GJ

芸能情報ブログ

【あいのりシーズン2】メンバーとネタバレあらすじ!告白シーンを全て公開!

f:id:yuhei2261:20181030121748p:plain

あいのりアジアンジャーニー

シーズン1を見終わって、

続編のシーズン2はいつだ?いつだ?

と待ちに待っていたのですが、

ついにスタートしました^^

 

この記事では、

あいのりアジアンジャーニーシーズン2

登場するメンバーとネタバレを含めたあらすじ、

誰が告白してカップルが誕生したのか、

失敗したのかなど、全てを公開していきます! 

 

あいのりの動画を見たい人はコチラ。

gj.hatenablog.jp

 

スポンサーリンク

 

 

【あいのり】Asian Journeyシーズン2のメンバー

あいのりシーズン1では、

でっぱりんという最恐?だけど

愛すべき女性メンバーがいたり、

 

あいのりの歴史に名を残すほどの

インパクトを残したシャイボーイがいたりと

最高に面白かったです!

 

シーズン2のメンバーは

どんな面白い人が集まっているのか

紹介していきます。

 

ユウちゃん

年齢:21歳

職業:ペットショップ店員

 

人生で1度も彼氏ができたことがない

ユウちゃんは、ピュアの塊のような女の子で

シーズン1に引き続き、シーズン2に参戦!

 

シーズン1では、とにかく影が薄く、

あいのりに参加したのは間違いだったかもしれない

「誰かに告白して、振られて帰りたい」

と泣いちゃうほど辛そうで、

シーズン2には出ないと予想してたので意外でした!

 

でっぱりん

年齢:22歳

職業:フリーター

出身:福岡

血液型:0型

 

シーズン1の顔とも言うべき存在が

帰ってきました!

 

でっぱりんを出さないなんて 

ありえませんよね。

 

モア

年齢:23歳

職業:バーでアルバイト(歌手志望)

出身:大阪

血液型:0型

 

1話の時点では、

どんな子が掴めなかったのですが、

容姿は可愛い!

 

トム

年齢:22歳

職業:パティシエ見習い

  

お父さんが中国人、お母さんが中国と日本のハーフ

という中国系クォーターのトムも、

シーズン1に続いてシーズン2にも参戦!

 

トムには社長令嬢の許嫁(いいなずけ)がいて、

彼女がいないんだったら

許嫁と結婚しなければいけないということで、

真実の愛を探しにあいのりに参加。

 

シーズン1では、特に誰かを好きになることは無く、

てっきり許嫁と結婚したのかと思ってました。

 

かにゃというパリピ女性が

トムのことを好きになったところで

シーズン1が終わったから、

この恋がどうなるのか気になってたんですが、

かにゃはシーズン2には、出てない様子。

 

かにゃの気持ちは、どうなったんだ?

  

みゃんまー

年齢:21歳

職業:同志社大学4年生

出身:滋賀

血液型:O型

 

名前の由来は、

シーズン1で訪れたミャンマーのように

いつも怒ることが無いところから

みゃんまーとなる。

 

Dr.モリモリ

年齢:28歳

職業:医師(救命救急員)

出身:北海道

血液型:A型

 

将来は、国境なき医師団で働くことが夢!

イケメンだけど医者らしからぬ

チャラい性格? 

 

勇ちゃん

年齢:29歳

職業:漫画家アシスタント

出身:富山

血液型:O型

趣味:折り紙

 

なんと「海月姫」「東京タラレバ娘」など

超有名漫画家の東村アキコ先生の元で

働くアシスタント!

 

大学は、早稲田大学を卒業し、

その後、SONYに入社していたという超エリート

なのに、29年間彼女無し。

 

  

\\あいのり動画はこちら//

 

 

第1話!襲来

それでは、あいのりシーズン2の動画が

やっと公開となったので、

あらすじや感想をネタバレ有りで書いていくぞー!

 

でっぱりん復活

シーズン1では、

博多弁でブチギレたりと大暴れしたあと、

一目惚れしたあきらに告白して撃沈。

 

しかし、帰国後にあきらから告白してくるという

奇跡の大逆転でカップルになったでっぱりん。

 

(個人的には、このカップルは、

  あきらのハッキリしない感じが

  好きじゃなかったです...)

 

しかーーーし!!

シーズン2の書類選考で、

何もスタッフに言うことなく、

普通に応募してきたでっぱりん!

 

もちろん合格!ということで、

シーズン2でもでっぱりんが見られます!

やったー^^

 

かにゃは不参加

シーズン1で、残ったメンバー達には、

参加の意思を確認していました。

 

それで、参加したい

と言ったのが、トムとユウちゃんだった。

 

ちなみにかにゃ諸事情により不参加

意味深なテロップだけで流されてました。

 

諸事情ってなんだよ!逆に気になる(笑)

普通に参加の意思がなかった

とか彼氏ができたとか嘘でもいいから、

そういう理由の方が安心できたんだけどな〜。

 

週刊文春さん、あとは頼んだ...

 

MCのスタンス

シーズン2のMCは、女性3人。

みんなどういう角度で見るのか気になるところ。

 

夏菜さんはシーズン1の感想を聞かれると、

かにゃと社長がいけ好かなかったとバッサリ!

 

厳しい目線で見ていくスタンスのようです。

私も腹黒く口が悪いタイプなので、

推しメンは夏菜姐さんに決まりました!

 

いとうあさこさんは、自分でも言われてたのですが、

「おばさんだから人の成長期を見るのが好き」

ということで、優しく見守るスタンスのようです。

 

イッテQとか見てても、

後輩芸人を優しくフォローする姿を見て、

懐が深い人だなと思ってましたが、

やっぱりあさこさんは優しい人のようです。

 

ベッキーは空気を読めるので、

いくとこはいって、行かないところはちゃんと引く

驚異のバランス感覚の持ち主なので、

シーズン1から続投!

 

そんなバランス感覚を持ってるのに、

恋になると周りが見えなくなるものなのかな。

ゲス、、、いかっ!w

 

あと男性目線も必要だということで、

ゲストとして飯島寛騎さんがいたのですが...

すいません、初見です。

 

調べてみると、

オスカープロモーション所属の俳優さんで

PRINCE OF LEGENDの鏑木元役や、

仮面ライダーエグゼイドの宝生永夢役

などに出演。

 

ライダー出身の俳優さんか〜、

どおりでカッコいいわけだ。

 

インドで新メンバー合流

あいのりシーズン2の舞台はインド!

まずはトムとユウちゃんがラブワゴンに乗車。

 

みゃんまー

まずは男性2人の新メンバーが出会う。

みゃんまーは、性格の良さが

笑顔から滲み出ててるようで、

 

スタジオのMCたちからも

「真面目そう」

「癒し系」

「優しそう」

という言葉が飛び交ってました。

 

Dr.モリモリ

次は、Dr.モリモリ。

「今日もハッピー!明日もハッピー!

