GJ

芸能情報ブログ

【モンテクリスト伯】最終回の最後は真海と愛梨?原作からネタバレしてみる!

f:id:yuhei2261:20180614225922j:plain

「モンテクリスト伯」最終回見たけど、あっという間の2時間でした。

 

 続編をぜひお願いしたい!

 

そして、最後に海辺を歩く2人の男女は真海愛梨だったのか?

 

真海は生きてたのかを、原作からネタバレをしてみます!

 

動画をもう一度見たい人はここ!

gj.hatenablog.jp

 

スポンサーリンク

 

 

目次

  

【モンテクリスト伯】最終回のネタバレ感想

真海(ディーン・フジオカ)はこれまでのことを思い出しながら、監獄を脱出するときに使ったナイフを研いでいると、守尾信一朗(高杉真宙)が訪ねてくる。

 

未蘭(岸井ゆきの)があんな目にあったことで、怒りに震える信一朗だったが、「あなたには幸せがやってきます」と話し、真海は詫びる。 

 

未蘭に毒を飲ませた瑛理奈(山口紗弥加)は、貞吉(伊武雅刀)に罪を被せ、濡れタオルで口を塞いでいたところに入間公平(高橋克典)が帰ってきて未遂に終わる。

 

貞吉とボードを使って入間に、犯人が瑛理奈だと伝える。

 

倉庫に閉じ込められた神楽(新井浩文)は、金貸しの天野(柳俊太郎)の手下に激しい拷問を受ける。

 

真海はそれをルービックキューブをしながら見物していると、江田愛梨(桜井ユキ)から南条幸男(大倉忠義)が病院から逃げたと連絡が入る。

 

未蘭がいる病院で、真海は入間に会い、留美(稲森いずみ)が安堂完治(葉山奨之)と一緒に逃走中だということを伝える。

  

すみれ(山本美月)は、真海に復讐なんか辞めてと止めようとすると、全てを捨てて私と結婚すれば止めようと話し出す真海。

 

入間は安堂完治に、留美と自分が両親だと全てを伝えると、これまでのことを思い出し吐いてしまうが、最後は受け入れたような表情をして入間の車に乗り込んでいった。

 

入間は安堂完治をフィリピン行きの船に乗せると話をしたがそれは嘘。入間は安堂を刺し、土に埋める 。

  

真海は神楽の隣の部屋で、料理を見せつけながら食べたあと、人を利用して自分は悪くないと言う神楽が一番許せないと怒る真海。

 

留美の母親の強さは誤算だった。感動したとDNA鑑定の書類を渡した真海は、入間と留美の間に隠し子がいることを瑛理奈に知らせる。

 

安堂は、またしても土屋に掘り返され一命を取り止めていた。

 

テレビ放送を通じて、留美が全てを暴露し、焦る入間。家に帰り、瑛理奈と逃げてどこかで暮らそうと話すが、瑛理奈は毒を飲んでいて亡くなってしまう。

 

「信一朗さん、もう大丈夫です」未蘭は、無事だった。

 

真海のお願いで面会謝絶にされていて、真海が渡したのは解毒剤だったのだ。

 

土屋に急ぎで渡してくれと愛梨を外へ。

 

南条と神楽とすみれを家に招き、床にガソリンをまいた状態で、最後の晩餐を始める真海。

 

余興として、暖のプロポーズ動画を流す。

 

「すみれは関係ないだろ、助けてやれ」と話す南条に、私と一緒になるなら復讐を辞めることを話す。

 

「あなたを必ず幸せにします。私と結婚してください」

 

すみれの答えは・・・

 

「はい...私は真海さんと結婚します」

 

「万歳... やっぱり最後に愛は勝つんだ」

 

真海の計画は終わったと、みんなを家から帰してしまう。

 

「楽しかった」とつぶやき、家に火を放つ。

 

その後、真海は行方不明になる。

 

最後、2人の男女が海辺を歩き、出会うシーンでエンディングとなる。

 

スポンサーリンク

 

 

最後は真海と愛梨なのか? 

 

 

 

最後のシーンで、真海と愛梨なのか意味が分からないという人が続出。 

 

原作からネタバレすると、原作のラストでは真海と愛梨の2人の役が一緒に旅に出るという設定なので、いちお真海は生きてたというラストになったんだと解釈しました。

 

途中、真海がすみれと結婚してくれとプロポーズするシーンは嘘だろ?と信じられなかったです。

 

でも、すみれの愛を確認した瞬間、真海の復讐は終えたんだろうなと思うと悲しい復讐をしなければいけなかった暖に同情しました。

 

 2人で幸せに暮らしてほしいなと思えるラストでした。

 

もう一度「モンテクリスト伯」を見返したいという人は、Yahoo! JAPAN IDを利用すれば[PR]【フジテレビオンデマンド】で2週間無料で見られます!(2週間以内に辞めれば解約金も一切かかりません!

 

しかし、「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了するので、お早めに!

 

 

原作のネタバレについて。

gj.hatenablog.jp