GJ

芸能情報ブログ

【3年A組】柊一颯(ひいらぎいぶき)の刺さる名言集!

f:id:yuhei2261:20190114161049j:plain

3年A組の柊一颯(ひいらぎいぶき)先生の言葉は、魂がこもってて刺さって刺さってしょうがない!

 

この記事では、柊一颯の刺さるを言葉を名言集としてまとめてみました。 

 

gj.hatenablog.jp

 

目次

  

スポンサーリンク

 

 

【3年A組】柊一颯の刺さる名言集!

 それでは、柊一颯の言葉を書いていきます。

 

1話 

f:id:yuhei2261:20190114161145j:plain

お前たち、今を生きているか?ゾクゾクさせてやるよ 

 

トイレで壁の補修作業をしてるときに生徒に「なんでこんなことするんですか?」と尋ねられたときの柊の回答。

このときの菅田将暉がカッコよすぎた。痺れた。

  

 

 

過去の自分が今の自分を作る!だから過去から逃げてるお前もお前もお前も極めて幼稚なガキのまま成長が止まってるってわけだ。そんなやつらが一体何から卒業するっていうんだよ!

 

そして、変わるんだ!悪意に塗れたナイフで汚れなき弱者を傷つけないように変わるんだよ!変わってくれ!

 

茅野さくら(永野芽郁)が犠牲者になればいいと思うクラスメイトたちを見て、呆れながらも激怒し、最後は訴えかけるように叫ぶ柊。

過去の自分が今の自分を作る。当たり前のことだけど、良い言葉だ。柊はミスをしてもそれを認め、変われば人生やりなおせるってことを伝えたいんだろうな。

 

 

 

2話

f:id:yuhei2261:20190113235652j:plain 

逃げるなーーー! 

 

そうやって大声で拒絶して、誰の声にも耳を貸さずに生きてきたんだな。そのせいであんなバカなマネをしても何にも感じない人間になったんだな。

 

なんであんたにそんなこと言われなきゃいけないの?

 

俺はお前の教師だからだ。お前を正しい道に導く義務がある。

 

景山澪奈(上白石萌歌)のドーピング疑惑の動画をSNSにアップしたり嫌がらせをしたと宇佐美香帆(川栄李奈)が名乗り出たシーン。

 

 

 

宇佐美、お前に足りなかったものは想像力だ。

 

もし、自分の家の窓を割られたら、自分の服を切り裂かれたらどんな思いをするのか。

 

嘘の投稿で、言われのない中傷を受けたらどれほど傷つくのか。

 

お前には、その痛みを想像できなかったのか?

 

(泣き崩れる宇佐美)

 

それが痛みだ。

 

その痛みを一生忘れんなよ!

 

宇佐美に痛みについて教える名場面でした。

全国のイジメっ子たちに、この場面を見てほしい。

もし自分がやられたら...という想像力を働かせてほしい。 

 

3年A組は、全国のイジメを撲滅するのが目的なのかもしれない。

そうだとしたら、とんでもなく社会的意義のある良いドラマじゃないか! 

 

 

 

3話

f:id:yuhei2261:20190122171923j:plain

逆境を乗り越えようとしたか?

 

傷ついた悲しみを明日の活力に変えられなかった。

 

それがお前の弱さだ! 

 

澪奈に告ってフラれた腹いせに、フェイク動画を撮影した里見海斗(鈴木仁)に訴えかけるシーン。

 

小さい男だなと思ったけど、最後は自分の弱さを認め、自分で率先して犠牲者になろうとしてるところを見て、一つ強くなったなと感じました。

 

 

 

4話

f:id:yuhei2261:20190129154943j:plain 

お前が抱いた悩みや苦しみを、誰かにぶつけたか?

 

仲間にクラスメイトに教師に、どうしてもダンスがやりたい!誰か助けてくれって!お前はすがったか?

 

必死にすがってもダメなときもある。どうにもならないことだって山ほどある。でもお前には少なくともそのチャンスはあったんじゃないか?

 

景山のためにも、真実を明かして明日と戦え!抗え!もがいて掴め!生きてるお前にはそれができるんだよ!

 

お前は一人じゃない!俺が必ずなんとかする!

 

変わるなら今だ!お前のその手で道を切り開け!

 

俺が好きなヒーローのセリフだ。

 

苦しいことがあれば「助けてくれ!」と声を上げろという柊の熱いメッセージが響きました。

 

そして、なんで黙ってたんだよと熱い友達の友情に、涙が出ました。

 

教師と生徒は、魂と魂がぶつかり合えば分かり合える。

 

最近、生徒が教師を挑発して喧嘩する場面を動画に撮影してSNSで拡散したりと、しょうもないことがニュースで報じられてるけど、何つまらないことしてるんだよ!

 

高校は義務教育じゃないんだから、めんどくさい、必要ないんだと思うんだったらやめればいいだけの話。

 

今、お前がやりたいことは、教師を挑発するというチンケなことなのか?