  毎日元気〜モリモリ!!」

 

と、かなりハイテンションな自己紹介に、

MC陣からは

「あ、ヤバい」

「ヤバいやつ来た」

と警戒気味。

 

ただこれで医者、

しかも救命救急というから驚きです!

 

これはコード・ブルーの山Pも真っ青だな(笑)

 

私の第一印象としては、

ちょっと無理してハイテンションキャラを

演じてるのかな?と思ったりしたけど、

これが本当なら、チャラいけど医者ってギャップは

強いですよね。

  

勇ちゃん

「雰囲気的にモッサい感じがする」

と、トムが遠目から見た印象を持たれた

新メンバーの勇ちゃん。

 

トム甘い顔して、結構言うな〜w

ちょっとイメージ変わったわ(泣)

 

メガネをかけてて、ちゃん枠キターーー!

◯◯ちゃんという男子メンバーは、

結構やらかすが愛されキャラという

あいのりのジンクスがあると私は思ってるので、

勇ちゃんには期待してしまう!

 

東村アキコ先生が送り出す

東京タラレバ娘とかドラマにもなって

漫画も持ってるほど大好きなので、

勇ちゃんスゲー!と見る目が一瞬で変わる私w

 

東村アキコ先生の元でアシスタントだなんて、

超優秀じゃん! と思ったら、

仕事場の映像が流れだす。

 

「急いで!なんか遅いから」

と勇ちゃん怒られてました(笑)

仕事は出来ないのかも...?

 

29年間彼女無しの勇ちゃんを見かねて、

30歳までに彼女を作ってこい!となんと、

東村アキコ先生が勇ちゃんを送り出していたのだ!

 

勇ちゃんのことをアキコ先生は、

「恋愛細胞が死んでる」 と表現されてました(笑)

 

アキコ先生の作品は恋愛が多いので、

恋愛作品に携わってるのもなんか不思議ですw

 

モア

遠目からモアを見て「胸大きくない?」 

と連呼するベッキーが受けたw

だって、ベッキーは、、、やめとけw

 

モアの印象は、

みんな“可愛い”と口を揃えるほど

可愛いらしいタイプ。 

 

でっぱりん襲来

あいのりを今まで見たことなくて、

オーディションきっかけで、

アジアンジャーニーのシーズン1を見たら、

でっぱりんが怖かったと話すモリモリ。

 

あいのり見たことないって、

私とは一世代違うんだよな〜と

ジェネレーションギャップを目の当たりにする。

 

カレーを食べながら、

でっぱりんについて話してるところへ、

タイミング良くでっぱりんが登場し、

みんな驚きで絶叫!

 

1話の襲来ってタイトルは、

でっぱりんの為につけられたものでした(笑)

 

モテ期到来

シーズン2に参加する前に、

男子メンバーにシーズン1の女性の中で、

好きなのは誰?と質問していた。

 

すると、みゃんまー、モリモリ、勇ちゃんと

男子の新メンバー全員が

でっぱりんが好きだと話していた!

 

でっぱりんモテモテじゃ〜ん^^

 

あの激ギレした姿を見ても受け入れられるとは

みんなタフだな。

 

そして、なんとトムまで、

でっぱりんが好きだと話しだす!

 

えーーー!じゃあ、もっと

シーズン1でアタックすればよかったのに〜。

 

そして、肝心のでっぱりんはというと、

ご飯を食べたあとに

すでに一目惚れしていた(笑)

 

その相手は、、、ドクターモリモリ!

 

早いな〜おいw

中身もなんにも見れてない段階で恋してちゃ、

前回と一緒になっちゃうぞ(笑)

 

でっぱりんとモリモリは

一番合わないと思うんだけどな〜。

 

私の中では、なんでも優しく受け止めてくれそうな

みゃんまーが、でっぱりんには合うと予想してます。

 

あきらとでっぱりんの破局の真相

気になるところをメンバーたちが

でっぱりんに聞いてくれました。

 

あきらと破局した理由は、

遠距離恋愛で、あきらのLINEがウザくなったから。

 

あきらの方がでっぱりんにゾッコンだったのか、

あきらは、LINEをたくさん送ってたけど、

束縛されるのが嫌いなでっぱりんは

それがうっとおしくなってきた。

 

そして、あきらの誕生日の日、

でっぱりんがLINEをし忘れたことをキッカケに

破局することになったという。

 

なんか男と女が逆のような気もするやり取りですね。

 

ユウちゃんの真面目さが可愛い

インドの洗濯屋さんを訪れたときなど、

とにかくメモを取るユウちゃんの真面目さ!

 

声が小さいユウちゃんは、

みんなで食事を取るときとか、周りがうるさく

声がかき消されてしまう。

 

それでも、それを克服しようと

女性メンバーに手伝ってもらい発声練習をしたり、

とにかく健気で可愛い。

 

シーズン2で、一番変わりそうなのは

ユウちゃんな気がしてきた!

 

ただ、でっぱりんみたいになりたい

と言い出したのは、ちょっとアレ?と思いました。

ユウちゃんはユウちゃんの良さがあるから

大丈夫だよと声をかけてあげたい。

 

ユウちゃんのボディタッチ

彼女彼氏ができたことない同士の

ユウちゃんと勇ちゃんがラブワゴンで隣に。

 

手相の話で盛り上がり、

ユウちゃんの指先がちょこんと当たったぐらいの

接触をボディタッチと捉え、恋に落ちた勇ちゃんw

 

勇ちゃん、可愛いな〜おいw

 

一方、アキコ先生の職場では、

勇ちゃんがいなくなっても全く支障がないと

悲しいことを言われていた...笑

 

そして、予告。

好き好きと幸せな声がたくさん流れたと思ったら、

でっぱりんがまたブチギレモードになってた!

 

「貴様、コラァ!」

って、蹴ったりして暴れてたけど、大丈夫か...

 

でも、これがあいのりだよ!

楽しいわ〜^^

 

第2話!口悪女と泣き虫男

勇ちゃんがユウちゃんのボディータッチで恋に落ち

でっぱりんがドクターモリモリに一目惚れ。

 

2話では恋が動くのか?

見ていきましょう!

 

満員電車

ドライバーのベンカテシュさんに

素敵なアトラクションを体験させてあげるよと

連れて行かれた場所は、駅。

 

インドの名物とも言える満員電車を

体験することになったメンバーたち。

 

日本の東京の電車もすごいって聞きますが、

インドのレベルは桁違い!

 

ドアは開きっぱなしで、

動いてる状態で飛び乗ったりするから

落とされる人も多いらしく、

年間約650人の人が命を落とすという。

 

ヤバイでしょ(汗)

そんな電車にあいのりメンバーを乗せて大丈夫?

