GJ

芸能情報ブログ

棒高跳の山地里奈がミライモンスターに!ライバルは同じ高校の田中伶奈 

f:id:yuhei2261:20180513112052j:plain

こんにちは、GJです。

 

ミライモンスターを見て、棒高跳びの面白さと、ライバルの存在って大事だなと感じました。

 

ミライモンスターに登場した棒高跳の山地里奈さんについて書いていきます!

 

スポンサーリンク

 

 

目次

  

高校は香川県観音寺第一高等学校

今日のミライモンスターは香川県観音寺市に住む山地里奈さん。

 

高校は香川県観音寺第一高等学校に通われてました。

 

友達にどんな人なのか聞くと「明るくて優しくて勉強も運動もできて完璧」だとべた褒めされていました。

 

好きな人はいる

17歳の高校3年生とお年頃ということで、スタッフが「気になる人はいる?」と質問すると「ウフフフ♡」と笑顔が止まらない。

 

これはどう見ても好きな人はいますね!

 

身長体重 

山地里奈さんの身長は163cm。体重は52kg。

特別大きくも小さくもないといった印象ですが、腹筋がバッキバキで凄かったです!

 

棒高跳びでのオリンピック出場は難しい

女子陸上界にとって、棒高跳びでオリンピックに出場したのは過去2人だけという厳しい世界。

 

メダルはもちろん無く、決勝進出者も0人。

 

そんな世界で東京オリンピック出場に期待されているのが山地里奈さんなんです!

 

2017年の香川県国体で、4m02cmというU-18の日本記録を出したのです! 

 

ライバルは親友の田中伶奈

「あの人には負けたくない」と山地里奈さんが語る相手は、なんと同じ学校の親友、田中伶奈選手!

 

同じ学校に最大のライバルがいるなんて、成長する上では最高の環境ですね。

 

2人は常に高校の1位と2位で争ってきているハイレベルなライバル関係。

 

筋力トレーニング

棒高跳びに必要なのは器械体操などに使われるような相対筋力だと考える詫間コーチの教えで、山地里奈さんはかなり筋トレをしていました。

 

走力、腕力、背筋力、握力、腹筋力と全身の筋力が求められるんですね。

 

妹は走り幅跳び  

家族構成は、お母さん、お父さん、山地里奈さん、妹の4人家族。

 

妹のさやかさんも同じ観音寺第一高校の1年生で、走り幅跳びをしているんだとか。

 

妹さんもお姉ちゃんと同じように陸上をされていて、ストイックなお姉さんを尊敬すると話されていました。

 

大会に出場

広島県で行われた「織田幹雄記念国際陸上競技大会」 

 

全国のトップアスリート13名が出場する大会で、アジア大会の日本代表選考も兼ねている大きな大会。

 

ライバルの田中伶奈さんと一緒に出場した山地里奈さんでしたが、田中選手は大会前に足首を痛め欠場することに。

 

3m80cmを飛ぶのを目標に臨んだ山地里奈さんでしたが、失敗。

 

7位タイと記録は伸びず。

 

優勝は4m10cmを飛んだ青島綾子選手でした。

 

世界記録が5m06cmを飛んだイシンバエワは、超人だということが改めて分かりました!

 

スポンサーリンク

 

 

棒高跳の山地里奈への感想

 

 

 

地元の高校生が特集されてるなど色々な声がありました。 

 

棒高跳びを見てると、手を離した棒が体に刺さらないのかなといつもヒヤヒヤしながら見てたのですが、山地里奈さんに注目していこうと思います。

 

大学2年生のときに東京オリンピックが開催されるということで、脂も乗ってきてると思うので、出場を楽しみにしてます!

 

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました^^

 

スポンサーリンク