GJ

芸能情報ブログ

【99.99】弁護人 明石達也のパロディはウケた!スピンオフで映画化を希望w

f:id:yuhei2261:20180204222107j:plain

2月4日に放送された【99.9】の第4話! 

「99.9 弁護人 明石達也」が実際に見られるときがくるのを楽しみに待ってます(笑) 

【99.9】第4話のあらすじと感想を書いていきます! 

スポンサードリンク

 

ドラマ「99.9 シーズン2」4話のあらすじ

f:id:yuhei2261:20180204222028j:plain

オープニングが、「99.99 弁護人 明石達也(片桐仁)」と別のドラマが始まったかのようなパロディから始まり、思わず笑っちゃいましたw

 

「撃ったね、親父にも打たれたことないのに」

「なんじゃこりゃ〜!」

ガンダムに太陽にほえろとパロディが止まらないw

明石はまだ弁護士になれていませんでした。

 

主人は犯人ではないと依頼に来た、岩村梢(有森也実)。

なぜかというと主人は亡くなる前、メールで遺書を送ったことになっているが旦那さんがいつも送るメールとは明らかに違っていた。

事件の決めてとなっているのは、スパナについた旦那さんの指紋がついていること。

 

梢は、タナハシ機械製作所から3億円の損害賠償請求をされていた。

断る佐田(香川照之)を無視して、事件現場へ向かう深山。

警察の記録では、契約を打ち切られると聞き、カッとなって命を奪ったはずなのに、聞き込みをすると、契約を打ち切られるかもと悩んでいたことが判明。

岩村は事前に知っていたことに、カッとなるのだろうか?という疑問が出てくる。

 

岩村は、モンスタークッキングという料理番組を見ていたアリバイが見つかる。

3億という高額な賠償金の請求は、岩村梢さんに相続を放棄させることが狙いだった。

主人は特許を持っており、相続を放棄した場合は、特許の権利も消滅する。

これは特許を巡り、トラブルが発生したのか?

 

警察は動いてくれないということで、民事裁判で刑事事件の無実を立証しようと考えた佐田は、民事裁判に受けて立つことにする!

凶器とされるスパナには、事件現場から1kmも離れた場所にある特殊なセメントがついていたのはなぜなのか?

何者かが、岩村さんにスパナを握らせたあと、被害者の遺体の近くに置いたと推測する佐田。 

 

相手弁護士の森本貴(近藤芳正)に手を回され、証人が供述変えてしまい、佐田ピンチ。

法廷で勝てれば事実はどうでもいいという森本貴に、事実だけを追い求める深山は勝つことができるのか?

 

目撃したと嘘の証言をさせる森本貴だが、見かけたという服装が違うことを防犯カメラの映像を見せ、足立(塚地武雅)が嘘をついていたこと証明した深山。 

真犯人は、政一郎(迫田孝也)だった!

スポンサードリンク

 

【99.99】明石達也への感想

 

 

 

みなさんも99.99%に笑ったようです。  

オープニングからたたみ込むようなボケの多めに、笑いすぎて大変でした。

まるで好きな芸人さんのネタを見ているようw

このドラマは、片桐さんがこの役をしてなかったらシーズン2はなかったんじゃないかと思えるぐらい重要な役だなと感じました。

いっそ、パロディで終わらせず、映画化やネット限定でもいいので作ってほしいです(笑)