と心配でしたが、ちゃんと満員電車を体験し、

全員生きてました(笑)

 

トムとでっぱりんの大げんか

晩御飯を終えたあと、

でっぱりんがトムをディスり始める。

 

トムがラブワゴンのことをロケ車と言ったり、

シーズン1の子がどうだったとか、

あいのりの裏話をして

先輩面するトムが気に入らない様子。

 

トムがそんなこと話してるなんて

イメージになかったので、ちょっと意外でした。

 

すると、でっぱりんが言いたくなってきたと

トムに呼び出しをかける。

 

女3人に直接ダメ出しをされたトムは、

でっぱりんだけを呼び出し、直接対決に持ち込む。

 

でっぱりんの口調が強いから、

もっと優しく話してくれと頼むトムだったが、

うまく伝わらない。

 

「もういい」とトムが去ろうとすると

「逃げんなや!」とでっぱりんが腕を掴む。

 

「私がワルカッタデス、

 スイマセンデシタ、サヨナラ」 

 

と、トムが心ゼロの謝罪をして

その場を去ろうとしたから、さあ大変。

 

でっぱりんの怒りスイッチが入ってしまう...(怖)

 

お前調子乗んなよ!と左フックを入れ、

なんで私だけに口調が悪いとか言うの?と

モアとユウちゃんも入れて再び4人で話し合う。

 

そして、でっぱりんは男子メンバーも呼び

なぜかみんなでスタッフに謝ることに。

 

その後、トムは

「こんなはずじゃなかった〜」と

幼稚園児のようにメソメソ泣きだしちゃう(笑)

 

翌朝、でっぱりんの前で泣き出すトム。

そんなトムの肩をでっぱりんが抱き、

どっちが男で女か分からない状態のまま、

グータッチをして、いちお仲直り...?

 

あきらとの写真

モリモリの顔と声が元カレの

あきらに似てると感じ始めたでっぱりんは、

ラブワゴンに貼ってある

あきらとの写真が嫌だと言い出す。

 

そして、あいのりの伝統をぶち破り、

写真を剥がすとライターで燃やしてしまう!

 

燃やしただけでは足りなかったのか、

灰になった写真を足で踏みつけて粉々にし、

「無くなったよ」と満足げ。

 

女性は、前の恋を引きずらないって言いますが、

本当なんですね(怖)

 

ポロリ事件

マラカンブという棒を使った

エクササイズをすることになったメンバー。

 

ふんどし一丁の姿になる男子メンバー。

みんな良い体をしてたのですが、

意外だったのが勇ちゃんで、

胸筋がしっかりしてて、

スタジオからはカッコイイという声も。

 

勇ちゃんがマラカンブに挑戦し、

見事技を決めるところまでは

カッコよかったのですが、

なんと、ポロリをしてしまう(笑)

 

痴漢

みんなで海に行き、

楽しくはしゃいでいると、

モアが突然泣き出す。

 

インド人男性に、海で痴漢をされてしまう!

 

帰りのラブワゴンでも

ずっと泣き続けるモア...

 

ユウちゃんと勇ちゃんの共通点

ラブワゴンで隣になった

ユウちゃんと勇ちゃんは、

お互いお父さんを

病気で亡くしていることが分かる。

 

この日、ユウちゃんの日記には

勇ちゃんといると落ち着くと書かれていて、

勇ちゃんも家族を大事にするユウちゃんに、

さらに気持ちを強めるのだった。

 

2話の感想

2話目にして早くも、

過激な回となりましたが、面白かった〜。

 

トム、もっと頼れる男だと思ったけど、

うえ〜んって泣き出した時は引きました(笑)

 

あれを見て、

「可愛い」と思うか「気持ち悪い」と思うかで

恋の行方も大きく変わってきそうですよね。

 

でっぱりんは、どう思ったんだろう...

 

そして、モア。

ヒートアップすると関西弁で

意外と当たりがキツくなる部分も見え、

強い女性なんだなと思ってたら、

痴漢されて泣き続ける事態に。

 

でっぱりんだったら、

「何すったいっ!」って手を掴んで

言葉が分からなくても博多弁で

まくし立てそうだなと思いながら...w

モアはずっと泣いてましたね。

 

モアには悲しい過去があった...

と、痴漢の話は途中で終わってたけど、

過去に何があったのか気になる〜。

 

そして、勇ちゃんとユウちゃんの恋が

順調に育ってるようでホッコリしたりと、

30分間だけなのに、感情が忙しいです(笑)

 

3話を楽しみに待ちたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

第3話!絶望のトビラ

勇ちゃんが変身!

ただ、自信を無くしてるような場面も...

 

3話も面白そうだ〜!いってみよっ笑 

 

ヘッドマッサージ

ビーチに行くと、

ヘッドマッサージをするおじさんたちがいて

メンバーはやってみることに。

 

トップバッターは勇ちゃん。

ココナッツオイルを頭にかけられると

頭どころか顔までゴシゴシと手で

雑に扱われるw

 

それを見て「やらなくてよかった〜」

と漏らす女性メンバーたち(笑)

 

イメチェンする勇ちゃん

髪型などイメチェンしたいけど、

やり方が分からないと相談すると

「全面的に協力するよ」 と握手を交わすモリモリ。

 

モリモリ、めっちゃ良いやつやん!

 

トムとみゃんまーも手伝う。

トムがコンシーラーを持ってることを知った

夏菜さんは

「うわっ、コンシーラー持ってんの?きもい!」

と厳しいコメントw

 

鼻毛を抜いたり、ワックスを塗ったり、

化粧をしたりとイメチェン完了。

 

女子メンバーに会うと、

「清潔感がある」「オシャレ」と大好評。

 

ユウちゃんの気持ち

その勢いで、ユウちゃんを呼び出し、

踏み込んだ質問で攻める勇ちゃん。

 

「今、誰か気になる人とかいる?」

ユウ「気になる人?おるよ」

 

ハニカミながらも気になる人はいると

答えるユウちゃんだったけど、

「自信持たなきゃ!」と

ユウちゃんに言われた勇ちゃんは、

ユウちゃんが気になる人は自分じゃないと思い、

自信をなくしてしまう。

 

私は軽い女じゃないのよ作戦

でっぱりんは、

こいつチョロいなと思われたらダメだと、

ラブワゴンで、あえてモリモリとは

隣にならないように座る。

 

しかし、これが裏目に出る。

でっぱりんの前の席で、

モリモリがモアの肩に頭をもたげて寝る姿が!

 

それを見たでっぱりんは直視できず、

視界を遮るように黒い服を頭からかぶるのだった。

 

女子指名

インドのナイトマーケットへ。

 

いつもは男子から誘うから、

今日は女子から指名することになる。

 

ユウちゃんは、みゃんまーを誘う。

 

インドの車やバイクがビュンビュン走るところを

さりげなく気を使って歩くみゃんまー。

 

バックパッカーで、世界を旅してたという

みゃんまーにすごい!と憧れるユウちゃん。

 

最年長者、勇ちゃん

2人はすごく良いムードだったけど、

集合場所に少し遅刻してしまう。

 

謝る2人だったが、陽気に謝る姿に

納得がいかないモアとトムは、

最年長の勇ちゃんに注意するよう促す。

 

板挟みになった勇ちゃんは、

勇気を絞って注意をすると、

「楽しみすぎて、時間を忘れてしまいました」

と、勇ちゃんが一番聞きたくない言葉が出てきて、

二重で苦しい勇ちゃん。

 

みゃんまーにキュン

シーズン1ではこんな感覚はなかったけど、

みゃんまーにキュンキュンしたと話すユウちゃん。

 

ユウちゃんは、みゃんまーに恋をした...

