読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GJ

芸能情報ブログ

あなたのことはそれほどに仲里依紗!原作の麗華は突然キスしたり怖い

f:id:yuhei2261:20170316170425j:plain

いくえみ綾さん原作の「あなたのことはそれほど」がドラマ化❗

有島の彼女であり妻となった麗華(れいか)いう女がとにかく怖い😱

 

登場人物の中でも一番まともだとは思うのですが、女の怖さがにじみ出てる🙄

そんな麗華が原作では、どんな人なのか書いていきたいと思います! 

 

目次

 

スポンサードリンク

 

 

 「あなたのことはそれほど」原作での麗華

f:id:yuhei2261:20170316115457j:plain

それでは、原作での麗華がどういう人間なのかいきますよー📕

 

 

委員長時代(戸川麗華)

f:id:yuhei2261:20170318122711j:plain

高校時代の麗華。

本名は戸川麗華でくっきり一重の美人でもブスでもない顔立ちで、真面目な性格!

自分から進んでやったわけじゃないだろうけど、クラスで学級委員長をさせられてるのか、周りからは“委員長”と呼ばれる。 

いかにも委員長ってタイプだよね👀

 

 

肉が好きなんです 

f:id:yuhei2261:20170318122850j:plain

有島光軌が焼肉屋に家族で食べに行くと委員長がバイトしてたり、ゴミ出しを手伝ったり、どこか委員長のことが気になる有島👀💕

でも、イケメン有島の周りにはこんな女達が寄ってくる🌀

 

有島と委員長が一緒にいると先生が呼んでると嘘をついて引き離そうとしてきて、すれ違うときにはキモって言うんですよ❗

この美穂って女、マジで腹立つわ~😡

 

 

f:id:yuhei2261:20170318122952j:plain

なんでバイトしてるの?と聞かれ、

お金が要るからです

 あと、肉が好きなんです、私」

と答える委員長がホラーなんですけど(笑)

 

せめてお肉とか牛肉が好きとか言ってくれないとそんな顔で言われたら、何肉なの?って詮索したくなっちゃうじゃん🐍w

そして、このあと黒板に「肉サイコー」ってやらしい落書きをされてしまうという😅

 

 

きもちいーねキス

f:id:yuhei2261:20170318122927j:plain

有島が一人で焼肉屋に来たときの帰り道、彼女がいないと確認するや否やブチュ―っといきなりキスする委員長😳💓

 

 

f:id:yuhei2261:20170318125120j:plain

そして、「きもちいーね!」と笑うんだけど、好きじゃない人からキスされたら怖いし、委員長みたいなキャラが突然キスしてきたら尚更。 

だけど、このシーンを見てて、委員長可愛いところあるじゃん♡ってなんか嬉しくなってる自分がいました😆

委員長も乙女なんだなと思ったけど、また学校生活ではいつもの委員長キャラに戻るという謎の多さに有島は惹かれていったのかもね♡

 

 

浮気はどこから?

f:id:yuhei2261:20170318135417j:plain

有島光軌が大学時代に、少しだけイイ感じになった美苗ちゃん。

大学のミスコンにも選ばれそうなくらいカワイイしオシャレ👗

それとは対極で地味な彼女レイカ。

 

手をつないだだけの関係だけど、浮気心が出てきた有島🙄

しかーし、麗華からの電話をきっかけになんとか踏みとどまる❗

周りの人から見たら、絶対この美苗ちゃんの方が有島にはお似合いだって言うだろうね。

 

有島本人も「なぜ俺はここにいる」って天を見上げてるシーンが印象的でした🌠

でも、なぜか麗華のところに収まっちゃうんでしょうね。 

 

 

f:id:yuhei2261:20170318125627j:plain

そしてその晩、有島は麗華に質問する。

「浮気ってどっからだと思う?」

「手つないだらアウト」 

意外と厳しいんだなと思ったけど、そんな質問をしてくるということはやましい思いがありそうと感じ、厳しめに言ったのかも👀

 

 

麗華の鋭さが怖い

f:id:yuhei2261:20170318125644j:plain 

女の感は鋭いなんて言うけど、麗華の鋭さはエグイ😅

これは出産に向けて実家に帰るときに言ったセリフで、結果的には美都と羽を伸ばしちゃうわけで、的中させる麗華!

