GJ

芸能情報ブログ

【高嶺の花】4話の感想!運転手の高井がももの父親だった!

f:id:yuhei2261:20180801230305j:plain

「高嶺の花」第4話。

 

運転手の高井が、ももの父親?だという衝撃展開にパニックになってます。

 

見逃したって人はHuluでどうぞ。

 

スポンサーリンク

 

 

目次

  

【高嶺の花】4話のあらすじ!

もも(石原さとみ)は吉池(三浦貴大)に会い、奥さんのことを伝えたあと、好きな人ができたことを伝える。

 

直人(峯田和伸)は、ももとキスをして以来、目も見られず挙動不審になっていた。

  

芸術家は素晴らしいと話す直人だったが、そんな良いもんじゃないと否定するももと一緒にスイカを食べる。

 

直人が図書館で借りた“48手”という本に、「一度目のキスはまぐれ」と書かれていて気にしてしまう直人。

 

一方、龍一(千葉雄大)の家元と結婚するという言葉を受けてなのか、なな(芳根京子)は、月島流の家元になりたいと市松(小日向文世)に申し出る。

 

ななは、自分も家元候補になったとことをももに伝える。

 

「お姉ちゃんに振り回されたくない!バカにしないで!」と家元の指示もありながら、これまでに溜まった思いをももにぶつけ、飛び出すのだった。

 

直人は幸平(袴田吉彦)と太郎(吉田ウーロン太)と一緒にキャバクラでももと飲む。

 

浮気はみんなしてると話す幸平と太郎だが、真剣な顔で俺はしないと語る直人。

 

ももに二度目のキスをされた直人は膝から崩れ落ちてしまう。

 

自分は華道を辞め、ななを家元にするよう市松にお願いする。

 

そして直人は雑誌で、ももが月島の華道家だということを知り、高嶺の花だったと衝撃を受ける。

 

その後、ももに呼び出され家に行き結ばれる直人。

 

「高井、辛いか?苦しいか?すぐそばにいる娘に父親だと名乗れぬことを」

 

運転手の高井雄一(升毅)は、ももの父親だったのか!?

  

スポンサーリンク

 

 

【高嶺の花】4話!運転手の高井はももの父親?

 

 

 

やっぱり運転手の高井が父親だったという展開に驚きの声が集まってました。

 

ももの父親は家元の市松じゃないの?

 

ななは本家じゃないから普通だと家元になれない?

 

もう月島家の家系図を出してくれないと理解できなくなってます。

 

次週予告では、「君の母親との約束だから」と家元が病室で寝てるし、意味が分からなくなってきたぞ。

 

来週を見ろってことだね。 

  

【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中なので、まだ「高嶺の花」を見てない人はぜひ^^ 

 

gj.hatenablog.jp

 

スポンサーリンク