 

3話の感想

オープニングで、夏菜さんが

泣く男ってどうだろう?と

トムに疑問を感じてる姿を見て、

改めて夏菜さんと感覚似てるわ〜と感じました。

 

ネット上では、「トム可愛い」って女性の声が

多かったのですが、そういう女性もいて一安心。

 

でっぱりんが駆け引きというか戦略を立てて

モリモリとうまくいこうとしてるところも

可愛かった。

 

ただ3話は、勇ちゃんが切なかった〜。

好きな人の為にカッコよくなりたい!

という素晴らしい心を持ち、行動したのに、

それが報われることなく、むしろ、

ユウちゃんがみゃんまーの惚れちゃうとは(涙)

 

一発ギャグ

「乾杯レーツオブカリビアン」

最高に面白かったよ。

 

ユウちゃんとみゃんまー、、、

めちゃくちゃお似合いな気がするけど、

勇ちゃん、ファイトォ!! 

  

第4話!ORIGAMI

勇ちゃんに起こった奇跡とは?

4話は衝撃の展開となっています! 

 

相思相愛?

夜の自由時間。

スタッフの「ヨーイドン」の掛け声の直後に

お互いの名前を呼び、同時に誘い合う

ユウちゃんと勇ちゃん。

 

ユウちゃんが誘ってくれたことに

ハプニングです、アキコ先生と

心の中で叫ぶ勇ちゃんw

 

テンション上がり倒す勇ちゃんだったが、

みゃんまーと話すのは(好きだから)

緊張するけど、勇ちゃんなら緊張しないから

相談に乗ってほしいと残酷な相談をされてしまう... 

 

明らかにテンションの下がった勇ちゃんだったが、

ユウちゃんと話したあとの部屋に帰ってきた

みゃんまーはルンルンだったよと、

応援するようなスタンスを取ってしまう。

 

ミサンガ

インドの占い師に占ってもらうと、

勇ちゃんの結婚は2年後で、

すでにその人とは出会ってると言われ、

再び、ユウちゃんを誘う。

 

このままでは優しいだけの人で終わってしまうと

危機感を感じた勇ちゃんは、

手作りのミサンガをユウちゃんに渡そうとする。

 

勇ちゃんはモアのことが好きだと思っていた

ユウちゃんはモアに渡すことを勧めるも、

最後は、ミサンガを足につけてもらうことに。

 

折り紙

アキコ先生にもプレゼントセンスが無いと

ボロカス言われてた勇ちゃんが、

ユウちゃんにした次のプレゼントは、折り紙!

 

趣味が折り紙の勇ちゃんが折ったのは、花束。

 

勇ちゃんがユウちゃんに告白!

折り紙を深夜まで折ったあと、

勇ちゃんが向かった先は、なんとラブワゴン!

 

海の見える場所に呼び、

これまでのユウちゃんとの思い出を振り返りながら

告白を始める勇ちゃん。

 

でも、日本行きのチケットをもらうまで

告白だと気づかなかったユウちゃんは、

チケットを出されて「ウソー!」と驚き、

「いつから?知らんよー」と戸惑いを見せる。

 

「自分は、ユウちゃんのことが好き」

 

ちゃんと気持ちを伝えた勇ちゃんに、

スタジオは拍手喝采。

 

悩むユウちゃん

勇ちゃんが告白したことを告げられた

メンバーが5人で夕食。

 

勇ちゃんがいなくなることが決定して、

寂しいなと泣き出すトム(笑)

でっぱりんとモアも涙を流す。

 

居心地が良い人とドキドキできる人、

恋愛するならどっちなのかと悩むユウちゃん。

 

4話の感想

同時に名前を呼び合うシーンを見て、

もう付き合ってるじゃん!と

テンション上げながら見てたら、

みゃんまーともっと喋りたいって...

勇ちゃんの立場になって想像したら、

これほどキツイことはないって(泣)

  

ミサンガをもらう時のユウちゃんも

キツかったな〜。

「モアは?モアは?」って2回も言われたら

私に好意を寄せるなよ!って

予防線を張られてるようで、私なら心折れてる。

 

そして、勇ちゃんが告白してもたー!

これで、勇ちゃんが見られなくなるのは

確定してしまったと思うと寂しいです。

 

告白の結果は5話に続くという

絶妙なタイミングで終わってしまったけど、

私の予想は、、、玉砕

 

22歳で1度も付き合ったことない女の子が

落ち着く相手を求めるとは思えない。

 

ヒリつくような恋がしてみたいと憧れてるだろうし

たとえ、勇ちゃんと付き合い出したとしても、

みゃんまーと付き合っておけばよかったと

思うんだろうな〜なんて思ったら、

勇ちゃんが可哀想になってきました。

 

妄想が爆発してしまったけど、

勇ちゃんに合う子はユウちゃんじゃないと

私は思ってるので、この瞬間の幸せより、

今後のことを考えて勇ちゃんには

幸せになってもらいたいなと思ってます。

 

もしフラれて日本に帰ってきたとしたら、

スピンオフ作品として勇ちゃんの

これからのストーリーもぜひ見てみたいです。 

 

第5話!アラビア海のピュア

勇ちゃんの恋がついに完結!

怖くて見たいような見たくないような、、、

でも、見届けるぞ!

 

勇ちゃんの告白

不吉にもカラスがカァーカァーと泣き叫ぶ中、

ユウちゃんがやってくる。

 

OKならキスして帰国。

NOならチケットを返す。

 

「寝れた?」と勇ちゃんが聞くと、

「寝れなかった」と首を振るユウちゃん。

 

「優しいところが好きで、

  もっとユウちゃんのことが知りたい。

  だから一緒に日本に帰ってほしい!」

 

「第一印象の優しそうと面白そうが

  ずっと変わらずで、緊張する私でも

  勇ちゃんが隣にいてくれただけで落ち着けた。

  花もミサンガも時間かけてくれて

  めちゃくちゃ嬉しかったです。

  でも、勇ちゃんが好きな人はモアだと思ってて

  そんな中で私の恋愛を相談してて

  どういう気持ちだったんだろうなって...(号泣)

  正直に言うとまだ気になる人がいて、

  私も好きになって告白して

  後悔のないように帰りたいので、

  勇ちゃんとは一緒に帰ることができません」

 

勇ちゃんの告白は、失敗に終わる...

