GJ

芸能情報ブログ

【監察医 朝顔】2話!空気の読めない光子(志田未来)は重要な役?

 

「監察医 朝顔」2話。

  

空気の読めない光子(志田未来)登場。実は重要な役?

 

この記事では「監察医 朝顔」2話のネタバレを含んだあらすじと感想をまとめています。

 

gj.hatenablog.jp

     

スポンサーリンク

 

 

「監察医 朝顔」2話のネタバレあらすじ   

今日の夜は父親の平(時任三郎)が作る当番になっていて、平にカレーを作ってもらう約束をして仕事に向かう朝顔(上野樹里)。

 

職場に行くと、アルバイト希望の医学部3年生の安岡光子(志田未来)がやってくる。

 

法医学には全く興味はなく、時給目当てで応募しただけで空気を読めない子なのに、バイトとして採用する主任教授の茶子(山口智子)。

 

同じ頃、平(時任三郎)と桑原(風間俊介)は、繁華街の路地裏でスーツ姿の男性の死体が発見されたという知らせを受け、現場に急行。

 

財布やスマートフォンなど、身元の手掛かりになるものは何も所持していなかった遺体の男。

 

熱中症による急性心不全の可能性があると検視官の伊東(三宅弘城)は言うも、興雲大学で解剖してもらうよう依頼する平。

 

光子も解剖に立会い、記録用の写真を撮っていたが、あまりの光景にショックで倒れてしまう。

 

解剖をしていくと、凍死していたことが分かるも、そのときの外の気温が30℃以上もあったという!

 

何故なのか気になる朝顔は、桑原と共に現場に行ったあと、お父さんに夕飯は食べて帰ると言い、もんじゃ焼き屋へ。

 

桑原は結婚指輪を取り出し「結婚してください」とプロポーズする。

 

「NO」というわけじゃないけど、こんなところでプロポーズされても...とタイミングを気にする朝顔だった。

 

遺体があった現場は、ビル風が通り抜ける場所で、倒れた下には水道管が通っていたことから凍死したのではないかと考える朝顔。 

 

遺体の男性は河川敷にいたホームレスで、亡くなる直前にフグを食べていたことが分かり、フグの毒も検出された!

 

フグの種類を特定するため、朝顔は様々な種類のフグを捌いていった結果、ヒガンフグだと特定する。

 

自らの意思で大量にフグを食べて自殺したんじゃないかと考える朝顔。

 

平と桑原も周辺のホームレスへの聞き込みで、フグを釣ってきて食べているところが目撃されていた。

 

男の身元が判明するも、身内のいない男の遺骨は無縁仏に入れられ処理される。

 

「もったいないな。生きたくても生きられない人がいるのに...」と呟く平。 

 

桑原に、法医学者になった理由を尋ねられた朝顔は、お母さんが東日本大震災でいなくなり、お母さんを探しているときに出会った茶子先生がキッカケだったと明かす。

 

「お母さんはまだ見つからない」と話していると泣き出す桑原を見て笑う朝顔。

 

桑原のプロポーズを受ける朝顔。

 

家に帰ると「桑原と付き合ってるのか?」と平に言われ「挨拶が無い!」と結婚に反対する父親だった。

  

【監察医 朝顔】2話のネタバレ感想!空気の読めない光子(志田未来)登場!

2話からついに登場した志田未来。

 

役柄は、特に法医学には興味がなく、ただお金がもらえればそれでいい。

 

そして、言いたいことはオブラートに包むことなく、すぐに言っちゃうというKYなキャラクターでした。

 

役柄としてはかなり嫌いなタイプのキャラだったのですが、志田未来さんの可愛さがあるから、そこまで嫌味なく見られるのかなと感じました。

 

そして、志田未来がただのバイトだけで終わることは無いと思うので、これから法医学の面白さに目覚めるのか、もしくはアンナチュラルでいったら窪田正孝のようなスパイという可能性も...?

 

ただでさえアンナチュラルに似てると評判なので、それは無いと思いますが、重要な役どころになると私は予想しています。

 

スポンサーリンク

 

 

「監察医 朝顔」2話への反応、評判は?

「監察医 朝顔」2話を見て、みなさんがどう思ったのかTwitterでの評判や反応を見てみました。 

  

 

 

 

志田未来が可愛いという声が多かったです。

 

確かに、いつ見ても志田未来は可愛い。

 

動画を見逃した、もう一度見たい人は「FOD