GJ

芸能情報ブログ

【モンテクリスト伯】2話!顔をみんなに忘れられるもドヤ顔の暖(笑)

 

4月26日に放送された「モンテクリスト伯」

暖が日本に帰ってきた!

めちゃくちゃ面白かったんだけど、暖の顔をみんなが忘れててビビりました(笑) 

モンテクリスト伯2話のネタバレ感想を書いています。

 

gj.hatenablog.jp

 

スポンサーリンク

 

 

目次

 

暖が日本に帰ってくる!

守尾漁業の社長が銀行に融資してもらえるよう頭を下げるが貸してもらえない場面から2話はスタート。

木造の船がたどり着いてるというニュースのあと、真っ白の長髪姿になった柴門暖(ディーン・フジオカ)の姿が! 

実家に帰ってくるも、そこには家はなかった。

守尾に出会い、母親のことを聞くと、母親は餓死に近いような形で亡くなっていたと聞かされる。

 

裏切りを知る

話は独房にいた頃の話に戻る。 

ボロボロになりながら牢獄にいると、床から謎の男が現れる!

暖は穴を辿っていくと、男の独房に繋がっていた。

その男は20年前からここにいると話し、入間貞吉がラデルと繋がりが強い男で、息子の公平(高橋克典)と神楽清(新井浩文)にハメられたことを知る!

 

脱獄

謎の男は、ラデル共和国の元大統領ファリア真海(田中泯)だった! 

脱獄しようと穴を掘るファリア真海を手伝い、掘り進めもう少しで海に出るというとき、ファリア真海が亡くなってしまう。

遺体を海に捨てると聞いた暖は、入れ替わり脱獄に成功したのだ!

 

すみれが南条と結婚

すみれ(山本美月)が南条幸男(大倉忠義)と結婚していたことを知った暖。

お店にいた地上げ屋の寺角類(渋川清彦)を問い詰めると、神楽が暖の家を売り、今や不動産王になってること、怪しい手紙を持ってると言い出したのが神楽で、通報したのが南条だということを聞き出し、放心状態になる暖。

 

スイス銀行

ファリア真海は、お金を狙われてラデル共和国で拷問を受けたが、お金の在りかは喋らなかった。

暖は、お金がシンガポールのスイス銀行にあることと、パスワードと名前を教えてもらっていた。

 

守尾漁業を救うモンテクリスト伯

守尾のおじさんが亡くなる。

「どうだ、2回目の結婚もいいだろう」

葬儀で、神楽がすみれに話かける。

他にも、南条に入間と悪者大集合の中、守尾漁業は潰れる。

しかし、暖が1億円の小切手を渡すのだった。

 

暖の顔を忘れる南条と神楽!

「竜宮城からきました」と南条と神楽の前に現れる暖。

名前がモンテ・クリスト・真海になってました! 

目の前に顔出して会ってたけど、すぐ気づかないものなの?

しばらくたって、あー!お前は!ってなるかと思ったら全然なくてビビりました(笑)

 

Let it snow! (初回限定盤A CD+DVD)

ディーンフジオカさんの英語の発音がたまらない。

 

スポンサーリンク

 

 

モンテクリスト伯2話の感想

 

 

 

自分と同じように顔を覚えていないことを不思議に思う人が多くいました。

特別整形をしてる訳でもないし、暖は気づいてもらうつもりでサングラスを外したはず。

 

なのに気づかず、自分だったら恥ずかしいってなりそうなところを、暖は余裕のドヤ顔で、クルーザーに飛び乗っていきました(笑)

 

でも、ストーリーがどんどん盛り上がってきて、来週から始まる復讐劇が楽しみでなりません! 

 

原作のネタバレについて

gj.hatenablog.jp

 

スポンサーリンク