ユウちゃんなら大丈夫、頑張って!

と最後まで優しい言葉をかける勇ちゃん。

 

笑顔で送り出すと言っていたトムは、

やっぱり号泣(笑)

 

「ありがとうね〜勇ちゃん〜」

と、みんなに声をかけられ、

 

「みんなもあいのりの旅

 頑張ってねー!」

ラブワゴンに手を振り、

送り出す勇ちゃんだった。

 

ユウちゃんからの手紙

ユウちゃんは、勇ちゃんに手紙を渡していた。

そこには、勇ちゃんの絵が書いてあり、

出会えてよかったと感謝の気持ちが

びっしりと書かれていた。

 

「自分は変われた」と胸を張り、

勇ちゃんは日本へと帰って行った...

 

ネパールへ

あいのり Asian Journeyシーズン2、

2カ国目は、ネパール。

 

ラブワゴンを発見すると、

ドライバーのカマルさんを見て、女性陣からは

「イケメン」と歓声が上がる。

 

新メンバー「英クン」

男性新メンバーが加入するということで、

口紅を塗り気合いを入れるでっぱりん。

 

ラブワゴンから新メンバーを発見すると、

「チャラそうかも」と言いながらも

「アリやな〜」とニンマリするモア。

 

東京都からやってきた美容師の英クン26歳。

 

でっぱりんが早速浮気?

そんな英クンにDr.モリモリ推しだった

でっぱりんがルンルンでスタッフに「アリ」発言。

 

まだ話してもないのに、英クンの方が

モリモリより上だと話す。

 

フリータイムになり、早速英クンを誘い出し、

いつまで彼女がいたなど、

質問責めにするでっぱりん。

 

あいのりが大好きだった英クンは、

もちろんでっぱりんのブチギレ事件も見ていて、

気まずい雰囲気になると思いきや、

あの事件を見ていて、

俺はでっぱりんの味方だったよと言う。

 

品定めするかのように、直後にモリモリのところへ

行き、モリモリの素の顔を知りたいと調査。

過去にチャラい時期があったことを突き止める。

 

モリモリは表面しか見えないけど、

英クンは本心で向き合えそうと判断するも、

もし、モリモリが好きって言ってきたら

それは好きになるやんと、気持ちはグラグラ。

 

ロストバゲージ

ネパールに到着したとき、

みゃんまーの鞄が届かないという

ロストバゲージが起きてしまう。

 

でも、バックパッカーをしていた

みゃんまーは余裕の表情。

 

そんなみゃんまーの姿を見て、

スタッフに「好きっ」と打ち明けたユウちゃんは、

みゃんまーに自分の服をプレゼントする。

 

みゃんまーとユウちゃんがデート

遊園地でみゃんまーと観覧車に乗るユウちゃん。

超高速観覧車で、手を繋いだり、

アイスを食べあったりとカップルみたいな経験に

ユウちゃんの気持ちは有頂天に。

 

5話の感想

勇ちゃんの告白は、

失敗する確率の方が高そうだなと思いながら

見届けましたが、結果はやっぱりダメだったか〜。

 

良い友達止まりで終わってしまったな〜。

ユウちゃんも優しいから、

断るのが辛そうだったけど、

私はみゃんまーが好き!

イケメンが好きなの!友達止まりなの!と

もっとビシッと断ってもらえないと、

ユウちゃんへの想いがなかなか消えないぞ

と思っちゃいました。

 

そして、勇ちゃんを忘れたかのように

新メンバーの英クンに盛り上がる女子メンバー

を見て、やっぱりイケメンが好きなんだな〜

と少し悲しくなるw

 

やっぱりああいう男がモテるんだよな〜。

そして、でっぱりんの移り変わりの早さったら

無かったな〜w

 

ユウちゃんも、みゃんまーにメロメロだったし、

勇ちゃんのこと、俺は忘れないよ。

 

第6話!愛と哀しみのカトマンズ

ちょっとちょっとどうしたの!

でっぱりん、シーズン2でも大暴れのようです。 

 

衝撃のオープニング

警察来た!?どういうこと!?

メンバーが座り込んで警察とか言ってる

衝撃なオープニングからスタート。

 

そこにでっぱりんの姿が無いのが怖いw

 

頼りすぎるユウちゃん

ユウちゃんは金庫番をやると張り切ってたけど、

いざやってみると人に頼ってばかりで

うまく金庫番をこなせず。

 

そんなユウちゃんを応援してきたでっぱりん

だったけど、なんでも頼ってくるユウちゃんに

イライラが溜まっていた...

 

英クンの歓迎会

乾杯をしてると、英クンのグラスの底が抜ける

というありえないような出来事が起き、

それを合図に、でっぱりんが劇場が幕を開ける。

 

R15で「出歯倫」と表示される(笑)

これから修羅場があることが通知されるw

 

暴走でっぱりん再び

ガチで恋愛しに来てるのに、

メイクしたり鏡ばかり見たりと

カメラを意識しまくってる男子メンバー。

恋愛優先じゃなく旅を普通に楽しんでるように

見える男子メンバーにも

イライラが溜まってたでっぱりん。

 

そして、ユウちゃんに

頼りっぱなしなところを説教し始め、

男子メンバーは誰も止めず。

 

そして怒りの矛先は、

黙りっぱなしの男子メンバーへ。

ハト胸は気持ちをぶつけてくれたけど、

お前らは何や?

 

一方、トムがすっと抜け出し、

スタッフにあの状態になったでっぱりんは

誰にも止められないと伝えるw

 

ここでディレクターの塙さんが

一旦終了して、続きは明日にしようと

提案するも、このまま終わるのは無理!

と、暴走するでっぱりんは止められずw

 

後半戦

ここで、ガチでこの先は精神的ストレスを

感じる人もいるだろうし、

子供は視聴するのを気をつけてくれという

テロップが登場。

 

お店が閉店になるも、でっぱりんの炎は消えず、

ホテルで後半戦をすることに。

 

ユウちゃんは1人になりたいと言うも、

逃げてるやんとそれがまた許せない。

スタッフが止めるのを無視してユウちゃんの元へ。

 

「おい!みんなで話そうっつったよね!」

ユウちゃんの胸をド突き、

「貴様こらっ!」と、怒りは頂点に。

 

トムがでっぱりんを抑えると

「離せ、ゴラァ!!」

と、トムに蹴りを入れる。

 

たまらず塙ディレクターが止めに入る。

あまりの怒号にネパールの人たちも

驚きの表情で集まる。

 

でっぱりんはスタッフに担がれホテルへ。

「ただ止めただけなのに無理、リタイヤしたい」

トムは、モアに背中をさすられながら号泣。

 

「もう帰りたいです」

とスタッフに泣きながら話すユウちゃん。

でっぱりんまでも、リタイヤを口にするのだった。

 

6話の感想

トムは2話で経験したことを

「第二次でっぱりん大戦」と言ってるのは

おもしろかったな〜w

 

シーズン1を超える修羅場。

でっぱりん姐さん、あざっす(笑)

 

ただ、真実の愛を見つける場所

それが、あいのりだってことを

改めて教えてくれたような気もしました。

 

第7話!世紀末の恋

事件を解決することはできるのか? 

