GJ

芸能情報ブログ

【99.9 最終回】重版出来の週刊バイブスとのコラボにファン歓喜!

f:id:yuhei2261:20180318223048j:plain

【99.9】最終回で、まさかのドラマ「重版出来」に登場した週刊バイブスに喜びの声が上がっています。

【99.9】最終回のあらすじと感想を書いていきます! 

 

スポンサーリンク

 

 

ドラマ「99.9 シーズン2」最終回のあらすじ

まずは、99.9の最終回のあらすじを見てみます!

深山(松本潤)たちのもとに、死刑囚・久世貴弘(小林隆)の再審請求の依頼がきた。 依頼人は、久世の息子・亮平(中島裕翔)。久世は8年前に妻を殺害後、放火したとして「建造物放火及び殺人罪」で死刑判決を受けていたが、息子の亮平は「両親は仲が良く、父が母を殺すわけがない」と言い切っていた。

 

深山と舞子(木村文乃)は、自分自身の経験もあり、久世の無実を立証するために調査に乗り出すことに。 しかし、再審請求は『開かずの扉』と呼ばれるだけあって、一度最高裁で結審した判決を覆すことはほぼ不可能に近く、苦戦を強いられる。その上、再審請求を審理する裁判長に川上(笑福亭鶴瓶)が就任する。

 

久世の無実を立証すべく奮闘する深山たちに辛酸をなめさせられ裁判所内で後がない川上は、建前では公平に審議するためと言いつつ、深山たちに無理難題を押しつけるのだった。 佐田(香川照之)はマスコミ介し世論にアピールすることで、審議を有利に進めようとするが、反対に都合が悪いことを週刊誌に書かれてしまい、依頼人である亮平たちからの信頼を裏切ってしまう…。 0.1%の可能性さえも潰されつつある中、深山たちは事実にたどり着き、『開かずの扉』をこじ開けることができるのか!?

出典:TBS

最高裁までやった後に再審請求をありにしちゃったら、それまでの審議は何をしてたの?って疑問に思っちゃうのは素人なのかもしれないけど、戦後70年で再審請求から無罪を勝ち取ったのは9件あるという情報を言ってて驚きました。

よっぽど確たる証拠が出てこないと無理だよね。

 

警察の取り調べがどんなに厳しくても、本当にやってない場合は自白してはダメなんだよね。

自白するぐらいなら黙秘した方がいいのかな?

 

久世さんの主張と裁判で違った点は2つ。

・灯油を5ℓ買ったと話すが、15ℓ買った記録が残ってる

・ガソリンスタンドから駐車場までの時間。 

 

ガソリンスタンド店員(三浦大輔)の証言と映像を検証すると、防犯カメラの時間がズレていた。

久世が買った灯油は5ℓしか買ってなかったと証明されるが、裁判長の川上こと悪鶴瓶が、5ℓの灯油を買う前に、ポリタンクが空っぽだったことを証明しろと言ってくる。

 

天かすを大量に一箇所に集めておくと自然発火することがあるという実験は見ていて、怖いなと思いました!

火元は2箇所あった!

  

f:id:yuhei2261:20180318223246j:plain

犯人は、海老沢さんというメガネ君。

週刊バイブスが燃えてたなんて確認できないし、火はあっという間に2階に到達するのに、火は背の高さぐらいだったという話はウソ!

女子高生の体操服の収集癖があった海老沢は、山岡に知られ、脅されていた。

  

f:id:yuhei2261:20180318223322j:plain

てか、重版出来ファンとして、週刊バイブスを燃やしてるんじゃないよ! 

 

悪鶴瓶が再審する決断をしてくれ、ついに「無罪」と認める( ゚д゚)

鶴瓶さんの良心が復活してくれてよかった。 

そして最後、榮倉奈々ちゃんが帰ってきてくれてテンション上がったー^^ 

 

スポンサーリンク

 

 

重版出来とのコラボへの感想

 

 

燃やされた雑誌、どこかで見たことあるなと思ってたら、「重版出来」でしたね。

あのドラマも見てたけど、大好きだったので今回のコラボは嬉しかったです。

重版出来の公式ツイッターもツイートしてたし嬉しい限り。

99.9はいろんなところの小ネタを取り入れてたけど、SNS時代のドラマはコラボが主流となってくるかもしれませんね! 

 

 

重版出来!」を見たことない、もう一度見てみたいという人はぜひ^^

 

スポンサーリンク