GJ

芸能情報ブログ

【アンナチュラル】久部(窪田正孝)はマスゴミのネズミでUDIに潜入していた!

f:id:yuhei2261:20180119230540j:plain 

1月19日に放送された「アンナチュラル」 

久部六郎(窪田正孝)がまさかマスゴミのネズミとしてUDIに潜りこんでたなんて( ゚д゚) 

それでは、アンナチュラル2話のあらすじと感想を書いていきます。 

gj.hatenablog.jp

 

スポンサードリンク

 

【アンナチュラル】2話のあらすじ

ミコト(石原さとみ)は彼氏と別れていた。

久部六郎(窪田正孝) は、電話で、三澄ミコトの本名が、雨宮だと知り、浦和市一家四人無理心中で生き残った長女がミコト。院長の妹夫婦に養子として引き取られていたと知る。

 

今回、UDIラボメンバーは、練炭の一家心中の現場へ。 

一家心中で片付けようと思っていた警察だったが、手首が縛られてたのではないか?と疑うミコト。 

一家心中だと思われたが、全員他人。

心中仲間を集めるサイトで集まった者たちだった。 

 

f:id:yuhei2261:20180119222553j:plain

一酸化炭素中毒が原因の遺体だけかと思われたが、少女の胃の中から「ユキオトコ イ タスケテ 花」と書いてあるダイイングメッセージが書かれた紙が出てきたことで、事件性を疑う。

 

警察も真剣に動いてくれず、イラつくミコトは久部六郎と温泉へ。

被害者に付いてた海水と最後の晩餐で食べたとされる鹿肉を探ったあと、気になる冷凍トラックを発見。

中に「ユキオトコ イエ タスケテ 花イル」というダイニングメッセージは、練炭で亡くなった三毛ちゃんが「雪というネカマの男の家に、花がいる」と花ちゃんを助けようとしたダイイングメッセージだった!

 

しかし、ミコトと久部は、犯人によりトラックに閉じ込められ、トラックごと池に落とされてしまう!

中堂にわかる限りの情報を電話で伝えたあと、水がトラックに入ってきて絶体絶命の2人。

「人間は意外としぶとい」と生きる希望を捨てないミコトに、こんな状況だからか、久部に一家心中のことを聞く。

 

「母親は娘に練炭を焚くのを手伝わせている。それが終わると睡眠薬を渡して、これを食べてここで寝なさい」と言われるも、ミコトは吐き出したから助かっていたのだった。

 

ミコトと久部、そして花は救助される。

中堂に感謝するミコトだったが、「話しかけるな、バカ!」と言われてしまうのだった。

そして最後、久部は雑誌社から送られたUDIのネズミだった・・・。

スポンサードリンク

 

【アンナチュラル】久部のUDIネズミ発言への感想

 

 

 

いやー、今回も面白かった〜!

トラックで池に落ちた後、どうやって助けたのか気になったけど、中堂さんのクールな対応で命が助かってよかったー。

 

ただ、窪田正孝くんが演じる久部が、週刊ジャーナルという雑誌社から電話がちょいちょいかかってきてるから怪しいなと思ってたけど、久部くんがネズミとしてUDIに送り込まれてたとはビックリでした( ゚д゚)

ただ、本人は自覚がないのかも? 

 

gj.hatenablog.jp