GJ

芸能情報ブログ

【リピート】大森知恵(安達祐実)の狙いが意味不明なのと興信所の谷本が迫ってきて怖い。

f:id:yuhei2261:20180223011634j:plain

2月22日放送のドラマ【リピート】の第7話! 

さすが安達祐実さんと思わせる演技は圧巻でした。

大森知恵の狙いが分からず怪しくなってきて、興信所の谷本という新たな不審人物が出てくるなど、さらに目が離せない展開となってきました! 

「リピート」7話のあらすじと感想を書いていきます。

 

gj.hatenablog.jp

 

スポンサーリンク

 

 

ドラマ【リピート】7話のあらすじ

由子(島崎遥香)に襲われる篠崎鮎美(貫地谷しほり)だったが、もみ合いの末、あっけなく亡くなってしまった由子。

救急車を呼ぼうとする鮎美だったが、もう手遅れだと止める毛利圭介(本郷奏多)。

え、じゃあどうするの( ゚д゚)ドキドキ

 

天童太郎(ゴリ)が駆けつける。

「私のせいだ」

と自首しようとする鮎美だったが、リピートがバレるからダメだ。

「もう一度リピートするんだ!」

天童が由子の遺体を山に埋めてくる。

 

由子の携帯に大森知恵(安達祐実)から電話の着信があり、大森と会うことに。

電話をした目的を問いただすと、リピートの秘密をどうやって知ったのか確かめようとしてたという。

由子がもういなくなったことを伝える。

リピートのことが世間に知られて一番困るのは風間(六角精児)だと予想する。

 

f:id:yuhei2261:20180223011853j:plain

鮎美はかなりショックを受けていた。

そんなとき、江戸川興信所の谷本健一という男が、由子を探していると写真を持って訪ねてくる。

由子が行方不明になり、由子の両親が依頼していた。

 

「俺は鮎美と生きたい」

リピートすることにも不安を抱える鮎美を励ます圭介。

風間と会い、リピートをお願いするも拒否され、リピートを公にされても困らないといい交渉決裂かと思われたが、大森知恵がお願いすると考えてくれるという。

 

リピートするまであと8ヶ月。

それまで生き残れるかなと意味深な発言をする風間。

リピートメンバーが次々と亡くなっている。

毛利に風間を尾行させ、天童は坪井を探すことに。

堂々と真後ろを尾行する毛利にちょっと笑っちゃいましたw

たどり着いたのは「ミラーズコート」という寂れたマンションだったが見失ってしまう。

 

坪井(猪野広樹)の前に、なぜか現れた大森が、鮎美たちを出し抜いて自分たちだけでリピートしようと提案する!

毛利からミラーズコートという言葉を聞き、顔色を変えた天童は、風間のことは俺に任せろと急に言い出し、怪しむ毛利。 

 

毛利から写真の仕事に戻れるようになったと聞き、喜ぶ鮎美。 

「良いことも悪いことも共有して生きていくんでしょ♡」 

 

坪井が何者かに襲われ、亡くなる... 

興信所の谷本が、毛利までたどり着いてしまった。

 

スポンサーリンク

 

 

大森知恵(安達祐実)と谷本への感想

 

 

 

今回は、安達祐実さん演じる大森が怪しかったのと、興信所の谷本が怪しいという声が多かったです。

大森の狙いがなんなのか意味不明でした。

坪井にリピートを持ちかけてたけど、あれは大森さんがやったのか? 

それと興信所の人を名乗る谷本って人が、刑事か!とツッコミを入れたくなるぐらい追い詰めてくる感じがして怖かったです。

そんな有名そうじゃない役者さんだから、またリアリティがあり怖いのがGoodでした! 

  


 

番組の最後にプレゼント企画もしていましたが、「リピート」には原作本があります!

ドラマとは違う結末になる可能性もありますので、気になる方はぜひご覧ください^^

 

スポンサーリンク