ただこれを読んでる時はまだ怖さは感じてませんでした。 

 

 

f:id:yuhei2261:20170318125758j:plain

これは陶芸教室で出会ったのをキッカケに、美都が本を返しに麗華の家に来て扉を閉めた後の顔。

美都が言った“懐かしい”という意味不明なフレーズや、住所をどこで知ったのかなど、的確に疑問点を頭の中で整理する。

このあたりから麗華の笑顔の奥に潜む何かを感じ始めた私💦

 

 

f:id:yuhei2261:20170318125817j:plain

この場面は、名探偵なの?とツッコミたくなるようなやりとりを旦那と繰り広げてました。

「ワタナベさんと会ったわ」

と言い、あなたの同級生(美都)も渡辺さんだよねと追い詰めるところは、男目線から見てるとすごく窮屈そうでそれは黙っちゃうよね😅

女の人に口で勝ることなんて男にはできません。

 

 

f:id:yuhei2261:20170318125826j:plain

もう、完全に逃げられません!

光軌と美都のメールのやり取りを見てるんじゃないかと疑いたくなるほど😂

 

 

f:id:yuhei2261:20170318144417j:plain

最終的には、光軌から勝手に浮気してたことをゲロっちゃう始末w 

最強に怖い・・・と思ってたけど、よく考えたら麗華は何にも悪いことをしてないんですよね。 

 

 

亜胡しゃがカワイイ

f:id:yuhei2261:20170318125957j:plain

ちょっとヘビーな話が続いたので、ここで少しブレイク!

麗華と光軌との間に産まれた赤ちゃんの亜胡(あこ)ちゃん😆

この“あこしゃ”とにかく可愛い♡

お母さんに似なくて良かったでしゅね~(笑) 

 

 

f:id:yuhei2261:20170318145842j:plain

このマンガの中で唯一の癒しだわ~💕

ずっと見てられる😊

 

 

f:id:yuhei2261:20170318145942j:plain

光軌も亜胡しゃにメロメロです😆

 

 

気持ち悪い隣人

f:id:yuhei2261:20170318125844j:plain

なぜか麗華に寄り添ってくる、同じマンションの星野。 

クッキー焼いたと持ってくるもお店で売ってる物のラッピングを変えたものだったり、動物園に行く有島親子を待ち構えて一緒に行ったりと妙に気持ち悪いキャラです😩

 

 

f:id:yuhei2261:20170318150601j:plain

そして旦那も最低男で、奥さんを悪く言ったり、結婚したのは妊娠させちゃったからと平然と言ってのけるなどなかなかのクズさ🌀

そんな2人に間に産まれた風愛と書いて“ぷうあ”という名前の赤ちゃんもなんか痛く感じてきちゃう😅

 

ドラマでは、マンションの隣人役をしょこたんが演じるということなのですが、役名が横山皆美となってたので、雰囲気は違うのかもしれません。

 

 

ドラマで有島麗華を演じる仲里依紗 

f:id:yuhei2261:20170318151432j:plain

原作のある作品の実写化ということで気になってくるのがキャスト!

有島麗華を演じるのは誰かというと仲里依紗さん❗

可愛いし大好きだけど、原作を読んでの自分のイメージとしては、違う! 

 

麗華はブスではないけど、地味な印象だから、仲里依紗さんの可愛さもセクシーさも麗華には無い。 

別の記事でも書いたけど、自分が理想だと思う麗華役はこの人!

 

 

f:id:yuhei2261:20170316142612j:plainf:id:yuhei2261:20170316142239j:plain

江口のりこさん! 

髪型までバッチリだし、理想なんじゃないかな✨

ただ女優さんは役作りで寄せることができるので、仲里依紗さんの麗華を楽しみに待ちたいと思います📺

 

スポンサードリンク

 

 

Twitterのみんなの反応

麗華を仲里依紗さんが演じるということをみんなどう思ってるのか気になったので、少し見てます! 

 

 

 

 

 

 

全体的に仲里依紗が麗華を演じるのがピッタリという人は少なかったです👀

やっぱりみんな同じことを思ってるんだなーと確認できました。

 

波瑠と仲里依紗は逆なんじゃないかという意見ですが、確かにどっちかというと仲里依紗さんは明るいキャラクターの方が似合うし、波瑠さんはミステリアスな役の方が上手いから逆の方がいいなって納得です。

 

 

最後に 

委員長時代は突拍子の無いこともしたけど、基本的に全くスキのない女、麗華!

女性は少し抜けてる部分がないと男としては可愛いと思いづらいし、窮屈に感じて私としては苦手なタイプに感じました。

 

すごく良い女性ではあるのですが、なんか光軌が結婚相手でいいのか?と、どこかしっくりこない感じがずっとしてます🙄

早く新刊を読みたくてたまりません😂

漫画を読んでみたくなったという方は、ぜひ読んでみてください👍

 

 

オススメ記事

gj.hatenablog.jp

 

gj.hatenablog.jp

 

gj.hatenablog.jp