GJ

芸能情報ブログ

【深イイ話】スーパーせっかちなバイオリニスト千住真理子の“人生時短”にシビれた!

f:id:yuhei2261:20180212212836j:plain

ヴァイオリニストの千住真理子さんが、2月12日放送の「深イイ話」に出演されました。 

スーパーせっかちさんの千住真理子さんの“時短”という言葉に説得力があり、感動しました! 

 

スポンサーリンク

 

 

千住真理子のプロフィール

まずは、千住真理子さんがどういう人なのかプロフィールから見ていきたいと思います。

 

f:id:yuhei2261:20180212110934p:plain

出典:NEWSポストセブン

名前:千住真理子(せんじゅ まりこ)

生年月日:1962年4月3日

年齢:55歳(2018年2月現在)

出身地:東京都杉並区

血液型:A型

学歴:慶應義塾大学文学部哲学科卒業

仕事:ヴァイオリニスト

 2人の兄が日本画家、作曲家と芸術一家に生まれた千住真理子さんは、なんと12歳でプロデビュー!

つまり天才という簡単な言葉で片付けようとしてたのですが、1日14時間もバイオリンを練習されているので、才能プラス努力が必要ということですね。

ちなみに千住家の長男の博さんは、羽田空港のアートプロデュースをした人で、二男の明さんは、ドラマ「家なき子」での曲をはじめ、3000曲も作った作曲家でした!

 

千住真理子のバイオリンは数億円

f:id:yuhei2261:20180212211222j:plain

1716年製のストラディヴァリウス「デュランティ」

ストラティバリって人が、良いバイオリンを作れたという黄金の3年間。

このときに作られたバイオリンは、普通は博物館とか国が所有するけど、千住真理子さんは個人所有!

所有者が亡くなり、買わないかとお声がかかってきて、裕福な家だけどお金をかき集めてキャッシュで買ったという。

てか、数億円を買った・・・っていうのが信じられない。

数億円の数が気になりまくるw

 

音楽的な知識は全くないけど、バイオリンの音ってこんなに良いものなんだと感じました。

アルバムも出てるので、興味ある人はぜひ! 

 

スーパーせっかちさん

f:id:yuhei2261:20180212211406j:plain

深イイ話特有のあだ名は、「スーパーせっかちさん」「せっかちお嬢様」と呼ばれてました(笑)

バイオリニストで、せっかちと聞くと高嶋ちさ子さんを思い出すのですが、バイオリン弾く人はせっかちが多いんですかね?(笑)

あの高嶋ちさ子さんはブログで、「真理子姉さんは私の5倍ぐらいせっかち」だと書かれていました。 

これが本当ならヤバいですよね(怖)

 

f:id:yuhei2261:20180212211759j:plain

でも、なぜせっかちかというと、バイオリンの練習する時間を確保するためだと知り、感動しちゃいました。

「人生時短」

自分の座右の銘にさせてもらおうかな! 

 

f:id:yuhei2261:20180212212557j:plain

卵を焼く時間も勿体無いと、生卵を丸呑みって、すごすぎる(汗)

 

ボロボロの服を着る

f:id:yuhei2261:20180212212307j:plain

取材が始まった始まったとき、お兄さんが捨てようとしていたボロボロの革ジャンを着ていて大丈夫かな?と心配になったのですが、それにも深イイ意味があったのです。

バイオリンを盗まれないための盗難対策!

バイオリンなんか持ってませんよという身なりでカモフラージュし、家も赤外線が張り巡らされてると聞き、驚いちゃいました。

そりゃ、数億円のものがあるって考えたら、休まらないですよね。

 

スポンサーリンク

 

 

千住真理子への感想

 

 

 

 

みなさん、千住さんの凄さに驚かれていました。

色々なものを犠牲にしないと、あそこまでのすごい人にはなれないのだなと実感しました。 

俺は、料理して美味しく食べたいしあそこまでは無理だ。

でも、少しだけ参考にしたいと思います! 

 

4月16日の深イイ話

前回の深イイ話の放送が好評だったのか再びせっかちバイオリニストの千住さんが密着されていました。

 

美容室は千住シフト

美容院に行くと、せっかちお嬢様シフトが組まれていて、数人体制で準備を始める美容師さん。

開始2分で髪を染め始め、シャンプー台に移動するときはもうダッシュ!

こんな人、見たことないです(笑)

 

ステーキは4分

ステーキハウス「リベラ」で、ヒレステーキの300gも4分でペロリといっちゃうせっかちさん!

男性のマネージャーも急いで食べられてましたが、せっかちさんには遠く及ばず。

途中から大食いファイターの菅原さんに見えてくるぐらいの迫力でした!

 

バイオリンのきっかけはアインシュタイン

千住真理子さんがバイオリンをするようになったのは、おじいちゃんとおばあちゃんがドイツに留学するときに船の上でアインシュタインが演奏するバイオリンの音色に惚れ込み、子供にバイオリンをやらせたいと思ったからだというのです!

 

本当に実在していた人なのかと疑いたくなるぐらいの世界的な人なので、普通だと笑い話になっちゃいそうなところですが、千住さんのエピソードはガチなのでビビりました!

アインシュタインがバイオリンが好きだったというのもビックリですが、アインシュタインと会ってるだけでも凄すぎです。

 

おじいちゃんおばあちゃんはバイオリンが大好きだったけど、お父さんお母さんは大反対だったということで、親に認めてもらいたいという反骨心があったから今の自分がいるということが深イイポイントでした。

今回の密着もすごく面白かったので、また近いうちに3回目があるような気がしてます!

 

スポンサーリンク