GJ

芸能情報ブログ

廣津留すみれが深イイ話に!バブリーお母さんの5分の教育法が凄い!

f:id:yuhei2261:20180611210151j:plain

世界大学ランキング3位のハーバード大学と世界1位の音楽大学のジュリアード音楽院の両方を首席で卒業したという天才の廣津留すみれ

 

彼女は一体何者なのか、深イイ話で密着してたので見ていきます! 

 

スポンサーリンク

 

 

目次

  

廣津留すみれが深イイ話に出演

f:id:yuhei2261:20180611213618j:plain

世界のすごい大学を首席で卒業するということで、自分の想像すら及ばない世界にいる廣津留すみれだけど、同じ日本人というだけの共通点だけど、なぜか自分が誇らしく思えてくるから不思議(笑)

 

お父さんお母さんがクラシックが好きだったこともあり、2歳でバイオリンを始め、その後は小学校、中学校ともちろん日本一になり、高校生のころには全米デビューし、クラシックの聖地と呼ばれるカーネギーホールでも演奏したという。

 

前世で相当徳を積まれた人なんだろうな〜、自分なんか何をどう頑張ってもこんな人生を送る可能性は0%だったと思うw

 

職業は、バイオリニスト。

 

廣津留すみれが、車のクラクションの音がドだとか電子レンジの音がシとか絶対音感なんて持ってて当たり前の世界に住んでるだろうに、深イイスタッフに教えてあげてるところを見ても、優しい人なんだろうなと思った。

 

そして、さらにすごいのが音楽だけじゃないってところ。

 

ハーバード大学で数学と社会学と音楽のジョイントからのグローバルヘルスを勉強して卒業したって話してたけど、もう付いていけてない俺w

 

東京の金持ちの地域で生まれたお嬢様かと思いきや、大分で自営業をする普通の家庭に育ったってマジか?全く信じられん。

 

小学校、中学校、高校と大分の公立の学校に通ってたと言ってたけど、そこからハーバードに行くって選択肢が出てくるか?

 

でも、4歳で英検3級、高校で英検1級に合格したというから凄いのはすごかったようです。

 

廣津留すみれも凄いけど、育てた親がすごいんじゃないかということで、お母さんが登場。

 

お母さんは寒い中で真っ黄色のミニスカ履いてて、格好が若くて現役感が強い!

 

バブリー世代のお母さんはシャレオツとか業界用語を連発してたけど、お母さんの若い頃の写真がマジで美人でした。会場からも歓声が上がってた。

 

バブルを経験したお母さんは、娘にも刺激的な経験をさせてやりたいという教育方針で育てられたから天才になれたのかも。

 

バブリー母さんは、超多忙な廣津留すみれのスケジュールを見て、この隙間時間は何?と質問する。

 

5分の時間があればいろんなことができるという考えで、5分刻みのスケジュールで英語や数学と勉強させれば飽きる前に次の刺激がもらえて勉強の効率が上がるという!

 

マジか、自分のこのやり方取り入れてみようかな。

 

お母さんは地元大分で英語教室を経営されているということで、お母さんも頭が良いんだなと思ったら、

 

ひろつるメソッド 子ども英語 Don Don English!」って、英語の本を出版してました!さすが。

 

そして最後、廣津留すみれはバイオリニストになるのかと思ってたら、音楽を生かしたマネジメントビジネスを立ち上げたいと語ってました。

 

これはまた密着されるような人になること間違いなしだな。

 

スポンサーリンク

 

 

廣津留すみれへの感想

 

 

 

凄い、カッコイイって思う人と、あまりの凄さに自信を失う人がいました。

 

自分のお母さんがこんなバブリーお母さんだったら、自分も可能性があったの?

 

ねぇ、神様!教えてよ!

 

って、見終わったあと、謎の感情に陥るのでした(笑)

 

スポンサーリンク