それでは7話いってみよう。

 

ユウちゃんを想うでっぱりん

事件から一夜明けて翌朝。

このまま旅は続けられないとスタッフさんが

会議を開き、予定してたものは全てキャンセル。

 

ユウちゃんがでっぱりんを呼び出す。

誰かにOKと背中を押してもらわないと

自分の意見に自信がモテないユウちゃんは、

これまで頼りっぱなしだったことを謝る。

 

しかし、私のために変わっても意味が無いと

バッサリ切り捨て、ユウちゃん次第じゃない?

と、突き放すでっぱりん。

 

本当は謝ろうと思ってたけど、

これはユウちゃんを思っての態度だった。

 

トムはサナギに

みゃんまーは、

でっぱりんを止められなかったことを反省し、

モリモリは、昨日は生産性が無かったと、

賢しこを出してくる中、

トムは布団に包まり、

サナギですと意味不明なことを言い出すw

 

「暴力を振るう人とは一緒に旅はできません」

と、グズグズ。

 

英クンは優しい

でっぱりんは歓迎会をぶち壊したことを

英クンに謝る。

「でっぱりんの言いたかったことも分かる」

と優しく慰められたでっぱりんは涙する。

 

クソ弱虫野郎

このまま仲直りさせようとスタッフが

メンバー全員を集めるも、誰も話そうとせず、

お開きに。

 

でっぱりんが一番にその場をあとにする。

しかし、そのあとトムがユウちゃんに

事件のことを話していると、

なんで私がおる時に話さんのや!とスイッチオンw

 

でっぱりんから普通は謝るんじゃない?と

小声でごちゃごちゃ言うトムに

「クソ弱虫野郎!」

と吐き捨ててまた去っていく。

 

チャレンジャー英クン

翌日、ラブワゴンに乗り、旅が始まるも、

誰も喋らない空気最悪のムード。

 

そんな時、英クンが、

恐竜の色は全て想像でつけられてるらしいよと

何気ない会話をし、でっぱりんに声をかけ、

ラブワゴンの空気を変えることに成功!

 

でっぱりんは英クンでいっぱいだったけど、

フリータイムで、英クンがモアを誘う姿を見て、

一気にテンションを下げるでっぱりんw

 

ユウちゃんを心配する100点のみゃんまー

みゃんまーはユウちゃんを呼び出し、

この前止められなかったことを謝り、

あれだけキツく言われたのに、

前向きに捉えようとしてるユウちゃんは凄い!

成長しようとしてるけど、でも変わらなくても

ユウちゃんはみんなを和ませてくれる存在だから

と声をかけるみゃんまー。

 

にやけが止まらんと笑顔を取り戻すユウちゃん。

スタジオからは、みゃんまーの立ち振る舞いが

100点だと声があがる。

 

3日ぶりに旅に復帰したトム。

男子メンバーが話し合い、

男がラブワゴンで一泊することで

その浮いたお金を使って女子メンバーを

いつもより綺麗なホテルに泊まらせる。

 

プールもついていて、テンションアゲアゲの

女子メンバー。特にでっぱりんw

 

翌朝、男子たちのやっていたことを知った

女子メンバーたちは大感動。

 

みんなに笑顔が戻る、、、しかし

トムだけはそうじゃなかった...

 

モアがトムに恋!?

あの時のでっぱりんがフラッシュバックして

ノイローゼ気味のトムは、日本に帰りたいと呟き、

サナギに戻ってしまう。

 

そんなトムを心配してモアが訪ねてくる。

そして、なんとモアはトムのダメなところに

惹かれちゃってると恋の予感を感じていたのだ!

 

7話の感想

でっぱりん大戦が終わったかに思われたが、

トムだけは次のステップに行けず。

 

トムの写真がサナギになったりと

サナギキャラが誕生したのには

最高に笑わせてもらいましたw

 

そして、まさかのモアがサナギに恋!

トム、絶対モアを離しちゃダメだよ!

 

こんな良い子現れないよー!と思ったけど、

でも、弱い男も需要があるのかなー?

ベッキーも可愛いって言ってたし。

でも、私には理解不能。やっぱり夏菜さん派だわ。

 

第8話!塗りつぶされた日記

ユウちゃんに一体何が!? 

8話を見ていきましょう! 

 

サバイバー 

ネパールは貧しい国で、

5000人のストリートチルドレンがいると

言われていて、メンバーたちも目撃してきた。

 

そして、メンバーたちはある施設へ行き、

サバイバーと呼ばれる女性たちと出会う。

サバイバーとは、人身売買から救われた人たち

のことで、ネパールからインドへ売られる

子供達が多いという。

 

あまりにも衝撃的なエピソードを聞いた

メンバーたちは、ショックを受ける。

 

あいのり募金の学校

あいのり募金で建てられた学校がネパールにある

ということで見に行くメンバーたち。

 

大地震を乗り越え、

あいのり学校で勉強する子供達がそこにはいた。

 

勘違いするユウちゃん

トムが気になりだしたモアが、

ラブワゴンで話しかけるも、

質問に答えるだけで、すぐに会話が終わってしまう。

 

その日、食事のときに汗だくのみゃんまーを見た

モアが「タオルを貸してあげよっか?」と

声をかける。

 

それの光景を見たユウちゃんはショックを受けるが

すぐにソレを察知したでっぱりんが

ユウちゃんを励ます!

 

翌日、フリータイムの時間。

モアと一緒のみゃんまーのところへ乗り込もう

とするも、仲良さそうにする2人の姿に、

声をかけられなかった。

 

ユウちゃんが失踪!?

でっぱりんに励まされ、涙するユウちゃん。

 

翌日、スタッフが部屋に行くとユウちゃんがいない。

 

まさか失踪したのか?と思われたが、

ユウちゃんはラブワゴンへ向かっていたのだ! 

 

8話の感想

ベッキーもあまりのショックに号泣してたけど、

貧しい国で生きる少女たちの悲しい現実を

真正面から見て、心が痛む苦しい回でした。

 

あと、みゃんまーを探して40分以上

歩き回るユウちゃんだったけど、

スタッフー、大体の場所ぐらい

把握してるんだろうから教えてやれよ〜

って見てたけど、でっぱりんがスタッフに

聞けばと言ってたから、

ユウちゃんが聞かなかっただけなのね。

 

どこまでも奥手なんだな〜。

そして、ユウちゃんいきなりの告白か?

焦っちゃダメだよ〜。

 

第9話!ヒマラヤに抱かれて

ユウちゃんの恋が完結か?

かなり無謀な気もするが果たして... 

