GJ

芸能情報ブログ

【海月姫】稲荷を演じる泉里香の悪女の存在感がヤバイ!

f:id:yuhei2261:20180124144714p:plain

出典:フジテレビ

1月22日に放送されたドラマ【海月姫】の第2話!

稲荷を演じる泉里香さんが、悪女役で思ったよりグイグイ前に出てくるのが面白かったです。 

【海月姫】2話のあらすじと感想を書いていきます!

 

gj.hatenablog.jp

  

スポンサーリンク

 

 

ドラマ【海月姫】2話のあらすじ

「緊急事態」だと叫ぶ倉下月海(芳根京子)。

目白様こと目白先生が、締切日を勘違いしていて、締切が明日だと分かり焦る尼ーず達。 

目白先生の抱き合う絵を見て、先日の鯉淵修(工藤阿須加)にバックハグされたことを思い出して興奮する月海。 

 

蔵之介(瀬戸康史)がやってきて、汚れた手を洗おうとすると水道管破裂!

月海の部屋で着替えるとき、月海がクラゲの絵を見つける。

クラゲを見ているとお母さんを思い出すという月海の気持ちが分かると共感する蔵之介。 

 

水道管の修理代は20万円。

みんなの貯金を集めて直そうとするも、みんなお金を持っていない。

それを見た蔵之介は、オタク女子たちの大事なコレクションをフリマで売ることに。

なかなか売れない中、月海が作ったクラゲのぬいぐるみが飛ぶように売れる!

蔵之介はこれを見て、ネットで大量に売ろうと思いつき、尼ーずたちを働かせる。

 

人形を売ったお金と千絵子が日本人形を売ってくれたことで、20万円を作ることができ、安心する尼ーずだったが、蔵之介は再開発であの家が壊されそうになってることを知り驚く。

 

尼ーずたちはのんきに構えていたが、千絵子から天水館が売られることを知らされ、ここが無くなったらどうしようと焦る尼ーずに、蔵之介は抗議してくるよう促す。

 

住民説明会に行き、説明する稲荷(泉里香)に発言するよう当てられるも、辱められたと思い、飛び出す尼ーず。

 

そんな時、月海は、修と稲荷が一緒に歩いてるところを目撃し、失恋したような悲しい気持ちになる。 

 

蔵之介は、尼ーずを劇的ビフォーアフターと言いながら、ドレスアップさせ別人に変化させる。

落ち込んでいた月海の心は明るくなる。

 

稲荷の催眠術により、眠ってしまう修。

目を覚ますと、2人はベットの中にいて、状況を受け止められず飛び出す修。

 

修は過去に、父親が女性と関係を持ってる現場を見てしまい、女性に対してトラウマを持つようになっていた。

 

天水館にやってきた稲荷。

稲荷に怖気づいてる尼ーずだったが、蔵之介が帰ってきて、「ここを買う!」と言い、稲荷を追い出す!

 

修のメガネを持っていた稲荷が、彼女なんじゃないかと泣き出す月海を優しく抱きしめる蔵之介。

 

蔵之介は父親にお金を借りようとするも失敗。 

月海がウエディングドレスのような格好をしてるところに出くわした蔵之介は、クラゲのウエディングドレスを作りお金を作るぞと意気込むのだった。

 

スポンサーリンク

 

 

稲荷を演じる泉里香への感想

 

 

 

賛否ある部分もありましたが、泉里香さんの存在感がすごいことは分かりました!

自分としては、インディーどのCMに出てる綺麗なモデルさんというイメージしかなかったのですが、癖強めの悪女役がハマってて、女優さんとしても活動されてるんだと新鮮な気持ちでした!

 

地上げ屋の役、稲荷として来週も登場しそうなので、楽しみにしてます^^ 

工藤くん、逃げて〜(笑) 

 

スポンサーリンク