GJ

芸能情報ブログ

「那須川くんやろうよ」堀口恭司が天心に挑戦状!RIZINが面白いことになってきた

 

プロ29戦全勝(24KO)の格闘家、那須川天心さん!

 

神童はどこまで勝ち続けるのか注目してたけど、強すぎで笑えてきたw

 

「那須川くんやろうよ」堀口恭司からまさかの挑戦状が!

 

RIZINが熱いです!

 

目次

 

スポンサーリンク

 

 

ファイトマネーは車

那須川天心さんはファイトマネーで高級車を2台買ったという。

 

ポルシェ 356 スピードスターという丸みを帯びた車で可愛いけど、カッコイイ。

 

「19歳でこんなの乗ったらアカーン!」って浜ちゃんから怒られてましたが、気になる値段は800万円でした!

 

那須川天心さんのお父さんも乗ってたということで、ファイトマネーで買ってくれたけど、まだ一度も乗ったことがなく、お父さんが乗りたかっただけという可能性が強いようです(笑)

 

那須川天心のプロフィール

めちゃくちゃ強いというのは知ってるけど、プロフィールをよく知らなかったのでジャンクスポーツで紹介されててよく分かりました。

 

5歳から空手をはじめ、11歳で空手ジュニア世界王者に。

 

12歳からキックボクシングに転向。アマチュア戦績は105戦99勝。

 

17歳でISKA 世界バンタム級王者。

 

生涯一度もダウン無し!

アマチュア通じて130戦以上戦ってきて、今まで一度もダウンをしてないというから驚き!

 

「効いたパンチも無い」

ダウンどころかパンチも効いたことないとすごい発言が飛び出してました。

 

トリケラトプス拳

漫画「範馬刃牙」が好きで、トリケラトプス拳のポーズをリング上で披露してるのありましたね。

 

範馬刃牙になってからイマイチ見てないけど、グラップラー刃牙は何十回も読んだけど、自分も大好きな漫画なんで、より応援したくなりました!

 

スーパーマン腕立て 

スパルタのお父さんに中学の時、タイに1人で武者修行に行かされたというエピソードのあと、スーパーマン腕立てを披露する那須川天心さん。

 

腕立て伏せをしたあと、腕と足をピーン!と伸ばすこと数回。

 

「おい、那須川、これどんな意味があるねん?」

 

浜ちゃんにツッコミを入れられてましたが、瞬発力が鍛えられるとのことでした!

 

【RIZIN.10】対 中村優作

ジャンクスポーツ終わりで、「那須川天心選手の入場です!」と紹介されて永ちゃんの曲をバックに歩いてくる姿にはシビれました。

 

相手は中村優作と日本人。

総合格闘技で活躍する人だったけど、キックボクシングルールに慣れてないのに那須川天心を相手にするのは厳しいんじゃないか?というのが見る前の印象。

 

身長体重は、ほぼ一緒。

ゴングが鳴った!

 

日本拳法を使うということで、ステップが軽く変わった動きをする中村優作。

思いっきりの良いパンチっぷりで面白いと思ったけど、那須川のパンチをもらい効いた感じになったら、癖なのかタックルを仕掛けてしまう。

 

中村選手の良いパンチが那須川に当たったと思ったら、胴回し回転蹴りが中村の顔を捉えダウンさせたところで1ラウンドが終了。

 

2ラウンド目も、中村の思いっきりの良いパンチが那須川をかすめる場面もあったけど、那須川のパンチで鼻が曲がる中村。

 

トリッキーな動きで面白い戦いだったけど、那須川天心の的確なパンチが当たり、スリーノックダウンで那須川天心の勝利!

 

いやー、那須川天心、強すぎでした! 

でも、中村優作選手も強かったです。 

  

スポンサーリンク

 

 

那須川天心への感想

 

 

 

那須川天心のあまりの強さに、驚く声、カッコイイという声援が飛び交ってました。

 

ボクシングの山中慎介さんも、センスはすでにボクシング世界チャンピオンと認めてましたが、トリッキーな動きをする相手にも的確にパンチを当てるセンスが凄すぎです!

 

堀口恭司が挑戦状

そして、次の試合。

 

左フック一発で相手を倒したあと、「那須川くんやろうよ」と那須川天心に挑戦状を叩きつける堀口恭司さん。

 

これはワクワクが止まりません!

2018年の大晦日の目玉はこれか?

 

ゴールデンウィーク最後、どこにも外に遊びに行ってない自分だけど、良いGWだったと思える締めくくりにさせてもらい、ありがとうございます!

 

天心 VS 堀口が実現

2018年9月30日のRIZIN13で、なんと夢の対決が実現しちゃいました!

 

こちらは試合後の那須川天心さんと堀口恭司さんのツーショット。

 

結果は、判定での天心さん勝利となりました。

 

天心さんの胴回し回転蹴りが堀口さんのテンプルを捉え、少し効いた感じが判定に影響したのかもしれません。

 

ただ、ダウンすることはなく、フルスイングでパンチを振るう堀口さんの迫力ったらなかったです。

 

総合がベースの堀口さんとしてはアウェイの戦いとなりましたが、山本KIDさんと魔裟斗さんが対決したときのような胸が熱くなるものがありました。

 

この試合をすると決断した時点で、2人は勝者です。

 

最高の時間をありがとうございました!

 

次は天心 VS 武尊が期待されますが、武尊さんは9月のK-1の試合で、年末に皇治を倒してやるって言われてました。

 

皇治...

 

武尊くん、やろうよ。

  

スポンサーリンク