 

チケットをもらうユウちゃん

「みゃんまーと一緒に

 日本に帰りたいのでチケットをください」 

 

ついにドライバーに飛行機のチケットを

もらいに行ったユウちゃん!

 

でも、すぐに告白するわけじゃなかった。

 

この村のある場所から

ヒマラヤ山脈が見える場所があり、

見れたら幸運が訪れると言われてると

ドライバーが言ってて、

ヒマラヤが見られたら告白すると決めていたのだ。

 

ヒマラヤ山脈は見られる?

ヒマラヤ山脈が見られる確率は2割。

 

丘に向かうためラブワゴンに乗るも

天気はあいにくの雨。

 

登っていくにつれ、青空になっていくも

不安からかグズグズと泣き出すユウちゃん。

そんなユウちゃんの肩を抱き、

励ましながら登るでっぱりん。

 

2時間かけて登るも、

ヒマラヤ山脈は見えなかった。

 

ユウちゃんが告白!

見えなかったけど、告白したいと

思い直したユウちゃんは山の上で告白することに!

 

みゃんまーと並んで話すも言葉がなかなか

出て来なくて、最終的には唐突な感じで、

「みゃんまーのことが好きになりました」

と言う形で告白し、チケットを渡す。

 

それを目撃したでっぱりんは、

驚きのあまり泣き出してしまう。

 

翌朝、みゃんまーに告白するユウちゃん。

 

「ミャンマーハ、

 コノタビノリーダーテキソンザイデー」

 

と丸暗記したセリフを読むかのように

告白を始めるユウちゃん。

 

告白を受け、みゃんまーが話し出す。

 

「あんまり長々と話すの得意じゃないから

 先に言うけど、、、俺は、

 俺もユウちゃんのことが好きです!

 俺はユウちゃんの良いところめっちゃ知ってる

 素直なところ、ポジティブなところ、

 純粋なところ、天然なところ、ドジなところ。

 そういうユウちゃんの良いところも受け入れて

 温めていきたいし、見守っていきたいし、

 一緒に成長していきたい。

 一緒に帰ろう!」

 

「ははっ、一緒に?ははっ

 え、好き?好き?好き?」

 

「好きです!」

 

「私も大好き!ふふっ」

 

「俺も」

 

手を広げてユウちゃんを迎え入れようとすると、

ファーストキスを恥ずかしがり、

ちょっと走って逃げるユウちゃん。

 

キスをされると、

「イヤーーーー!アハハハハハ!」

と飛び跳ねて喜ぶ。

 

そしてお別れのとき。

トムが安定の号泣w

ユウちゃんは特にでっぱりんに感謝をし、

ラブワゴンにさよならするのだった。

 

9話の感想

スタジオのベッキーはカッコイイよ〜って

ユウちゃんを応援してたけど、 

ヒマラヤが見れたら告白しますって、

見られなかったらみゃんまーのことは諦めるの?

そこまでの想いしかなかったの?と

疑問に思っちゃいました。

 

そういう自分で決めてない感じが、

一部の人をイライラさせるんだろうなと思ったら、

でっぱりんの肩を持ちたくなってきた。

 

そのあと、山は見えなかったけど、

告白することに。

それを決めてたんなら、山がどうとか

博打的な発想しなければよかったのに〜

なんてイライラしちゃってたんだけど、

 

丸暗記したセリフを棒読みで

告白する姿だったり、チュッて軽いキスなのに

ファーストキスで飛び跳ねて喜びながらも

全力で照れるユウちゃんのピュアさ。

 

そして、まさかの告白成功!という展開に

めっちゃ感動してるっていう自分w

無理だと思ってたから、震えたよね!

 

いやー、街中のカップルは

破局してまえ!って思っちゃうんだけど、

あいのりの幸せそうなカップルは、

なんでこんな応援したくなるんだろうね(笑)

 

ユウちゃん、みゃんまー、お幸せに!

 

あと、トムのゼラチンがどうとか

しょうもない話と隣にいた

鈍感なモアがツボった回でしたw

  

第10話!音楽のチカラ

新メンバー参戦ということで楽しみ!

テクニシャンって、どういう意味?w 

 

モテモテだったモリモリが動く?

3カ国目のウズベキスタンへ。

 

高校時代は「国民的アイドル」という

あだ名だったほど、人生モテまくってきたけど、

あいのりで初めてモテないこともあり、

金庫番をやりたいと名乗り出て、

行動で流れを変えようとするドクターモリモリ。

 

新メンバー「AI(エーアイ)」

ユウちゃんとみゃんまーが帰国したから、

新メンバーの追加。

 

男性新メンバーは、AI(エーアイ)

人工知能の開発をしてることから、

名前はAIになってました。

 

学歴は、なんと東大工学部卒と

超エリートの27歳!

 

新メンバー「桜子」

でっぱりんとモアといい、

元気いっぱいだけど、トラブルも多いからか、

男性メンバーたちは全員、大人の女性が

入ってくれることを期待して迎えた合流の日。

 

劇団を自ら主宰する女優の卵桜子は、

愛媛県出身の26歳。

 

男性陣が求めていたまさに大人の女性といった

雰囲気の桜子に、トムもモリモリも

恋に発展しそうと満面の笑顔!

 

それに対し、でっぱりんが思った第一印象は

「あざとそう」と衝撃のコメントw

 

モアの桜子に対する第一印象も「苦手」

 

ラブワゴンで、AIに、

ホテルマンにナンパされたと話してる桜子を見て、

さらに不信感を募らせるでっぱりん。

 

イジメ?

桜子が嫌いなでっぱりんとモアは2人で常に行動。

輪の中に入れない桜子は、馴染めず戸惑う。

 

音楽の力

新メンバーの歓迎会。

 

モアがあいのりをテーマにした

オリジナルソングを披露!

 

声は、歌手のAIさんのような

パワフル系の声でした。

 

モリモリがモアに恋 

音楽から遮断されたあいのりの世界では、

これまでに、歌って

恋愛に発展したことがたくさんあった。

 

モアは寂しさを埋めるために

10股をしてたこともあったり、

下ネタもバンバン言ったりと品の無い

モアのことを一番避けてきたドクターモリモリが

モアの歌声を聞き、恋に落ちた!

 

AIの目標

AIは、人間が恋する人工知能を作る

というのが、最終的目標で、

このあいのりの旅のみんなの恋を

サンプルとして集めようとしていた。

 

一方通行の恋

ドクターモリモリ

↓好き

モア

↓好き

トム

↓好き

桜子 

 

なかなか矢印が噛み合わない

あいのりメンバーたち。

  

10話の感想

AIは顔はイケメンではないけど、

ブサイクでもない中の中って感じでした。

AIの出身が上海になってたけど、

国籍は中国なのかな?

