GJ

芸能情報ブログ

【ブラックスキャンダル】最終回ネタバレ!山口紗弥加が復讐すべき黒幕は松井玲奈!?

f:id:yuhei2261:20181003183304p:plain

山口紗弥加さんが主演する

ドラマ「ブラックスキャンダル」 

 

芸能界の闇の力により

地獄に堕とされた女性の復讐劇ということで、

ドロドロしたドラマが大好物の私としては、

こういうのを待ってました! 

 

この記事では、

ブラックスキャンダルの最終回までの

結末と黒幕が誰なのかを

ネタバレしていこうと思います。

 

見逃した人はHuluでどうぞ。

  

目次

  

スポンサーリンク

 

 

ブラックスキャンダルのネタバレあらすじ

2話

5年前の会見で、やってもいない

浮気の相手役として謝罪した

棚城健二郎(波岡一喜)を

矢神亜梨沙(山口紗弥加)が追い詰めていくが...

 

gj.hatenablog.jp

 

1話

偽りの記者会見をさせられた

藤崎紗羅(松本まりか)は、

整形して矢神亜梨沙(山口紗弥加)

という別人へ。

 

最初のターゲットは、

5年前の記者会見を仕切った

五色沼仁(袴田吉彦)という男だった...

 

gj.hatenablog.jp

 

ブラックスキャンダルのあらすじ

清純派女優として

事務所の顔でもあった藤崎紗羅(松本まりか)

  

しかし5年前、

全く関係の無い不倫スキャンダルをでっち上げられ、

謝罪会見を開くことに。

 

それにより彼氏も失い、

紗羅の母親は、マスコミや世間からの

誹謗中傷に耐えられず命を絶ってしまう。

 

「藤崎紗羅の人生は終わったんだ...」

 

全てを失った紗羅は、整形で顔と声を変え

矢神亜梨沙(山口紗弥加)という

別人となり、復讐を始める...

  

やってもないことを謝罪する姿から、

痴漢の冤罪映画

それでもボクはやってない」が頭に浮かびました。

 

自分は無実なのに罪を被らされる姿と

山口紗弥加さんが重なったのかもしれません。

 

山口紗弥加と松本まりかの2人1役 

あらすじを聞いただけでもゾクゾクしてきますが、

なんといっても女優陣が最高なんです!

 

山口紗弥加さんは、モンテ・クリスト伯で

狂気に満ちた母親を演じきってましたし、

 

松本まりかさんは

ホリデイラブから大注目してる女優さんで、

ドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」は、

原作は面白かったのですが、

ドラマは正直全く面白くなかった笑

 

でも、松本まりかさんが登場した

9話と最終回だけは息を吹き返すぐらい

魅力的な女優さんです。

 

ヒステリックで怖い演技のうまい女優

といえばこの2人というぐらい、

大好きな女優さんが、なんと

2人1役を演じるということで、

もう無条件に期待しちゃっていいでしょう!

 

スポンサーリンク

 

 

【ブラックスキャンダル】最終回の結末をネタバレ 

ブラックスキャンダルは、

原作の無いオリジナルストーリーということで、

残念ながら現時点では

最終回の結末は分かっていません。

 

脚本を書いた佐藤友治さんの

過去作が気になって調べてみると、  

 

なんと「ブラックリベンジ」を書いた人でした。

 

私は残念ながら見られなかったのですが、

面白いと話題になってたのを覚えてます!

 

ブラックリベンジも同じく、

女性の復讐劇を描いた作品なので、

佐藤友治さんの脚本なら、ブラックスキャンダルも

面白いこと間違いなしでしょう。

 

 黒幕は誰だ!本命は松井玲奈? 

f:id:yuhei2261:20181003192805p:plain

ブラックスキャンダルのようなドラマで

気になるのは、黒幕の存在。

 

誰が悪いやつなんだというのが気になるところですが、

相関図を見てみると、

片岡鶴太郎さん演じる勅使河原友和のところに

黒幕?と書かれているので

黒幕の本命なのかもしれません。が・・・

 

ただこういうタイプのドラマでは、

最初に怪しいやつは小物で、

真の黒幕は別の誰かだというパターンがほとんど。

 

片岡鶴太郎さんより

年配の俳優さんはいないようなので、

こういう場合は、

一番意外な人物が黒幕の可能性が高いはず。

  

ということは、矢神亜梨沙が一番信頼する人物...

  

亜梨沙の復讐を協力する

阿久津唯菜を演じる松井玲奈さんが黒幕だと

私は予想します。

 

こんなに可愛い顔していて、

実は...という展開を期待したい。

 

果たして当たるかどうか。

放送を楽しみに待ちたいと思います。  

 

記事内の画像出典:公式サイト

 

スポンサーリンク