GJ

芸能情報ブログ

【BG】ザッキーと河野純也の友情の5話!満島真之介の涙に泣けた。

f:id:yuhei2261:20180215215840j:plain

2月15日に放送された【BG】の第5話。

「じゃあな、ザッキー」

河野純也(満島真之介)の涙にやられました(泣) 

「BG」5話のあらすじと感想を書いていきます!  

 

gj.hatenablog.jp

 

スポンサーリンク

 

 

【BG】5話のあらすじ 

過去に怪我させた、サッカー選手の河野純也(満島真之介)の場面を夢で見たあと、目を覚ます島崎章(木村拓哉)。

空港の天井が落ちてきたとき、島崎は河野ではなく、近くにいる子供達を救っていたのだ。

 

今回の依頼は、ピュアネスというスポーツのチャリティ団体からの依頼だったが、島崎の顔色が変わる。

高梨(斎藤工)にBGに推薦される島崎だったが、沢口(間宮祥太朗)にしてもらうことに。

ピュアネスは、サッカー選手の河野が代表だったのだ! 

 

今回の警備の内容は、ミラノへのチャリティーオークションに参加するので、空港までの警備。

「一つわがままを言ってもいいですか」 

河野から、島崎に警備をしてほしいと指名してくる。

島崎は、ボディーガードをしていたことを日ノ出警備保障のメンバーに打ち明け、任務が終わったら全てを話すと約束するが、メンバーたちには嫌な空気が流れていた。

 

「懐かしいな〜、ザッキー」

とフレンドリーな対応をしてくる河野だったが、「“今度は”ちゃんとしてよ」と棘のある言い方をする。

ミラノに行くはずなのに、明後日の日本でのサッカーイベントに出席することが判明する。

 

チャリティーは嘘で、ミラノに海外逃亡する予定だった!

海外逃亡する手助けをしたとして、日ノ出警備保障の免許が剥奪される危機の中、車を発進させる島崎。

 

「一度ならず二度までも、俺が海外に行くのを邪魔する気?」 

空港につくと河野を逮捕しようと警察が待ち構えていた。

それを見て、取り乱す河野を説得しようと話し合う。

 

警察に出頭するが、その前にケジメをつけたいとガッキーと2人で、世話になった人のところへ行く。

出頭するというのは嘘で、島崎を悪い組織のいる場所に連れて行ったのだ。

暴力を受ける島崎だったが、クビにされたら、ボディーガードではないと悪い奴らをボッコボコにする!

 

悪い奴らは、海外逃亡したら島崎に全ての罪を負わせようしていたのだ。

海外で活躍できるか怖くて、ケガを理由に引退したと、涙を流しながらザッキーに別れをいう河野は、警察に連れていかれる。 

 

スポンサーリンク

 

 

ザッキーと河野純也への感想 

 

 

 

ザッキーと河野純也の友情に、皆さんも感動されていました。

満島真之介さんの泣きの演技がすごかったです!

涙をこらえてる感じを見てると、こっちまで涙腺がぷるぷるしてきちゃいました。

いやー、面白い回でした^^

 

 

風俗行ったら人生変わったwww

満島真之介さんのシリアスな演技も良かったのですが、やっぱりちょっとおバカなぐらい明るい役が自分は好きです!

そんな満島さんが見たいという人はこちらがオススメ。

くだらないけど、意外と感動します^^

 

スポンサーリンク