

 

尚は、患者の黒田あや(室井佑月)が、

結婚祝いに来週ケーキを送ると言っていたのに、

そのことを忘れていて、同僚から驚かれる

 

真司がダンボールの回収にやってくると、

上の階から水が漏れてきていて

一緒に上の階の人に会ってもらい

真司に助けてもらう尚。

 

濡れた「砂にまみれたアンジェリカ」を拭きながら

暗記するほど、この本が好きなんです!と

真司に話す尚。

 

お礼がしたいということで、

一緒に食事をすることに。

 

「結婚しなくても子供は産めるんですよね〜」

尚は、自分の結婚観を改めて考えると、

疑問な部分も持ちながらも、お店に到着。

 

本への愛を語る尚。

店員が喋ってる姿に真司がアフレコし、

終始笑っていた尚は意気投合し、

連絡先を交換して、さよならする。

 

本気の恋

またご飯行こうと誘う尚だったが、

結婚するんでしょと突き放す真司。

 

同じ店で待ってると強引に食事へ誘うも、

真司は現れず、1人で食事をする尚。

 

尚が帰ろうとすると、

真司は、ずっと店の外で待っていたのだ。

 

本の内容を話して歩く尚に、

「俺が書いたから」と、ついに正体を明かすと、

「間宮真司なのね!」と喜ぶ尚。

 

2人は、ベンチで朝になるまで話し合う。 

 

燃え上がるような恋をしたことなかった尚が、

初めて恋に落ちる。

 

快速特急 

同僚の沢田柚香(黒川智花)に相談すると、

どっちにするか、早く試した方がいいと

アドバイスを受けた尚は、

職場まで会いに行き、食事に誘う。

 

食事をしたあと、尚から誘い真司の家へ。

 

「何もしないの?」

 

「快速特急、本当に降りられんの?

 降りたとしても道じゃないよ。砂漠だよ。

 砂漠を歩けるの?」

 

「歩く」

 

そう言って尚はキスをし、夜を共にした。

尚は、真司と明日別れたとしても

結婚を辞めることを決意する!

 

婚約解消

侑市に別れるため電話をしようとするも、

母親の薫(草刈民代)が電話を取り上げ、

引き返すよう説得するが、尚の気持ちは変わず、

好きな人ができたから婚約を解消してくれと頼む。

 

侑市は、結婚の1ヶ月後までに別れてくれれば

目をつむると話し、会って話し合おうと言う。

 

病院を逃げるように飛び出して、

真司の家に行くも、合鍵を作ったことを忘れ、

尚は、家の外で真司の帰りを待っていた。

 

事故

新作が読みたいと真司に話し、

一緒にアップルパイを食べる。

 

尚は泊まるつもりだったが、

今日は帰った方がいいと帰らす。

 

次の日、尚はスーパーに寄ったあと

真司の家へ向かう途中、

猛スピードで走る自転車と衝突し、病院へ運ばれる。

 

大きなケガはなく、帰ることができた尚は、

黒酢ドリンクを見つめると、真司の家へと走り出す。

 

その時、侑市は日本に帰ってきて、病院へ。

偶然、尚のMRI画像を見た侑市は、

MCI(軽度認知症)じゃないか?と疑い、

患者の名前を見て驚くのだった。

 

スポンサーリンク

 

 

大恋愛1話の感想!侑市(松岡)がアルツハイマーを治す?

結婚を控えた段階で、運命的出会い。

一般の人がこの状況になったら、

どっちを取るんだろう?

なんて思いながら、見てました。 

 

もし自分が、ムロツヨシ、戸田恵梨香

どっちの立場になっても非常に悩ましい。

 

条件的には松岡くんの方が良いのに、

ムロツヨシを選んだ。

 

快速特急と砂漠の例えが秀逸でした!

運命的な恋を選び、幸せ絶頂のタイミングで

まさかのアルツハイマーなんて辛すぎる。

 

ただ、松岡くん演じる侑市が

アルツハイマーを専門に研究していたので、

きっと松岡くんが治してくれますよね?

 

ね? 

 

どこか ユースケサンタマリアさんが演じた

アルジャーノンに花束を」を思い出しました。

 

知的障がい者のハル(ユースケサンタマリア)が

手術を受けて、超天才になるという作品で、

この作品は、天才から元に戻っちゃうんですが、

その途中で、色々忘れていく姿が、

これからの尚(戸田恵梨香)に重なるように思えて

早くも辛くて泣きそうです。

 

忘れられるって、一番怖い。 

 

Twitterの反応、評判は? 

大恋愛1話を見て、

みなさんがどう思ったのか

Twitterでの評判や反応を見てみました。  

 

 

 

 

 

面白いという声と、まだ泣いてないけど、

これから泣けそうという声もたくさんありました。

 

今は、物忘れ程度ですが、

これからいろんなことを忘れていき、

ムロツヨシさんのことを忘れていくのを想像したら、

とにかく辛いです。

 

どこか救いのある展開を期待したいところですが、

なかなか難しいかもしれませんね。

 

面白いという言い方が合ってるか分かりませんが、

2話も楽しみにしてます。

 

gj.hatenablog.jp

 

スポンサーリンク