 

柊先生の熱い言葉を受けて、私も柊モードに入っちゃいましたが、少子化の今だからこそ、生徒と教師がもっと良い意味でぶつかり合ってほしいなと感じます。

 

スポンサーリンク

 

 

5話

f:id:yuhei2261:20190205103733j:plain

諏訪、お前は間違ってない! 

 

みんなお前と一緒だよ。迷って、もがいて、途方にくれて、それでも正解を求めて前を向く。

 

進んで進んでダメなら、傷つきながら引き返す。

 

で、また歯を食いしばって、前を向く。

 

みんなみっともないんだよ。

 

でも、それで良い。それが良い!

 

恥を繰り返して強くなるんだよ。ていうか、恥もかかないで強くなれると思うな!

 

だから、諏訪!お前のこれまでは誰が何と言おうと、絶対間違ってない!!

 

ベルムズの岸と付き合ったことで、モデルとして活躍することができた!こうやって生きてきたと叫ぶ諏訪を、全力で肯定してあげる柊の優しさに痺れた。

 

こんな100%自分の味方をしてくれる教師がいてくれたら、どれだけ生徒は心強いか。

 

 

 

6話

f:id:yuhei2261:20190211132747j:plain

この動画が世間に広まったら、坪井先生がどんな目に遭ってたのか考えたのか?

 

お前の不用意な発言で、身に覚えのない汚名を着せられ、本人が!家族が!友人が!傷つけられたかもしれないんだ。

 

お前は取り返しのつかないことをやろうとしたんだ!なあ?分かってんのかー!

 

本質から目を背けたらダメなんだよ!

 

お前たちはもう感情に任せて、過ちを犯せる歳じゃないんだよ!それが許される歳じゃないんだよ。

 

考えて考えて考えて答えを出すんだよ!だからもっと自分の言葉に、自分の行動に責任を持てよ。

 

いいか、お前のたわいのない言葉一つで、誰かを救うことができるかもしれない。その一方で、傷つく誰かがいるかもしれないってことを忘れるな。

 

お前の言葉一つで!簡単に命を奪えるってことを忘れるな!いいなっ!

 

最近はSNSで不適切動画って悪ふざけする姿をアップするニュースが連発してますが、その子たちに言ってるんじゃないか?と思えるぐらいタイムリーな名言でした。

 

学生だからって許される歳じゃない。企業も刑事、民事から責任を取らせる必要があると思う。

 

損害賠償を請求され、家族にとんでもない迷惑をかけてしまったとき、初めてコトの重大さに気づき、本気で反省してくれるはず。

 

そうしないとバイトをクビになるぐらいで終わっちゃったら、とんでもない大人になってしまうのは間違いないでしょ。

 

柊先生、あの子たちにも授業をしてあげてください。

 

 

 

7話

 

f:id:yuhei2261:20190219181957j:plain

瀬尾、お前のゴールはどこだ?

 

スポーツ推薦で大学に入ることか?

 

それとも大学を卒業しても選手を続けることか?

 

知らねぇーよ!目の前のことにいっぱいいっぱいで考えたこともねーよ。

 

そっか。お前たちはそれで良い。だが、教師はそうはいかない。

 

中学から高校に上がるとき、高校から大学に行くのか、行かないのか。

 

人生の中で、大きな選択を迫られたとき、迷うのは当然ですよね。

 

そんな先のことは分からないという瀬尾の言葉がリアルで共感できました。

 

 

 

f:id:yuhei2261:20190219184434j:plain

できなければ消される、そんなの当然だろう?こっちとしては、ダメなら別のモノを差し出せばいいだけだ!

 

生徒がどうなろうと自己責任だ、俺には関係ない!結果が出ずに辞めたヤツのことなんか知るかー!それがこの世の中だろう?商品価値の無いやつに用は無いんだよ。

 

生徒はモノじゃない!人間だー!

 

俺たちが導いてやらなくちゃならない脆くて未完成な人間なんだよ。

 

三歩先しか見えてない彼らに長いレールを敷いてやる。未来を信じて、行き先を案じて、どの道を歩めば、それが彼らにとっての最善なのかを考える。寄り添って寄り添って一緒に答えを探す。それが教師の務めだろう? 

 

あいつらの将来を俺は見届けることができない。でも、だからこそ、あいつらには幸せになってもらいたい!

 

生徒たちをモノ扱いする武智は間違ってるけど、商品価値の無い者は必要とされないというのは、間違いじゃない。

 

社会に出たら残酷な現実が待ってるということは、覚悟しておかなければいけないと過去の自分にも言ってやりたい。

 

ただ、教師はそんな不安を持ったり、不安すら感じていない生徒たちに行き先を案じてレールを敷いてやるという柊の言葉には胸打たれました。

 

武智の教えで生きていくと、何か失敗したときに挫折してしまうだろうけど、柊と一緒に進む道なら、失敗を糧にまた新たな一歩が踏み出せるはず。

 

武智の言ってることは間違ってない。でも、柊のような生徒を信じてくれる、生徒のその先まで見てくれる先生が増えてくれたらいいのになと感じさせるシーンでした。

 

 

3年A組の動画はHuluで配信中!

 

 

3年A組の次のドラマも面白いの間違いなし!

gj.hatenablog.jp