GJ

芸能情報ブログ

高嶺の花最終回!伏線回収はどこ?最後ももとぷーさんは結ばれたのか

f:id:yuhei2261:20180912084815p:plain

ぷーさんを誘惑するのを千秋に見せつけられたもも。

 

龍一と生きることを決めたなな。

 

「高嶺の花」最終回で、どんな結末を迎えるのか?

 

この記事では「高嶺の花」最終回のネタバレを含んだあらすじと感想をまとめています! 

 

見逃した人はHuluでどうぞ。

  

スポンサーリンク

 

 

目次

  

【高嶺の花】9話のネタバレあらすじ

「高嶺の花」最終回のあらすじをネタバレしていきます。 

 

千秋のハニートラップ

「これ、ドッキリですよね?」

 

ぷーさん(峯田和伸)千秋(香里奈)の色仕掛けに対してとぼけてみる。

 

それでも、浮気なんてバレなきゃいいと言う千秋に、「犯罪者の心理ですよね」と返すぷーさん。

 

「ももさんの顔が忘れられない」と断るぷーさん。

 

それを電話越しに聞き涙するもも(石原さとみ)

 

なな破門

月島の財産など全てを放棄すると弁護士に書類をちゃんと作ってもらってきたなな(芳根京子)

 

「本日ただいまをもって、月島を破門とする」

 

「長い間、ありがとうございました」

 

家元の市松(小日向文世)は、ななをあっさりと破門にする。

 

ななは肩の荷が下りたのか、どこか清々しい気持ちになっていた。

 

千秋の動機

千秋は、ぷーさんの仲間たちに自分が大病院のお嬢様で、ももの友達だと正体を明かす。

 

ももが男について話してきたのは初めてだったから、興味が湧いたというのが動機だった。

 

家元になるもも

市松は、ななには無いものがももにはあり、本来の実力なら兵馬(大貫勇輔)にも負けない天分があると思っていた。

 

そんな市松は、ももを正式に次期家元に選ぶ。

 

ももはぷーさんを呼び、家元になることを伝えるが、どこか浮かない顔にも見えた。

 

必死にすがりつくぷーさんに「ありがとうございました」と頭を下げ、ももは去っていくのだった。

 

高嶺の花を摘みに行く

まだ何かしてあげたいと未練の残るぷーさんは、宗太(舘秀々輝) が摘み損ねた高嶺の花を摘みに、仲間と一緒にタクシーで山に向かう。

 

あまりにも高いところにあるから、みんなスマホで撮影だけして帰ろうとするが、ぷーさんだけは登って取ろうとする。

 

大きな一枚岩の上に咲く黄色い花。

 

もう少しで手が届く。

 

「俺は英雄になる!うわぁあああ!」

 

ももが家に帰ると、玄関の前にその花が置いてあった。

 

「私はお花」その花を見てももは自信を取り戻すのだった。

 

新流派

ももは新流派を立ち上げようと、協会の人たちの前で花を生けるもも。

 

新流派が認められるには、協会の満場一致が必要。

 

“求愛”

 

今までのももには無いようなカラフルな作品を見て、「言葉もない」と感動する兵馬。

 

賛成票が続き、残すは市松のみ。

 

市松:「ももよ。イバラの道を行くのか」

 

もも:「1人ではありません。支え合う人が...」

 

市松「見事ではあった(そっと賛成の花を置く)」

 

ななと龍一は結ばれた?

牧場で馬の世話をしていた龍一の元にやって来るなな。

 

なな:「行くとこないの」 

 

龍一:「ああ、ここにいてくれ」

 

なな:「ずっとよ」

 

2人は抱き合いキスをする。

 

ももとぷーさんは結ばれたのか?

高嶺の花を取るときに落ちてケガをし入院していたぷーさんが自転車屋に帰って来ると、店内は花で飾られていた。

 

2階に上がるとそこにはももの姿が。

 

もも:「おかえりなさいませ。ふつつか者ですが、末長くよろしくお願いします」 

 

ぷーさん:「心の準備が。俺なんかには高嶺の花ですから」

 

もも:「たーかーねーのーはなよ!だけどいいじゃない。あなたには十分資格があるでしょ。その花を摘む」

  

ぷーさん:「こちらこそ、よろしくお願いします」

 

もも:「チュッ!よーし!イエーーイ(商店街の仲間たちが下にいて成功を報告するもも)」

 

2人は結ばれる。

 

そして、もものお父さんの高井(升毅)に、「ついていかなくていいのか?」と尋ねる市松に「月島の人間ですから」と月島で生きていくことに。

   

スポンサーリンク

 

 

【高嶺の花】最終回の感想!伏線回収はどこ?

オープニング早々、香里奈のハニートラップに乗らない男なんているのかよ!となぜか無性にぷーさんをビンタしたくなった。

 

というか、俺と変わってくれ!って思っちゃいました(笑)

  

序盤は支離滅裂なドラマだな〜と飽きかけたこともあったのですが、最後まで見てきてよかったと思える深くて面白いドラマでした。

 

最後に伏線が回収されると聞いてたのですが、日本一周の宗太が帰ってきてももに向かって「自転車返します」と言ってたけど、ももに借りてたんだっけ?

 

町中で宗太が帰ってきたことを喜ぶ。

 

宗太:「俺もう大丈夫だから」

 

ぷーさん:「言ったね」

 

もも:「左側からね」

 

ん?

 

いろんな伏線があったんだろうけど、見返さないと忘れてて分かりませんw 

 

あと朝のニュース番組「スッキリ」に石原さんと峯田さんが出てたんだけど、峯田さんが「これカツラなんですよ」と暴露して「何言ってるの?隠してたんじゃん」と呆れてる姿が印象的でした。

 

何かカツラを取るシーンのネタバレでもしちゃってたのかなと思ったけど、そんなシーンはありませんでした。 

 

よく分からない部分も多かったけど、後半になるにつれ面白くなっていった気がします。

 

そして、エルヴィス・プレスリーの魅力を教えてくれる作品でした。

 

Twitterの反応、評判は? 

高嶺の花最終回を見て、みなさんがどう思ったのかTwitterでの評判や反応を見てみました。  

 

 

 

 

やっぱり伏線回収が注目されていましたが、分からないという人と分からないけどよかったという声が多かったです。 

 

確かに龍一が馬に行くのもよく分からなかった。

 

私も今の段階では雰囲気的によかったという感じですが、またゆっくり考察してみようと思います。

  

スポンサーリンク

 

 

【高嶺の花】見逃し無料動画を見る方法は?

 

 

高嶺の花を見逃した方もいたのですが、大丈夫! 

 

【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中なので、「高嶺の花」を見逃した、もう一度見たい人はぜひご覧ください^^