GJ

芸能情報ブログ

【シグナル】桜井が殉職する鬱展開!生き返るパターンはあるか?

f:id:yuhei2261:20180515220055j:plain

こんばんは、GJです。

 

桜井さぁーーーん!と叫びたくなるような衝撃の展開に開いた口が塞がりませんでした。 

 

しんどい場面も多いですが、このドラマは私の心を完全に鷲掴みにして離しませんね^^

 

それでは5月15日に放送された【シグナル】6話のネタバレ感想を書いていきます!

 

gj.hatenablog.jp

 

スポンサーリンク

 

 

目次

  

工藤は犯人じゃなかった 

「工藤は犯人じゃありませんでした。

この事件は未解決のままで良かったんです」

と泣きながら無線機で説明する大山(北村一輝)。

 

三枝(坂口健太郎)のアドバイス通り郵便受を調べると、工藤(平田満)の指紋が検出され、家の住人が工藤の写真を見てこの人だと言う。

 

娘の和美(吉川愛)は必死に「お父さんじゃない!」と大山を説得するが疑いは晴れず、「おばさんをよろしくな」と声をかけ、バスに乗る娘を送り出したあと、大山に連れて行かれる。

 

工藤を犯行時刻に見たというアリバイが見つかるが、警視庁の上の人間からの指示で犯人は誰でもよかったというずさんな捜査をしていたのだ。

 

誘拐された矢部香織から電話 

誘拐されている矢部香織(野崎萌香)から電話がかかってきて冷凍車に乗っていて場所まで特定できるが、なぜ電話を取り上げなかったのか疑問を覚える桜井(吉瀬美智子)。

 

バスの交通事故

三枝は、工藤が矢部のお父さんを恨んでいたと動機に気づく。

当時香織は、和美と一緒のバスに乗っていて、交通事故に遭っていたのだ!

 

和美は足が挟まっていて助けてもらえず、爆発により焼死。

その瞬間を警察署のテレビで見ていた工藤は、香織の父親が和美より先に香織を救わせたことを恨んでの誘拐だった。

 

桜井が殉職

同じ目に遭わせてやるという思いから、当時の事故現場に矢部の父親を呼び出す工藤。

 

冷凍車に駆け寄る矢部。

現場に桜井が到着し、冷凍車に入り電気のスイッチを入れたその瞬間大爆発!

 

香織は別の場所の冷凍車に乗っており助けられ、矢部の父親も生きていたが、桜井が殉職!

 

真犯人を捕まえれば桜井は生き返る?

工藤が冤罪なら、真犯人を捕まえれば未来は変えられると考えた三枝は、泥棒に入られた家の息子3人は、みんな大学のヨット部という共通点を発見。

 

工藤の目撃証言が嘘だったら...

 

大山も白石の息子の自作自演だと気づき捜査を続けるが、岩田係長(甲本雅裕)は白石の父親は白石重工の社長だからこの事件からは手を引けと言われてしまう。

 

工藤と白石の接点を見つければ、事件解決に繋がるかも... 

  

スポンサーリンク

 

 

桜井さん殉職への感想 

 

 

 

桜井(吉瀬美智子)が殉職するというまさかの鬱展開に驚く人が多かったです。

 

工藤の復讐相手は矢部だったはずなのに、矢部は無事だったという展開は、工藤の詰めが甘いなと思いながらも、桜井さんが離脱する展開はビックリでした。

 

ただ、真犯人を捕まえ過去を変えれば未来が変わり、桜井さんが生き返るという展開もあると思うので、三枝と大山に期待したいと思います!

 

ただ、次週予告で岩田係長がお腹から血を流して倒れてたし、もうドキドキが止まりません。

 

3話続けて工藤の事件ということで、改めて連続ドラマの楽しさを実感しています!  

 

韓国版の「シグナル」が見たいという方は、[PR]31日間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】 でも視聴可能なので、合わせてぜひご覧ください^^

 

「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了するので、お早めに!

 

原作のネタバレについて。

gj.hatenablog.jp

 

スポンサーリンク