GJ

芸能情報ブログ

【3年A組】6話!くら寿司、セブンのバイトの子に見てもらいたい。

f:id:yuhei2261:20190210233517j:plain 

「3年A組」6話! 

 

柊先生、例のくら寿司、セブンのバイトの子に授業をしてください。

 

この記事では「3年A組」6話のネタバレを含んだあらすじと感想をまとめています。

 

見逃した人、もう一度見たい方はHuluでどうぞ。

 

gj.hatenablog.jp

 

gj.hatenablog.jp

 

目次

  

スポンサーリンク

 

 

「3年A組」6話のネタバレあらすじ   

フェイク動画の依頼主が魁皇高校の教師の中にいると柊一颯(菅田将暉)が宣言し、盛り上がる世間。

 

生徒たちを心配する声が上がる中、生徒たちの写真をSNSにアップし、生きてることを発表すると、柊はヒーローなんじゃないか?と盛り上がりだす。

 

生徒たちには笑顔が戻り、修学旅行のような雰囲気が漂い出し、柊と生徒たちは仲良くしていたが、柊が作った“手足の造形物” を結城美咲(箭内夢菜)が撮影してSNSにアップしたことで、状況は一変。

 

景山澪奈(上白石萌歌)のフェイク動画をベルムズに依頼したhunter(ハンター)は今夜20時までに名乗り出てください。

 

名乗り出なかった場合、教室を爆破します!生徒の命は、教師の皆さんにかかってる。

 

武智(田辺誠一)に電話をし、教師たちに課題を与える柊。それを聞いた生徒たちは手を組んだんじゃねーのかよ!と騒ぐが仲間になったつもりは無い!とキッパリと言い切り、生徒たちの携帯とカバンを回収する柊。

 

茅野さくら(永野芽郁)司会で、どの教師が犯人なのか話し合う生徒たち。

 

水泳部顧問の坪井先生(神尾佑)を怪しむ中、中尾(三船海斗)とイチャついてることがバレ、部活を辞めさせられた過去がある水越涼音(福原遥)は思い出すだけで反吐が出ると教室を飛び出してしまう。

 

結城の携帯で、坪井先生にパワハラを受けた、坪井が犯人だと主張する動画を水越が撮影し、ネットは坪井が犯人だと大炎上。

 

20時になり、水越と坪井が向き合う。水越が練習を休んだ日、水越の母親と坪井は病院に行き、医師から致死性の不整脈だということを告げられ、泣く泣く辞めさせていたのだった。

 

実は、動画は柊がアップされないよう止めていた。もしアップされていたら坪井先生、そして坪井先生の家族がどんな目に遭っていたか?とブチギレる柊!

 

課題をクリア出来なかったから、教室を爆破...されたと思ったら3年B組だった。

 

しかし、生徒を見捨てたハンターという教師がいるということでネット炎上。

 

さあ、いよいよ追い詰められましたよ〜ハンターさーん。いや、武智大和(田辺誠一)先生!

  

一方、郡司(椎名桔平)は、柊が昔バイトをしていた特撮の現場を訪れる。

 

柊は身体能力を買われ、IVKIとして悪役でアクションを担当していて、次回作では主演を任される予定だったが、ガンで出来なくなっていた。

 

そして、相楽文香(土村芳)が撮影所の社長の娘だということが分かり、お父さんの相楽孝彦(矢島健一)が柊と繋がってることに気づく郡司だった。

  

スポンサーリンク

 

 

「3年A組」6話の感想!くら寿司、セブンのバイトの子見てもらいたい。 

坪井、良い教師だなと思ったけど、お母さんとして先生として致死性の不整脈で、激しい運動がダメってことは伝えておかないといけないんじゃないか?とも思った。

 

それと、武智のおとぼけリアクションには笑ってしまったw

 

多分、武智じゃないような気がする。そして、彼女のお父さんも柊の味方?という展開に全く読めなくなってきました。 

 

あと最近、くら寿司で魚をゴミ箱に入れてふざけたり、セブンのバイトの子がおでんのしらたきを口に入れたりと不適切動画がニュースで話題になってるけど、それを受けて6話を作ったんじゃないか?と思えるほどタイムリーなネタだった。

 

お前たちはもう、感情に任せて過ちを犯せる歳じゃないんだよ!だからもっと自分の言葉に、自分の行動に、責任を持てよ!

 

この言葉が、あの子達に届くことを願います。

 

gj.hatenablog.jp

 

Twitterの反応、評判は? 

「3年A組」6話を見て、みなさんがどう思ったのかTwitterでの評判や反応を見てみました。  

 

 

 

 

武智先生が黒幕だったことに驚く声も多かったですが、自分と同じように、不適切動画の件を思い出す人も多かったです。

 

レッツシンク、してもらいたいです。 

 

3年A組を、もう一度見たい方はHuluで配信中!

  

gj.hatenablog.jp