 

でっぱりんの機嫌の悪そうな顔を見て、

「一杯だけ飲んで、そのあとソフドリで」

サラッと言える問題解決能力も最高でした。

 

そんなAIに、顔はタイプじゃないけど、

気になりだすでっぱりんも気になるところ。

 

モリモリもトムも、ビビってるから、

AIが空気を変えてくれることに期待w

 

自分はAI好きだったけど、

いとうあさこは嫌いって言ってたな〜。

 

 でも、もっと嫌いだなと思ったのは、

でっぱりん。

 

ユウちゃんの時は、色々あったけど、

最後はユウちゃん想いの良い子だなと

思ってたけど、桜子を仲間外れにする感じは、

すごい不愉快でした。

 

男子には分からないって言ってたけど、

そんな部分を男子は見たくないよ(悲)

 

桜子は、学生時代を思い出したって

日記に書いてたけど、過去に

イジメられてたことがあったのかな?

 

今回は、AIとモリモリ、モアがメインだったけど、

桜子が本当にあざとい女なのか?

全く見えてないので、でっぱりんが正しかったのか

間違っていたのか、見守ろうと思います。

  

第11話!私をキャンプに連れてって

トムがサナギから孵化した?w 

 

桜子は匂い

桜子は匂いを大事にするという話を聞いたAIが、

匂いを重視する女の場合、

8割9割の男はすぐに切られてしまう。

 

無臭が好きということから、

トムしかいないんじゃないかと予想するAI。

 

サナギから蝶へ

ウズベキスタンの伝統的手織りの生地

アドラスで作られた服を試着するメンバーたち。

 

そんな中、トムは女装して登場!

中性的で女装とか似合うような人が好きという

桜子の言葉を覚えていて、挑戦したのだ。

 

モアの矢印が消える

モアは弱々しいトムのことが好きだったのに、

恋に生き生きとし始めたトムに

興味を無くしたモア。

 

話も全く面白くないしと、

モアのトムへの恋心は完全に無くなった。

 

夢なし族

食事のとき、夢や目標を語るみんなに対して

自分は何がやりたいんだろうという

不安からか泣き出すでっぱりん。

 

そんなでっぱりんに自分も夢なし族だよと

声をかけ、今のでっぱりんのままで大丈夫

と優しい言葉をかけるAI。

 

地獄のキャンプ

でっぱりんのキャンプに行きたいという

意見を参考に、井上ディレクターがキャンプを手配。

 

10時間かけてキャンプ場へ向かうメンバー。

キャンプ周辺に付き、

砂場は車がハマってしまう危険性もあることから

歩くことを決断する井上ディレクター。

 

数百メートルを歩くメンバーたちだったが、

それを見たドライバーが

車で荷物を運んできてくれる。

 

「来させろ!車を」

「今、来させろ車って言った?」

 

車を見たでっぱりんがそう言うと、

井上ディレクターが詰め寄り、不穏な空気が漂う。

しかし、実際に来させろと言ってたのはモアだった。

 

これで完全にスイッチの入ったでっぱりん。

井上ディレクターと口論になったあと、

1人、砂の上で月を眺める。

 

11話の感想

AIに夏菜さんもベッキーも矢印が出そうと

メロメロになってたのが印象的でした。

 

AIって、ナヨナヨしてなくて

東大なのにって言ったら悪いけど、

すごく男らしい。

 

ただ、最後のでっぱりんが1人になってる時に

AIがフォローに言ってくれるかなと思ったけど、

それはなかった。

 

井上ディレクターにワーっと言ってる時に

肩をポンポンしてたけど、

次週、フォローしてくれたら嬉しいな〜。

でっぱりんをうまく誘導してほしい。

 

そして、そんなでっぱりんを

地雷だと表現してるトムには爆笑しちゃいました。

つま先立ちってw

 

第12話!昨日の敵は今日の友

悪魔のキャンプから一夜か...

またでっぱりん中心の修羅場となるのか? 

 

でっぱりんは話せば分かる?

オープニングは、でっぱりんは

話し合いで分かってくれる相手なのかどうかを

話し合うスタッフと男子メンバーからスタート。 

 

話し合っても無理という意見が大多数の中、

AIだけは、チャレンジしてみたい、話せば分かる

と言ってるのを私は聞き逃さなかったぞ!

AI、頼む! 

 

モリモリがまさかの号泣

井上ディレクターは一睡もできず(笑)

そんな中、でっぱりんが登場。

キャンプを台無しにしたことをまずは謝る!

その後、井上ディレクターも謝る。

しかーし、でっぱりんの主張は終わりではなかった。

 

そんなとき、突然モリモリが号泣!!

 

モリモリは医師として職業柄、

感情を表に出さないようになっていたが、

井上ディレクターの真摯に謝る姿に

感銘を受けたという。

 

その姿を見て、弱った男ハンターの

モアがロックオン!!(笑)

 

昨日の敵は今日の友

英クンのことが好きなのに、

声をかけられないでっぱりんは、

井上ディレクターの元へ走っていく。

 

そんなでっぱりんに「頑張れよ!」と

励ます井上ディレクター!

 

井上ディレクターのことをイノッチと呼び、

私の恋愛を本気で応援してくれたイノッチが

ディレクターで本当に良かったと

感謝の涙を流しながら話すでっぱりん。

 

でっぱりんを避ける英クン

英クンに明らかに避けられてるように感じ、

1人涙するでっぱりんだったが、

本当に避けていた英クン。

 

全て悪かったと謝る井上ディレクターに対して、

私もすみませんと折れることができない

でっぱりんの行動に引いてしまっていた...

 

モアの秘密

偶然出会った結婚する新婚さんの披露宴に参加。

 

そこでこっそりと手を繋ぐモリモリとモア!!

 

幸せだけど、怖いと言うモアは、

ドクターモリモリを呼び出し、誰にも話してなかった

秘密を打ち明けることにする。

 

高校3年生の誕生日のとき、夜道を歩いてると

3人の男に襲われ、ボコボコにされた経験があった。

 

それで男の人が怖くなる一方、

寂しさを埋めるため、好きでもないブサイクな男

とだったら傷つくことも少ないだろうと

自分が支配できる男たちと10股していた

過去があったのだ...

 

そんな歪んだ恋愛から抜け出したいという思いから

あいのりに参加していたモア。 

 

12話の感想

こっそり手を繋ぐとか、

あいのり史上一番キュンキュンした!

というか、もうその時点でカップル成立じゃないかw

と思ったけど、まさかのモアの衝撃の過去。

 

プレッシャーがある、

重いってモリモリは言ってたけど、

自分だったら、ラブワゴンにすぐに行きますけどね!

 

俺がそんなモアを守ったる!ぐらいになれないなら

モリモリはモアとは一緒になれないなと思いました。

 

思わぬ方向へ舵を切るって予告だったけど果たして。

13話へ続く。

  

「あいのり asian journey1」を見逃した人、

「シーズン2」の動画を見たい人は、

【フジテレビオンデマンド】 [AD]でご視聴ください。

  

 

記事内画像出典

あいのり Asian Journey SEASON2 オフィシャルサイト