GJ

芸能情報ブログ

【コンフィデンスマンJP】2話のネタバレ感想!ダー子に何度も騙されたw

 

4月16日放送の「コンフィデンスマンJP」 

ダー子に何度騙されたことか(笑) 

大どんでん返しの展開が最高でした^^ 

今回は【コンフィデンスマンJP】2話のネタバレと感想を書いています!

 

gj.hatenablog.jp

 

目次

 

スポンサーリンク

 

 

ロシアンマフィア

リチャード(小日向文世)とボクちゃん(東出昌大)が営業する寿司屋にロシアンマフィアを連れて行くダー子(長澤まさみ)。

スーパーの寿司をさもベテランの大将のように振る舞うリチャードが笑えましたw 

2億円で、ボスがロシアでお店を出してほしいとお願いしてきて話はうまくまとまるはずだったが、立ち入り禁止の場所だと注意しに来た人のせいで嘘がバレてしまう! 

  

「すずや」が買収される

「失敗したとき大事なことは助け合わないこと」 

と話すダー子とリチャードに呆れ、またもやボクちゃんが出て行く。

ハローワークで、温泉町にある老舗旅館『すずや』住み込みで働く仕事を見つけ働いていた。

しかし、隣町に桜田リゾートという大きなホテルを立てた桜田しず子社長(吉瀬美智子)の影響と口コミサイトの嫌がらせ行為により「すずや」はタダ同然で買収される。

「いくらあれば、あの連中に売らずに済むんですか?」

1億5千万必要と知ったボクちゃんは、2ヵ月後にダー子たちのところへ帰ってきたのだった。

 

しずちゃんの元に潜り込むダー子

ダー子の得意の詰め込み勉強でホテル業界のことを学び、しずちゃん(吉瀬美智子)の元に潜り込もうとする。

「あなたみたいなタイプ、すっごく嫌い」

と言われてしまうが、平社員としていちお雇ってもらえることになるが、その後真鶴建設の娘と思わせて側近にさせてもらえることに。 

 

無人島をしずちゃんに買わせようとしていたが

カジノを建設する場所を真鶴だと思わせることに成功。

建設予定地と思われる無人島を2億で買おうとしていた桜田だったが、競合するホテルと話してると思わせ、5億で買ってもらうところまでいくが、

 

「誰かが憎まれ役になっても外資から日本旅館を守らないと。それができるのは私だけだと思ってる」

桜田の意外な一面を見たボクちゃんに迷いが出始めていた。

 

「私がこの家(うち)を取り戻す」

5億円を並べられた状況の中、桜田が生まれ育った民宿を追い出されたというエピソードを話し、ボクちゃんが桜田の本心を探る。

 

無人島の本当の所有者を探し出し、嘘を見抜いた桜田。

ダー子はボクちゃんを助けることはせず(笑)

無人島の本当の所有者は、あっさりと5億で契約書にサインしてしまう。

 

ダー子の天才的罠に驚いた

水内大臣が統合型リゾートの建設地は沖縄になったと発表。

無人島に急いで向かうと、なんと5億円を受け取った小松という男も実は偽物だったという2重の罠を張っていたのだ( ゚д゚)

桜田に情報を流してた五十嵐って男もダー子の仲間だったとは!

ボクちゃんが心変わりする場合も想定していたとは、ダー子は天才だなと思ったけど、求人情報の段階から始まってたのか( ゚д゚)

 

その後

料理長と熱い抱擁を交わす操(本仮屋ユイカ)を見て、恋を諦めたボクちゃんはお金を寄付して去る。

そのお金で板長と再婚し、都内にマイホームを建てて、割烹料理店を出してた。

なんかムカつくw

 

桜田は会社を辞め、外国人向けのゲストハウスを夫と一緒に始めたという。 

「一緒に入ろうよ〜!」 

と温泉ではしゃぐ長澤まさみがぐぅカワでした♡ 

 

ノーダウト (完全初回限定生産盤) [ Official髭男dism ]

また主題歌がカッコよかったです!

1話でも流れてたっけ?w 

  

スポンサーリンク

 

 

【コンフィデンスマンJP】2話の感想

 

 

 

今回も面白いという声がさらに増えたように感じます。

自分も1話は、あまり入り込めなかったのか酷評してしまったのですが、2話目を見て本当に良かったです。

やっとコンフィデンスマンJPの面白さに気づけた気がします! 

  

スポンサーリンク