GJ

芸能情報ブログ

【モンテクリスト伯】山口紗弥加の犯人役が怖いけど絶賛される!

f:id:yuhei2261:20180517230401j:plain

こんばんは、GJです!

 

山口紗弥加さんが、ご機嫌な主婦役で終わるわけがないのに、なんで俺は見抜けなかったんだ。

 

怖い演技をする山口紗弥加、、、最高です^^ 

 

モンテクリスト伯、5話のネタバレ感想を書いてます

 

gj.hatenablog.jp

 

スポンサーリンク

 

 

目次

  

留美が切ない

安藤完治(葉山奨之)が目を覚ますと、テーブルの上に「夢をかなえてね。」という置き手紙と300万円を置いてあった。

 

留美(稲森いずみ)はお金を置いたあと、神楽清(新井浩文)の元に戻るのだった。

 

出口を帰国させる

真海(ディーン・フジオカ)は、入間公平(高橋克典)の娘と婚約している出口文矢(尾上寛之)をマレーシアから日本に帰国させる。

 

感謝する出口に、真海は入間貞吉(伊武雅刀)の命を奪ってくれないかと持ちかける。

30億円の遺産が受け取れなくなることをチラつかせ、結婚する前に貞吉がいなくなれば相続できるだろうと揺さぶりをかける。

 

未蘭と信一朗

一方、未蘭(岸井ゆきの)は守尾信一朗(高杉真宙)の魚屋さんに行き、ダボハゼを受け取る。

結婚が無くなりそうだと信一朗に打ち明け、ランチデートで良いムードの2人。

 

未蘭はルンルンで家に帰ると、出口が家に来ていた。

入間公平は遺産が無くても、未蘭と結婚してほしいと出口に頭を下げ、出口もそれに答える。

 

未蘭は「結婚することになった」と信一朗にメールをするのだった。

 

すみれは暖だと気づいていた?

すみれ(山本美月)は真海のパーティーに来ていたメンバーを知り、暖がからんでるんじゃないかと疑いだす。

 

真海に会いたがっていたすみれを拒絶していたが、入間夫妻を呼んでいた場所にすみれがやってきて動揺する真海。

 

「真海さんは今、幸せですか?」

と真海の腕を掴む質問をするすみれは暖だと気づいていたのか?

 

ハンカチで 

信一朗がダボハゼのオスを持ってきて1人になった出口は、真海に言われたとおりハンカチを濡らして貞吉を・・・

 

しかし、未蘭が部屋に帰ると、出口が倒れていた!

事件性が考えられたが、警察の入間は穏便に済ませるような形を取る。

 

出口をやったのは誰?

出口をやったのは、動けない貞吉だというのか?

 

犯人は、入間の奥さんの瑛理奈(山口紗弥加)が毒を持っていたのだ!

 

これで入間家は終わったと語る真海だった。 

 

スポンサーリンク

 

 

山口紗弥加が怖い

 

 

 

最後のオチで、山口紗弥加が歌いながら食器を洗うシーンで、犯人発表。

 

怖すぎるけど、それが最高と絶賛する声に溢れてました。

 

いやー、面白すぎる!来週が待てない。無理(笑)

  

暖の相棒、江田愛莉と原作のネタバレ。

gj.hatenablog.jp

 

スポンサーリンク